プロ野球が好きな人向けブログ

菅野が残留したら優勝?巨人の戦力分析2021を把握しよう!

 
水道橋
この記事を書いている人 - WRITER -

どもども~!約1年半ぶりにブログ熱が再燃し、2021年はまたプロ野球を盛り上げようとしている”ひらっち”と申します!

2021年1月6日現在気になる話題と言えば、大リーグを目指して渡米した菅野智之投手の去就ではないでしょうか?

あるアメリカのスポーツ局の記者によると巨人残留かなどと囁かれているようですが。。。

https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/202101060000073.html

菅野が残留した場合巨人は2021年どうなるのか今年の戦力分析を把握していきましょうか?

菅野が大リーグなら優勝は難しい?残留なら優勝か?

去年の菅野投手ですが20試合登板で14勝2敗防御率1.97 と12個の貯金を作り、シーズン途中まで開幕から12連勝を記録するなど

最多勝最高勝率MVP獲得と復活を印象づけたシーズンで最高のシーズンとなりました。

満を持して大リーグ行きに向けてポスティング制度を使って移籍することが濃厚と伝えられ、巨人ファンの方はさぞかしがっかりしたことでしょう。

しかし渡米の時期も遅れ、今年2021年もコロナの影響で大リーグがどうなるかわからない年で、もしかしたら巨人残留かというニュースが耳に入ってきました。

もし菅野が大リーグに行ってしまったと仮定するとするなら、優勝は難しいかもしれません。

なぜかというと、去年2位だった阪神がしっかりオフに補強を行ったからです。

巨人の弱みといえばソフトバンクとの日本シリーズでも浮き彫りになった先発投手の層の薄さです。

二けた勝利達成者は120試合制とはいえ菅野一人というのは寂しい数字かもわかりません。

二番手の戸郷が9勝、三番手のサンチェスが8勝とそこそこの勝ち星はあげていますが

次は今村、田口の5勝と一気にパワーダウンしてしまいます。

なので継投、継投で何とか逃げ切ってきた2020年ですが、2年連続優勝で勤続疲労も心配される2021年。

菅野まで抜けたら流石に優勝を狙うのは難しいかもしれませんね。

しかし菅野が残留なら1人で8-12近くの貯金が作れる投手なので、優勝ラインの貯金が15-25なら菅野が残留するだけで一気に優勝の2文字が近づいてくると言えるでしょう。

2020年のオフの補強は?大量解雇も

2020年オフの補強といえばやはりDeNAから梶谷外野手、井納投手の獲得でしょう。

去年の巨人の外野といえばパーラと亀井の故障で途中松原が台頭してきましたが、やはりソフトバンクの日本シリーズで痛感したのか

圧倒的にパワーが足りませんでした。1-7番まで多様な打順を経験してきた梶谷は足もあるしパワーもあり、原監督からしたら使いやすい選手として見られたに違いありません。今年はベストナインを獲得するくらいの活躍で復活を印象付けた梶谷選手。

スぺ体質なのが懸念点ではありますが、いろいろな駒を上手く操る原采配では重要な駒として機能するのは間違いないでしょう。

井納投手も先発投手として二けた勝利達成は1回とそれ程の実績ははありませんが、球は速く、イニングを投げれる、先発、中継ぎ両方できるという点で原監督が使いやすい投手と判断して獲得したかもしれません。畠投手がスぺ体質なのと大竹投手などが大ベテランの域にそろそろ達するので井納投手来年は先発の谷間orセットアッパーとして重宝されて投げているかもわかりません。

あと巨人といえばV2を達成したにも関わらず、血の入れ替えを沢山行いました。育成選手も含め28人の入れ替え【故障者は自由契約→育成契約】を行い。

ドラフトでは19人【育成は12名】もの新人を獲得してこれからのジャイアンツを担う選手を沢山獲りました。

このあたりは柳田、千賀、甲斐などレギュラー選手が育成から這い上がってきた選手が多いので、ソフトバンクをかなり意識してるのでしょう。

2021年の巨人の投手陣はこちら!去年は2年目戸郷、トレード移籍の高梨とサイドスローの大江がブレイク

では早速2021年の巨人の投手陣を見ていきましょう。2020年はやはり戸郷のブレイクでしょう。高卒2年目で9勝以上は1987年の桑田投手以来約33年ぶりだそうで。

戸郷がかなりの逸材【30年に1人の】という事がわかります。あとは新戦力のトレードで来た高梨も途中までかなり無双していましたし、サイドスロー転向で結果を出した大江もブレイクしたといえるでしょう。

