プロ野球とオフ会と私

内海哲也はなぜ人的補償で西武へ?人柄が良くいい人?若手の手本となり移籍は吉と出るか?

 
A
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちはー!野球ブロガーのひらっちと申します。2018から2019年となり、年末プロ野球を騒がせたのはやはり

巨人一筋15年、通算133勝も勝ち星を重ねたサウスポー内海哲也投手の西武移籍ではなかったでしょうか?

移籍理由はFAでもトレードでもなく人的補償での移籍となりました。

2018年オフFAで移籍してきた炭谷銀仁朗捕手の代わりでプロテクトから漏れた選手を相手チームは選べるというシステムにはなるんですが、そこに内海投手の名前があったようなのです。

何故長年チームを支え続けた元エースがプロテクトから外れなければならなかったのでしょうか?

西武という球団で内海は活躍できそうなのかのも含めて書いていければと思っています。

内海哲也の現在は?引退はまだ?全盛期、昔に比べて評価は?2018年は復活、良さは? 人柄、性格は優しい?

プロテクトは28名までしかできない!?有望な若手はプロテクトされる?

FAの人的補償で炭谷選手はBランクの選手でした。Bランクの選手ですとルール上、人的補償が発生してしまい、

プロテクト28人から漏れた選手がその候補となります。主力の選手は流石に外せないですし、若手のこれから一軍の主力となってくれる選手もなるべくプロテクトしたいとやはり考えるはずです。

その中でプロテクトから意外と漏れているのが峠を過ぎたベテラン選手だったりします。

ベテラン選手は年俸も高いですし、あと2-3年で引退してしまうリスクを考えた時に、これから10年巨人の将来を担いそうな選手よりはプロテクトから外れている場合が多いです。その昔、豊田投手を獲得した時に江藤選手がプロテクトから漏れていて西武に移籍したりFAで獲得した門倉投手の代わりに大ベテランの工藤を出した例がありましたしね。

そんな過去もあるので36歳であと引退が2-3年とせまった内海投手がプロテクトから漏れているのは決しておかしい話ではありません。

ただ西武が内海投手を獲得しやすかった背景に年俸が年々下がっていた点も含まれていた事でしょう。

2016年オフで4億円あった年俸が2017年オフで2億円、2018年で1億円と年々ダウンしていて

“1億円なら獲れる”と思った西武が獲得をしたのだと思いましたね。

有望な若手で池田、谷岡、畠、中川、高田、鍬原などがいてもしかしたら5-10年巨人の貴重な戦力として活躍してくれる可能性を秘めた選手なのではこのラインの選手はやはりプロテクトはするでしょう。

おそらく森福、大竹あたりはもしかしたら構想外すれすれだったかもしれません。しかし5勝5敗と夏場からは先発として機能していて年間ローテに入ってくれたらあの強力な西武打線ですから、もしかしたら8-12勝くらい勝てるかもしれません。

そしたら念願の150勝の達成西武での優勝&日本一先発ローテーションに入るなど内海にとっては出番の少ない巨人にいるよりはチャンスにもなるかもわかりません。特に西武は菊池雄星がメジャーリーグ挑戦でポカンと空いてしまい、

12勝分の穴を誰で埋めるのかと考えたら内海で5-7勝して他の伸び盛りの若手投手で5-7勝すれば埋まるという計算があるのかもしれません。

去年トレードで獲得した榎田の活躍例もありますので、投手の選手層が薄い西武では貴重な左腕として活躍する可能性は高いと言えますね。

内海が求めれれてるのは投球術と若手の見本?

あと辻監督や渡辺SDが評価しているポイントとしては若手の手本となる可能性が高いという点です。

巨人時代も移籍してきた選手にきさくに声をかけるなど、誠実な人柄は後輩から慕われ、内海と自主トレしたい人が後を絶たない時代があった程です。

西武もまだまだ発展途上の選手が多いので内海の野球の姿勢は見習う点も多いと言えるのでそこの波及効果を期待しているといえるでしょうね。

内海の速球も年々衰えがあったものの2018年はキレを取戻しており、あとは年間投げ切る体力があるかどうかがポイントといえるでしょうね。パリ-グは振ってくる打者が多いだけに内海のように技巧派でかわす投球術をもった投手は結構貴重ともいえますね。

そして2018年リーグチャンピオンでもあり、菊池、浅村、炭谷が抜けたとはいえ、菊池の穴が7-8割でも埋まればまたV2の可能性も生まれてくるといえるでしょう。

まとめ

経験があり若手の手本

菊池の代わりの左腕

かわす投球術はパリーグとの相性良し

強力な西武打線のバックアップ

手薄な先発ローテーションで年間投げれるチャンスあり

と内海にとっても西武にとってもwin winというか、両者得られるものが大きそうな人的補償ですね。個人的には150勝は勝ってほしいので内海投手にはあと3年は先発ローテーションで頑張って欲しいなと切実に願っているし、期待できそうな2019年となりそうです。

榎田大樹の現在は?嫁は誰?トレード先西武で活躍中

 

 

巨人内海が14年連続勝利!斎藤雅樹以来チーム3位タイ!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2019 All Rights Reserved.