プロ野球とオフ会と私

吉田正尚が不振・不調の原因は侍ジャパン?打ち方・打撃フォームの狂い・怪我の可能性は?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!野球ブロガーの”ひらっち”と申します。当方オリックスファンなんですが、2019年ペナントレースもはじまり心配してるのがオリックスバファローズの主砲吉田正尚(よしだ・まさたか)選手の不振・不調です。

他にもレーロT-岡田選手も不振ですが、吉田正尚選手が打てないとチーム状況がガクンと下がるくらいの影響力のある選手なのでシーズンはじまったばかりですが懸念材料ですね。

開幕して9試合で打率がなんと.147 0本 1打点

3月侍ジャパンに出場する為に調整を前倒しにしたのがいけなかったのでしょうか??

今年は3割30本100打点は期待したい選手なので早速見ていきましょうか?

吉田正尚の打ち方は門田博光みたいでかっこいい!メジャー級!彼女は、結婚してる?守備位置、足の速さは?

3月の侍ジャパンで満塁ホームランを放つなど大爆発!メネセス選手と共に注目の的に

吉田正尚選手といえば3月の侍ジャパンの試合で岡本選手が不振の為に4番に抜擢されいきなり満塁ホームランを放つなどオリックスファンならず野球ファンの度肝を抜かせました!!低めの球をすくい上げてスタンドに持っていきました。

身長は173cmしかないんですが柳田ばりのフルスイング、フォロースルーがもはや芸術の域に達していますよね?

メキシコ代表でヒットを量産したメネセス選手と共にオリックスの3.4番はほぼ決まりと思われていましたが、開幕してフタを空けてみると何かプレッシャーでも抱えていたのか、フォームに微妙な狂いでも生じたのか全く打てず、

一時期打率が1割を切るというくらい極度の不振に悩まされていました。

前も筒香選手や中田翔選手がWBCに調整したことでフォームに狂いが生じて不振に陥ったシーズンがありました。それくらい打撃と言うのは繊細で微妙な狂いで全然打てなくなってしまうことがあるんだなという印象です。

オリックス打線は元々貧打線な為、吉田正尚にかかる負担は大きい?

特にオリックス打線というのは小粒な打者が多く、本来なら中軸を任されるべきマレーロ、ロメロ、T-岡田が今年もこぞって不振で全く仕事が出来ていない状態。尚更吉田尚にかかる負担と言うモノは増えそうです。

もともとフルスイングの代償として腰に爆弾を抱えていた選手ですからケガの心配というのも重なって見えてきてしまいますよね?

侍ジャパンにピークを持っていった為、疲れが溜まっているのかもしれませんし4月は我慢の時期なのかもしれませんね。

 

吉田正尚に負担をかけない為には新外国人メネセス、新人の頓宮、故障中のロメロがどれだけ吉田正尚のサポートをできるかにかかってくると思います。T-岡田、マレーロは低打率な為、あまり期待しない方が良いでしょう。

福田西浦と今年は1.2番コンビが調子が良いだけに早目に復調して欲しいですね!

まとめ

メネセスには.280 25本、吉田正尚には3割30本は打ってほしいので吉田尚以降の打者がどれだけ奮起するかが吉田尚の負担を軽減するかにかかってくると思います。

5番を任されている頓宮もルーキーなので過度な期待をするのは酷といえますので、怪我から復帰のロメロ、ラオウ杉本あたりでカバーしていくしかないのかもしれませんね。まあ怪我さえしなければその内復調してくるでしょう。

他のチームを見てみればわかりますが主軸が打てないチームはまず順位が上がってません

吉田正尚、メネセス、頓宮あたりが不振な内はまたBクラスに低迷してしまう可能性は十分あると言えます。

吉田正尚の早期回復をイチファンとしても願いたい所です!!

メネセスは当たり外国人?オリックスの救世主となるか?打撃&守備の評価は?

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2019 All Rights Reserved.