プロ野球とオフ会と私

2018年盗塁王を獲りそうな選手~パリーグ編~

2018/03/22
 
speedstar
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちはー、自称野球大好きブロガーのひらっちと申します(笑)

さて、最近花粉症が深刻で内科に行ったのですが、全然効かないという。。。

今年は例年の2倍量らしいので、野球選手も結構春に調子が出ないのは花粉症が原因という人もいるみたいです。

さあオープン戦も始まって2週間、さまざまな選手が出場していて開幕が待ち遠しいですね!!

先日はセ・リーグの盗塁王候補の選手を挙げさせて頂きました!

2018年盗塁王を獲りそうな選手~セリーグ編~

さあそれでは今回はパ・リーグのスピードスターは誰か探していきたいと思います^^

ソフトバンクはMr.トリプルスリーの柳田が候補!本多の復活にも期待!

やっぱりソフトバンクは柳田でしょうか?

30盗塁以上を既に2度達成していますが、去年は14盗塁と大幅に減ってしまいましたね。4番のデスパイネがしっかりしているので走りづらかったのもあるかもしれませんが、やはり盗塁というのは若い頃に量産している選手が多いのでまた30盗塁以上を達成して欲しいなと思ってます。

あとはやっぱりタイトル獲得者の本多ですよねー。彼には復活して欲しいなと。

通算盗塁数を見るとなんと337個!!全盛期の彼は本当に凄く2010年は59盗塁、2011年は60盗塁とまさにスピードスターでした。それが年々課題のバッティングだったり、故障だったりで出番が少なくなっていきます。

2016年は久々に110試合で23盗塁をマークして復調の兆しを見せたのですが、2017年は出番が減り、自慢の足も陰りを見せ3盗塁で終わってしまいます。年齢的には33歳とまだ老け込む年ではないので、またセカンドのレギュラーを奪取して15-25盗塁くらいを期待してみています。

他にも去年15盗塁をマークした今宮、去年プチブレイクを果たした12盗塁の上林にも期待したい所ですね。二人とも出塁率でしょうか?もう少し四球を選べるようになれば盗塁機会も増えるのではと見ています。

西武は俊足揃い!源田、金子、秋山、外崎と候補は多い!

西武ライオンズですが、他のチームと比べると足を使える選手が揃ってきています。

まずは去年彗星のごとく出現しブレイクした源田選手ですよね!何か1年目の小坂選手を思い出した去年のシーズンでした。全試合に出場しリーグ2位の37盗塁をマーク。今年も盗塁数は期待できそうですが、やはり課題はバッティングでしょうか?去年は後半戦は少しヘバったのかなと思った部分もあったので年間通して.280 出塁率.350を目指せば40-50盗塁も夢ではない気がします。

そして2016年53盗塁をマークして一気に飛躍した金子選手にも注目です。去年は骨折した怪我の影響もあり90試合の出場でしたが25盗塁をマーク。これで入団以来5年連続二けた盗塁を更新中です。彼も年間通して出れば40盗塁は見込めるだけに課題のバッティングレベルをアップして上積みを期待したい選手です。

そして去年首位打者を獲得し、球界を代表するアベレージヒッターに成長した秋山選手ですが、足でも魅せれる選手の一人です。去年は16盗塁と3年連続二けた盗塁をマーク。長打力もアップし、今年は初のトリプルスリーにも期待がかかります。将来大リーグを目指すならここで一気に飛躍しときたいですね!

まだまだいます。去年ブレイクを果たした外崎選手です。最初は内野、外野も守れる便利屋というポジションから出場チャンスが増えた選手ですが、ここで自慢の足を発揮し135試合で23盗塁をマークしました。彼の売りは便利屋、そして俊足になりますが意外性のある長打力も見逃してはならないポイントです。去年は10本塁打をマークしましたし、彼が今年一番飛躍するのではないかと楽しみにしている選手の一人です。他にも水口選手だったりと足を使える選手がたくさんいるのが西武の強みでしょうか?今年も大暴れしてパリーグを盛り上げて欲しいですね!

楽天は俊足の選手が少ないのが課題、オコエ、田中和基が一軍に定着できるのか?

逆に楽天はレギュラーの選手で俊足の選手が少ないの課題でしょうか?梨田野球というのがそもそもあまり機動力を使わない野球なのかもしれませんが…

去年は茂木、ペゲーロの1.2番コンビでしたが、盗塁数は何と3個と2個というとても機動力を使えるような編成はしていません(笑)かつて50盗塁以上マークしたスピードスターの聖澤も2盗塁と寂しい数字になってしまっています。

では誰に期待したら良いかというとやはり若手のオコエと田中和基でしょうか?オコエは5盗塁、田中は7盗塁をマーク。さらなる飛躍が求められています。二人とも課題はバッティングだと思うので【田中は元々バッティングの評価は高い】、ここを克服してレギュラーを獲得し盗塁数を一気に伸ばして欲しい選手です。

オリックスも機動力には課題があり、安達と期待の4年目宗のブレイクに期待!

