プロ野球とオフ会と私

盗塁王タイトル2019セリーグ編ランキング予想!足の速さと上手さどっちが必要?

 
tourui
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!主に野球を中心にブログを書いている”ひらっち”と申します!

今回はシーズンがはじまってもいないですが、2019年セ・リーグの盗塁王を予想しようと言うことで書かせて頂きます。

チームに核弾頭スピードスターがいるチームはやはり得点が入りやすいので、年間通してもチーム得点数がかなり違ってくる事でしょうね。では早速セリーグ6球団の盗塁王候補選手を見ていきたいと思います。

2010年代以降の盗塁王受賞者って誰?チームは優勝してる?

では2010年代のセ・リーグの盗塁王を歴代で見ていきたいと思いますが…

2010年 梵英心 広島 43 チーム順位 5位

2011年 藤村大介 巨人 28 チーム順位 3位

2012年 大島洋平 中日 32 チーム順位 2位

2013年 丸佳浩 広島 29 チーム順位 3位

2014年   梶谷隆幸  横浜 39 チーム順位 5位

2015年   山田哲人  ヤクルト 34 チーム順位 1位

2016年   山田哲人   ヤクルト 30 チーム順位 5位

2017年 田中広輔  広島 35 チーム順位 1位

2018年 山田哲人 ヤクルト 33 チーム順位 2位

ここ数年は山田哲人の時代が到来しているようで、それに追従する形で広島の田中広輔がタイトルを狙っているという感じでしょうか?

しかいここ10年程で40盗塁以上が1回しかないというのは、それだけ盗塁する難しさがあるような気がします。投手と捕手の連携が昔よりレベルが上がってるのでしょうか。

なかなか一概には言えませんが、ちょっと数的には物足りない気もしますね。試合数も20年前と比べて10試合程増えてますし。チームの優勝は2回とそれ程多くなく、盗塁する事が優勝の条件とはいえないのかもしれません。

広島で盗塁王を狙える選手は?田中広輔が最有力!

広島カープといえば昔から打って走れる選手が多いのが特徴で、

かつてはレジェンド山本浩二、野村謙二郎、金本知憲、緒方孝市など、トリプルスリーを狙える打者が多いのが特徴でしょう。

2018年のチーム盗塁数は95個とリーグトップでした。しかし失敗数もリーグトップでした。去年甲斐から盗塁を仕掛けても刺された光景を目の当たりにしている野球ファンも多いと思いますが、積極的に仕掛けるチームというのが伺えますね。

1.田中広 32個

2.野間 17個

3.丸 10個

4.菊池 10個

5.安部 7個

と二桁盗塁達成者が4人いるのは心強いですが、全員盗塁失敗数も多いので、今年はもしかしたらさらに確率を上げてくるかもしれませんね。急成長中の野間選手が20-30盗塁できるようになるとチームとしてもありがたいのでないでしょうか?安部選手も打撃が良ければ15-25盗塁できるポテンシャルがあるので

田中、野間、安部がキーマンとなりそうな2019年です。

ヤクルトは山田以外は鈍足?盗塁が期待できる若手選手はいる?

さて2位に躍進し、山田哲人が盗塁王を獲得したヤクルトスワローズを見てみましょう。

去年は前半戦はずっと山田を1番に置いており、後半から坂口が1番を打ったりはしていました。

チーム盗塁数はというと68個とぼちぼちな感じ。失敗は29と少ないですがこれは山田の貢献度がずば抜けていますね。

1.山田哲 33個

2.坂口 9個

3.雄平 6個

4.田代 4個

残念ながら山田頼みのチームというか、元盗塁王の青木も年齢的な衰えなのか3つがやっとな感じです。

坂口、雄平も30半ばに達しているのでこれ以上の盗塁の上積みは難しそうです。

期待をするなら2年目の村上でしょう。どちらかというと将来の4番候補と言われていますが、実は足も速いと評判です。二軍で16盗塁をマーク!これは一軍に定着すれば盗塁数も稼げる4番として育てられそうです。

他にも山崎晃塩見も足が速く盗塁を稼げるタイプなので、一軍に定着できるか注目の選手です。

巨人は候補は吉川尚?重信や松原もレギュラーに定着すれば可能性有り!?

巨人といえば昔は足が遅い選手が多いイメージでホームランで勝つというチームでしたが、今はどうでしょうか?

チーム盗塁数は61個とまずまずで失敗も22個と少ない方でした。広島のように積極的というより確実に次の塁を狙うという意識づけが強いのかもしれません。去年の盗塁ランキングを見てみましょう!

1.吉川尚 11個

2.坂本 9個

3.吉川大 7個

4.重信 6個

4.田中俊 6個

他のチームと比べるとスピードスターがいない年でした。原監督も”第二の鈴木尚を作る“と言っているように

代走屋の育成を図っているようです。現在2軍の松原24盗塁をマークするなど足でアピールしているだけに

吉川大、重信、田中俊、松原の盗塁数増加に期待したい所です。吉川尚も今年は1番構想があるようで、出塁率の向上と共に盗塁数大幅アップができるのか、見どころのシーズンと言えるでしょう。

DeNAは桑原、神里に期待!?かつての盗塁王梶谷の調子は?

