プロ野球とオフ会と私

ソフトバンクの2018年ドラフト1位は甲斐野央!評価は?歴代1位は誰?新人王有力候補と予想!

 
nice
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちはー!12球団野球ブロガーのひらっちと申します!さてさて日本シリーズ驀進中のソフトバンクホークスですが、先発、中継ぎ投手が本当に凄い!みんな150km投げる投手ばかり、千賀、バンデンハーグ、武田、森、石川、加治屋などなど

一体どこからこんな良い投手が出てくるか気になっていたりしますが、そんな選手達を獲得したドラフト会議を見てみたいと思います。2018年は一体どんな選手を獲得できたのか??見てみたいと思います。

巨人ドラフト2018は失敗?歴代1位は誰?高橋優貴投手の評価は?将来のエース候補のサウスポー?

2018年のドラフト1位は東洋大の快速球投手甲斐野央投手!MAX159kmの大谷2世

まずソフトバンクは高校生BIG3の小園選手をドラフト1位指名しましたが、広島にとられ、次は大学NO.1野手の辰巳選手も指名しましたが外れ、外れ外れ1位が東洋大学の甲斐野投手でした。やっぱり何と言ってもMAX159kmの速球と150kmのフォークが武器で下手したら千賀にもなれるし、抑えになればサファテ、森をしのぐ選手になるポテンシャルを秘めた投手で個人的には一番期待している投手です。ややコントロールがよろしくないとの噂ですが、これが吉と出るか凶と出るかはまだわかりませんね。しかしソフトバンクはほんとに速球派が多いなという印象です。あのかつてのドラフト1位の田中正義はまだプロでは活躍していませんが、これだけ球が速い投手がいっぱいいるのは強みですよね!

かつて斎藤祐樹、大石達也、福井優也という早稲田3羽ガラスがいましたが、それに匹敵するそれ以上話題になっているのが東洋大の3羽ガラスである松本、梅津、そして甲斐野の150kmトリオでしょう。この3名の中で松本の完成度が一番高いとの評判ですが、プロに入ってみないと伸びしろというのはわかりませんからポテンシャルは一番高そうな甲斐野にロマンを感じてしまいますね。投げる時の沈み方もどことなく大谷翔平を彷彿とさせる要素もあったりで、基本抑え候補と呼ばれていますがチーム事情的にどこを任されるのかも注目してみたいと思います。

 

2010年代のドラフト1位は誰?既に一軍の戦力になっている選手はいる?

さて2010年代圧倒的な強さを誇っているソフトバンクホークスですが、ドラフト1位はどんな選手を獲得してきたのか?その選手が一軍の戦力になっているか見てみたいと思います。

2010年 山下斐紹 捕手

2011年 武田翔太 投手

2012年 東浜巨  投手

2013年 加治屋蓮 投手

2014年 松本裕樹 投手

2015年 高橋純平 投手

2016年 田中正義 投手

2017年 吉住晴斗 投手

2018年 甲斐野央 投手

なんと9年間で8人が投手指名!?というのが驚きです。この中で一軍で活躍しているのは武田、東浜、そして今年ブレイクした加治屋投手の3名くらいですから意外と少ないというか、それほど戦力になっていないですね。東浜、加治屋もブレイクするまで数年かかっているのでこれは意外な数字が出ました。2014年以降のドラフトに関してはまだこれから出てくる可能性も秘めているので3.4年は待ってくれる余裕のある球団とも言えるかもしれません。ソフトバンクの場合は育成から這い上がってくる選手が多いのも他の球団にはない特徴と言えるでしょう。

2018年のドラフト2位以降を見てみよう。今後ソフトバンクが目指す構想はどんなものか?

ドラフト1位でなくても柳田のような超一流選手になる選手もいるので見逃せません。2位以降を見てみると…

2位 杉山一樹 投手  三菱重工広島

3位 野村大樹 三塁 早稲田実

4位 板東湧梧 投手 JR東日本

5位 水谷瞬 外野手 石見智翠館高

6位 泉圭輔 投手 金沢星稜大

7位 奥村政稔 投手 三菱日立パワーシステムズ

という内容で社会人が3名、大学生が1名、高校生が2名というバランスの良いドラフトとなり育成選手も4名しっかり獲得しています。個人的に気になるのは早稲田実業の野村大樹選手でしょうか?高校通算68本の長打力が魅力で高校時代は清宮幸太郎とタッグを組むなど注目されていました。これもソフトバンクの事ですからじっくり育てて4.5年後を見据えた獲得でしょう。早ければ3年目くらいから見れるかもしれませんがとても勝負強いとの事でガタイもいいですし将来クリーンナップを打つ可能性を秘めた打者といえるでしょう。ポスト松田として期待したい所です。杉山一樹 投手も即戦力で常時150km以上を計測してきますからソフトバンクらしい補強といえるでしょう。本人は170kmを計測したいというくらい球速に対してこだわりがあるようなので今後の伸び白にも期待できそうですね!193ckと身長も大きいのでこれは面白い投手を獲得したなーというの印象が強いですね!

まとめ

快速球投手の甲斐野、杉山に加えて将来のクリーンナップを任せられる勝負強さの野村まで獲得してこれは満点に近いドラフトだったのではないでしょうか?もちろんプロに入ってからは色々な壁が待っていますのでそれを乗り越えて王者ソフトバンクの名に恥じない選手へと飛躍して欲しいですよね!2018年のドラフトは期待できそうですね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2018 All Rights Reserved.