さてオリックスですが、このチームも機動力に乏しいチームです(笑)

去年は西野、大城とそこそこ俊足の選手を育てていましたが、これぞスピードスターというレベルまではいかないようです。かつて2014年に29盗塁をマークした安達ですが、病気の影響もあるのか去年は.203 4盗塁と精彩を欠いています。

ここで期待したいのはギニア人の父を持つ4年目の宗選手です。オープン戦では3本塁打【1本はランニングホームラン】と打撃でもアピールを続けていますが、彼の持ち味は50m5秒8の俊足。今年は1軍でレギュラーを獲得し20盗塁以上をマークして欲しい選手の一人です。あとは小島など足が速い選手がいるのですが、バッティングが課題でなかなか定着は難しそうです。

日本ハムは去年の盗塁王西川が本命、他の俊足選手は?

今年は打線の爆発が期待される日本ハムですが、盗塁王の候補といえばやはり去年の盗塁王の西川ですかねー。

2014年から4年連続30盗塁という安定ぶり。まだ25歳と年齢も若いので怪我さえなければ30-40盗塁はほぼ確実かなーと思いますね!

ただ、それ以外の選手で盗塁できる選手となるとあまり名前が出てこないのが現状でしょうか?あとは2015年に盗塁王を獲得した中島選手の奮起が期待される所です。あと足が速い選手といえば去年ブレイクした大田泰示、潜在脳力の高い岡大海 もいますが。今年は盗塁数が増えるかにも注目して見ようと思っています。

ロッテも俊足選手揃い!課題はバッティング?

さてロッテですが、足の速い選手は結構揃ってます。

まずは去年26盗塁をマークした荻野貴司選手ですかね。元々年間出れれば70盗塁マークできる異次元レベルの選手だったはずですが毎年のように怪我で離脱。キャリアハイは去年マークした26盗塁に留まっています。度重なる怪我でかつての輝き程ではないですが、怪我さえなければ30盗塁はマークできる選手ですから、今年こそは期待しています(笑)

あと俊足選手といえば岡田選手、伊志嶺選手、加藤翔平選手あたりでしょうか?

岡田選手といえば2011年には43盗塁をマーク。ゴールデングラブ賞にも2011.2012年輝くなど守備、走塁のスペシャリストとして活躍していました。2016年まで入団以来7年連続二けた盗塁をマークしていましたが、去年は打率がなんと.000と極度の不振に陥ってしまいます。去年はチーム自体が貧打に苦しむ中特に数字が目立ってしまう形になりました。今年は井口新体制の元、バッティングレベルを昔のように戻せれば、守備、走塁のスペシャリストとしてまだまだ活躍できる能力をもった選手かなと思っています。

伊志嶺選手は1年目に大きな輝きを見せた選手です、ルーキーの年だった2011年には32盗塁をマークしこれからは岡田とともにロッテの守備、走塁は手ごわいなと思って見ていましたが2012年から低迷、去年も.173 4盗塁とかつての輝きを取り戻せない状態が続いています。やはり課題はバッティングと怪我でしょうか?まだ29歳と老け込む年ではないので復活して欲しいですね。

加藤翔平選手は去年台頭してきた俊足、巧打の選手です。98試合で.266 7盗塁をマーク。今年は新しく入ってきた藤岡選手と競争だとは思いますが.280 20盗塁を目標にブレイクできる選手として注目しています。あと平沢大河選手もそろそろ出てきてほしいなと思ってる選手ですね。

ロッテは盗塁できる潜在能力を持っている選手がリーグ随一ではないでしょうか?ただ、怪我だったり課題のバッティングを克服できずに引退してしまう選手が多いので、そこが寂しい部分かなと。

まとめ

パ・リーグを振り返ってみてみるとかなり俊足の選手が揃っているので盗塁王争いも激化しそうですね!レギュラーに定着してバッティングが良い選手が盗塁王を獲得している傾向があるので…

本命

西川・源田・柳田

対抗

金子・中島・荻野

大穴

藤岡・オコエ・宗

あたりでしょうか?新人や若手選手が定着していきなり50盗塁マークしちゃうとかそんなシーズンを見てみたいものです。

 

2018年盗塁王を獲りそうな選手~セリーグ編~

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2018 All Rights Reserved.