4位に終わったDeNAですがチーム盗塁数はというと71個でリーグ3位と悪くない数字です。

しかし失敗は37と比較的多いですから割とチームカラーとしては積極的に走りにいくチームなのかもしれません。

チームトップは桑原選手も17個でした。失敗も3つと少なく、1番を任せるなら桑原が適任かもわかりません。

チーム盗塁数のランキングですが

1.桑原 17個

2.神里 15個

3.大和 10個

4.梶谷 5個

4.石川 5個

かつて盗塁数を稼いでいた梶谷、石川が何とも寂しい数字になっています。

梶谷も万全であれば20盗塁以上は稼げる選手ですが、確実性という面でムラがあり、好調の時は1番打者として使えますが、打率が悪い年は6.7番を打たせるパターン、イメージが定着しつつある近年です。

理想を言うならば桑原→神里→梶谷の1.2.3番で掻き回す打線も悪くない気もしますが、ポジションの関係もあり難しそうです。やはり桑原に盗塁数を25-30くらいまで増やして盗塁王を狙えるくらいの選手になって欲しいですね。

中日は大島と京田が候補!?他に足の速い選手はいる?

中日は去年は盗塁数が61個でした。これは巨人と並んでリーグ最下位ではありますが、失敗数が38個と巨人に比べてだいぶ高いです。

稼いでいるのはやはり大島京田でしょう。チームの盗塁数ランキングを見てみると…

1.大島 21個

2.京田 20個

3.平田 8個

4.亀澤 5個

という数字が並んでおり、走れる選手は決まっているようですね。この中で期待したいのはやはり京田選手じゃないでしょうか?まだまだ年齢が若く、出塁率がもう少し上がれば盗塁数も25-35個は狙える選手だと思うので

.235から最低.270までは底上げして欲しいですね。

阪神は意外と走る選手が多い?矢野監督になりさらに盗塁数増大に期待!?

さて去年は最下位に沈んでしまった阪神ですが、盗塁数は77個とリーグ2位の数字でした。

とにかく打てないんだから足で掻き回すしかないと金本監督が思ったからの数字かもしれません。

チームの盗塁ランキングを見てみましょう!

1.糸井 22個

2.植田海 19個

3.糸原 6個

4.梅野 5個

5.大山 5個

6.陽川 5個

チームトップは糸井でしたが、今年は38歳とそろそろ走塁面で衰えが見え始める時期だと思うので若手の台頭が必須でしょう。チーム2位の植田海に期待したい所ですが、打率が.198と全く打てないので、代走屋としての道を切り開くか、バッティングの向上でレギュラーを狙うか方向性に迷う選手と言えそうです。

去年二軍を指揮していた矢野監督はウエスタンリーグで163盗塁の記録を作りました。しかし失敗も84とリーグトップで失敗を恐れないスタイルと変貌しそうなチームになりそうです。今年はルーキーの近本が加入し

走れるチームに変わりそうな予感がするので近本が年間20-30盗塁するようなら面白いチームになりそうです。

盗塁を増やすには何が必要?技術?思い切り?

盗塁を増やすためにはまず出塁しないといけませんよね。出塁する頻度が高ければ盗塁機会は増える訳ですから。

という事はレギュラー選手になり1番打席に回る1番打者というのが一番盗塁が稼ぎやすいのでないでしょうか?

3番打者だと次が4番打者なので走りづらいという面もあるでしょうし。

盗塁王になった人はほぼ9割が50m 5.6-6.0秒は残していますね。ただ足が速いだけではダメなよう

盗塁技術というのが高くないと前提としてダメなようです、スタート加速スピードスライディングの基本的な部分と

投手の癖を盗む、試合展開、投げる球種、捕手の肩などを計算に入れて良いスタートを切れるか。

あとはチーム方針も大事だと思います。それは監督の采配次第ですが、サインが出ているのか、サインが出ていなくてもいっていいのか。盗塁はいかに思い切りがあるかってゆーのがウェイトを占めていますから

監督が思い切りが良ければ選手との相乗効果が出そうですよね?

まとめ

各チームの盗塁事情について話してきました(笑)

次の塁を積極的に狙う姿勢は素晴らしいと思いますが、失敗が多いチーム、少ないチームで結構分かれますね。

個人的には下のように盗塁王候補を予想させて貰いました!!

本命 山田哲、田中広

対抗 京田、大島、梶谷

穴 桑原、野間

大穴 吉川尚、近本

確実性の山田積極性の田中広がまず最有力候補になると思いますが、出塁率さえ上がれば盗塁数が増えそうな選手を穴と大穴に入れさせて貰いました。

最近シーズン40.50盗塁をする選手がセリーグで見当たらないので、是非スピードスターの到来に期待したい2019年シーズンでした!!

盗塁王タイトル2019パリーグ編ランキング予想!成功率が高いのは西川遥輝?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2019 All Rights Reserved.