プロ野球とオフ会と私

高木豊の現在がユーチューバーで面白い?髪の毛をネタに!三兄弟はJリーガ-?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちはー!野球ブロガーのひらっちと申します。最近気になっているユーチューバ―高木豊さんについて

ブログで語ってみたいと思います。

古くは大洋・横浜ベイスターズや日本ハムで活躍した野球選手で、その後はコーチや解説でキャリアを積んでいるいわばレジェンドですね(笑)

それ以外にも息子が全員Jリーガ-だったり、いきなりユーチューバ―に転身したり、野球界の中では

面白い野球おじさんという地位を確立するのではないかという勢いの2019年ですが

高木豊さんの華麗なる経歴をお伝えできればと思っております。

何故高木豊氏はユーチューバ―に?一緒に出てる芸人は誰?

最近ヒカキンさんを筆頭にユーチューバ―が増えてきている今日この頃ですが、

金村義明さんだったり、高木豊さん、中村紀洋さんだったり元プロ野球選手のユーチューバ―も続々と誕生しています。

その中でも高木豊さんはちょっと異端というかお笑いコンビの孝行球児メイデン古茂田と得コータロー)を交えて面白おかしくトークを繰り広げています。

元プロ野球選手とは思えない程ユーモアに富んだ企画をやられていますね(笑)

既にベイスターズでいうレジェンドという地位を確立しながらこの60歳とは思えないノリと柔軟性に本当にびっくりですが、この芸人の孝行球児メイデン古茂田と得コータロー)さんも野球ネタコントを繰り広げたりと野球ファンに今後人気が出そうな芸人さんですよね!!

高木豊さんがユーチューバ―を始めた理由としては野球を別角度で楽しめないかという視点を持っていたそうで

真面目ばっかりで柔らかさがない野球界にメスを入れてきたいという信念をお持ちだそうです(笑)

前から筆者も高木豊さんの野球に対する分析力というのはキレがあり的確で他の人が見ていない視点を持っているなと思っていたのでユーチューバ―になり、さらにその分析力とユーモアさが融合していい感じに視聴者に伝わっているなと感じていますね。たぶん既に何十本も動画を拝見させて貰っていますが、この一流の分析力と孝行球児さんとの息がぴったりで本当に色々な意味で楽しい動画だなと。

高木三兄弟は3人ともJリーガ-!?育成力も凄い!

高木豊さんの息子さん達(高木俊幸、善朗、大輔)と言えば3人共プロのサッカー選手になっていて

世界に羽ばたいたりしています。一人プロ選手を育てるのも大変なのに3人も育てるとは本当に凄いですね。

高木豊さんにとってはサッカーは畑違いかもしれませんが、プロのスポーツ選手の心構えは共通している部分があるので息子さん達は壁にぶつかった時に父親にアドバイスを求めたりした事があったそうで、息子さん達は父親のアドバイス、言葉に背中を押されて乗り越えられない壁を乗り越えてきた時もあったそうです。

高木家の3カ条(1.表情、言葉、目で本気度を見極める。2.決定権はすべて子供に与える。3.夢を聞き、何をすべきかを問いかける。)というものがありこういったルールが徹底されていて、自分の道は自分で決める選択権を息子さん達に与えたからこそ夢が実現している所を見るとその育成方針には本当に素晴らしいなと思いますね。

現役時代はスーパーカートリオの一人として活躍!生涯成績は?

そんなユーチューバ―やJリーガ-の3兄弟の親という顔を持っている現在ですが、昔は大洋ホエールズの看板選手だった時代もあり、1980年代を盛り上げた選手の一人でした。ポジションはセカンドで1984年は56盗塁で盗塁王を獲得するくらいの俊足の選手でした。

中央大学を経て3年目の1983年にセカンドのレギュラーに定着後4年連続3割を達成。今でいう日本ハムの西川遥輝のような3割 10本 50打点 25-30盗塁を毎年稼ぐようなバッターでした。1985年に近藤貞雄監督にスーパーカートリオと命名され1番屋敷、2番加藤、3番高木豊で活躍。1985年は3人で148盗塁を稼ぐなどした時期もありました。3人が40盗塁以上マークしたのはプロ野球史上初だそうです。

その後も順調にキャリアを積み重ね3割を8度もマークする超一流選手へと上り詰めた高木豊選手でした。

90年代も3年連続3割を記録するなど順調でしたが1993年に.268と低迷。ロバートローズの入団でポジションを奪われ三塁に石井琢朗、遊撃に進藤がレギュラーに定着した為、ファーストにコンバート。その後若手の若返りという球団の意向でその年限りで自由契約となっていまいます。何とか大沢親分が監督をしていた日本ハムに拾って貰いますが成績が振るわず1994年限りで引退します。しかし通算打率.297  1716安打 316盗塁は超一流選手として誇れる数字であり、143試合制の今だったら2000本安打も達成していたでしょう。

その後はタレント、野球解説者、横浜、DeNAやアテネオリンピックの時のコーチなど順調にキャリアを積みました。

薄い頭皮をネタにアートネーチャーのCMにも挑戦。色々な顔を持つ高木豊さんですがさらに別の顔も持っているようです。

実は経営者としての顔も?2016年にガールズバーをオープン

札幌のすすき野にガールズバー”second”を2016年にオープンさせます。現役時代は遊び人野球選手らしくで色々なお店を遊び歩いたそうですが、その経験を活かしてなのかはさておき、女性好きや野球好きが集まるお店として好評なようで(笑) 阿部選手や中田選手も顔を出した事があるそうです。高木さん経営者としての腕もあったとは驚きですね。そして2号店を西麻布にオープンされたそうで高木豊さんもちょくちょく顔を出しているようで接客もされるか?野球好きの方は行ってみてはいかがでしょうか?名前の由来は現役時代がセカンドからなのか第二の人生なのかその辺りだとは思いますが…

http://bar-second.net/

現役時代のあだ名が社長だったそうで、まさか本当に社長になってしまうとは驚き×2です(笑)

まとめ

さて高木豊さんの華麗なる経歴いかがでしたでしょうか?

現役時代の超一流の成績もさることながら、Jリーガ-の息子を3名育てあげ、ガールズバー経営、そしてユーチューバ―と多才な高木豊さんも既に還暦を迎えられてもこのバイタリティーには驚くばかりです。

さらなるご活躍を期待してこれからも野球系ユーチューバ―として注目していきたい存在ですね!!

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2019 All Rights Reserved.