とはいえ怪我がちのサンチェス、メルセデス、畠、高橋あたりは年間通して投げれるのか未知数な為、苦しい戦いが強いられるかもわかりませんね。ここ数年不調の田口が今年から一軍投手コーチになった杉内の指導で一皮向けるかどうかも期待したいところです。

先発

1.戸郷 19試合 9勝6敗 防御率2.76

2.サンチェス 15試合 8勝4敗 防御率3.08

3.畠 12試合 4勝4敗 防御率2.88

4.今村 12試合 5勝2敗 防御率3.16

5.田口 26試合5勝7敗 防御率4.63

谷間 メルセデス、井納、高橋優

中継ぎ

高梨 44試合 1勝1敗2S 21H 防御率1.93

中川    37試合 2勝1敗6S 15H 防御率1.00

鍵谷 46試合 3勝1敗 13H 防御率2.89

大竹 29試合 1勝2敗 16H 防御率2.59

大江    43試合 3勝0敗 9H 防御率3.11

ビエイラ 27試合 0勝1敗 2H 防御率3.28

抑え

デラロサ 35試合 2勝 0敗 17S 防御率2.56

こちらが不動の投手陣ですが、ここに若い直江や横川、ドラフト1位の平内、ドラフト2位の山崎、ドラフト4位の伊藤、ドラフト6位の山本が入ってくるようだとおもしろいですよね。164kmを日本シリーズでたたき出したビエイラが今年は安定したピッチングを見せる事ができるかどうかも見どころです。

巨人打線2021は長距離砲外人を2名獲得!打順は下位打線

さて次は打線を見てみましょう。

梶谷が加入しただけでなく、今年は中距離ではなく長距離を打てる外人を2人獲得したようです。

特にテームズ選手は韓国リーグ時代の2015年は40本40盗塁を達成し、2016年は40本で本塁打王を獲得

大リーグに戻った2017年、2018年、2019年もも31本→16本→25本と長打力は折り紙つきです。今年は不調に終わりましたが

日本の野球に馴染めば30発は固そうです。巨人OBで元大リーガーの上原氏もテームズはやばいと叫んでいたらしいので大きく期待したいところです。

あともう一人の外国人のスモーク選手も長打力に定評があり、ファーストでの起用が濃厚なようです。

2017年のブルージェイズ時代には.270 38本90打点と評判のパワーをいかんなく発揮。 2018年、2019年も25本、22本と安定して長打力を発揮。打率は低いですが、当たったら怖い。昔恐怖の8番打者ミューレン選手なんてのがいましたが この2人が下位打線にいるようだと怖いですね。

こちらの動画でも二人の外国人を詳しく解説しています。↓↓

2021年 巨人打線【成績はあくまで私の予測値です】

1.二 吉川尚  .280  8本 45打点 15盗塁

2.右 梶谷 .290  15本 55打点 10盗塁

3.遊 坂本 .285  23本 78打点 5盗塁

4.三 岡本  .285  35本  110打点 0盗塁

5.中 丸 .275   20 本  70打点 6盗塁

6.左 テームズ  .300  30本 90打点 3盗塁

7.一 スモーク  .245   28本  70打点  1盗塁

8.捕 大城  .265  18本  50打点 0盗塁

控え

捕手 炭谷 岸田

内野手 中島、増田、北村、若林、ウィーラー

外野手 松原、亀井、陽、重信

今年も打線でチームを引っ張る年になるかもわかりません。

外人が打つか打たないかで控え選手の使い方も変わってきそうです。

大ベテラン化している中島選手と亀井選手に過度な期待をかけるのも酷だと思うので

外国人選手に頑張ってもらいましょうか。機動力が不足がちなので

それは控えの増田、重信にスペシャリストとして頑張ってもらう形になりそうです。

元プロ野球選手で、プロ野球OByoutuberの第一人者の高木豊氏も

このように語っているようです。

まとめ

振り返ってきましたが、やはり投手陣は先発の層が薄いので菅野が残留してくれたら優勝確率がグンと上がるでしょう。

外人2人が爆発してくれたら言うことなしですが、おそらく2人共当たるということはなかなかないでしょう。

バランス的に打線で引っ張る年になりそうですが、誰かが勤続疲労による怪我や大コケしないことを願うばかりですね。

今年も原監督の采配の見せ所が沢山巡ってきそうな気がしています。

順位予想2021セ・リーグ編!優勝チームは阪神と予想!?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2021 All Rights Reserved.