プロ野球とオフ会と私

イケメン田中和基は楽天野球の申し子?兄は?医師も目指したインテリだった

2018/06/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちはー野球ブロガーのひらっちです!梨田監督から平石監督代行になり、これから新体制で挑まないといけない楽天イーグルスですが、その中で輝きを見せつつある選手を見つけました!田中和基選手です。

去年はオコエの陰に隠れて足が速い代走タイプの選手なのかなという印象でしたが、今年はバッティングフォームも大谷翔平のようなノーステップ打法に変えてから好調です。

では楽天の売出し中のホープ田中和基選手について少し語っていけたらなと思います。

立教大卒の2年目の走攻守+顔、知性も兼ね備えた5ツール選手!?

簡単なプロフィールから紹介します。

名前 田中和基

生年月日 1994年8月8日(23歳)

身長体重 181cm 75kg

ポジション 外野手

打ち方 右投げ両打ち

出身 福岡県

愛称 カー君

学歴 西南学院高等学校→立教大学

師匠 島内選手

こんな感じで大谷翔平世代なんですよねー。最近だと珍しくなった両打ちというのもポイントですね。

50m5.8秒遠投125mの強肩と守備範囲の広さが評価されており、今年はまだ27試合の出場数ではあるものの

.319 4本12打点 10盗塁と既に去年の盗塁数を上回るキャリアハイをマークしています。

元々柳田と浅村を参考にバッティングフォームを固めていたそうですが、今年からエンジェルスに移籍した大谷のフォームに改造して話題となっています。

3試合に1個ペースの盗塁数なら年間40-50個の盗塁も夢ではないですよね?

将来的にトリプルスルーを狙える選手と首脳陣の評価も高いです。

実は身体能力だけでなく頭脳も優秀、兄雄基さんはお医者さん

高校時代は西南学院高校と進学校で野球をやっていた田中選手ですが、野球選手になっていなかったらどうなっていたかというくらい頭が良いようです。7個上の兄の雄基さんは医学部に入り医師になったくらい優秀ですし、立教大学でも法学部と文武両道を貫いた選手なんですね。偏差値70もある西南学院高等学校出身とは恐れ入りました(笑)

天は二物を与えるといいますが、まさに最近の選手は身体能力だけでなく頭脳も優れている選手が多いんですかね?

同じ楽天のハーマン投手はハーバード大ですし、楽天はインテリを獲るのが好きな球団なのかもしれません。

運動神経抜群で頭も良く、さらに顔も巷ではイケメンとの声もあります。これから女性ファンはチェックしてみてはいかがでしょうか?(笑)

まとめ

田中和基選手のプロフィールや特徴、頭の良さなども紹介させて頂きましたが、首脳陣からは鍛えがいのある選手と言われています。やはりコーチから指導を受けた飲みこみが早く、すぐアウトプットできるタイプの選手なのかもしれません。

野球は運動能力以外にそれを受け入れる頭の回転の良さというのも必要なスポーツなのかもしれませんし、それを体現できる田中選手の急成長ぶりをこの目で見てみたいと思った楽天注目の選手でした。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2018 All Rights Reserved.