プロ野球とオフ会と私

首位打者候補の選手セリーグ編2018

2018/03/25
 
next
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは、野球大好き、データ大好きのブロガーのひらっちと申します!!

さて今まで本塁打王だったり、盗塁王の候補の選手を語っていきたいかなと思いますが

シーズン本塁打王を獲りそうな選手2018セ・リーグ編

シーズン本塁打王を獲りそうな選手2018セ・リーグ編

2018年盗塁王を獲りそうな選手~セリーグ編~

2018年盗塁王を獲りそうな選手~セリーグ編~

今回はセ・リーグの首位打者の候補を挙げていきたいと思います。

バットコントロールの高い選手というのは各球団にいると思いますけど、打率って増えたり減ったりと不安定なものなので

これを獲得できる選手って並大抵じゃない安定感を持っているって意味合いもありますよね?

去年の首位打者はDeNA宮崎選手でした!2016年までの実績だとなかなか打撃の良い選手だなという評価でしたが去年一気に飛躍しましたよね?

2018年は今まで実績がある選手が獲得するのか、それとも一気に飛躍したニューカマーが出てくるのか早速語っていきたいと思います。

広島は田中、菊池、丸、鈴木、安部と候補がたくさん。松山もスタメンで出れば?

セ・リーグ随一の得点力の広島打線ですが…ここ3年間のレギュラーの打率を見ると

田中広 2015年 .274 2016年.265 2017年.290

菊池 2015年.254  2016年.325 2017年 .271

丸 2015年. .249 2016年 .291 2017年.308

鈴木 2015年 .275 2016年 .335 2017年 .300

安部 2015年 .243 2016年 .282 2017年 .310

と結構読めない数字ですね(笑)。田中だけは3割を打った事ないみたいですが、あとの菊池、丸、鈴木、安部は誰が首位打者獲ってもおかしくないレべルですね。そりゃー強い訳だと数字を見ているだけでもわかってきますww

阪神は糸井、福留、鳥谷が高打率を維持、ロサリオも確実性は高い?

この中で首位打者取得者は糸井と福留になりますね。

まあ福留はもう41歳なのでさすがに厳しいかなと思いますが、糸井はまだまだ37歳でもバリバリいけそうな雰囲気を醸しだしてますね。通算打率でも.300をマークしていますし可能性はありますね。

鳥谷は安定して.280-.310あたりをキープしているバッターなので首位打者を獲れるかというと疑問符が付きますね。

シーズンによりますが.325以上をマークしてこそ首位打者を狙える位置かなと思うので。

ロサリオは韓国時代も.325 .339と高打率をマークできてるので候補の一人として考えてよいでしょう?

DeNAは宮崎、筒香、ロペス、桑原あたりが安定?

まずは候補として去年のタイトルホルダーの宮崎選手が挙がってくるでしょう。しかし、2年連続首位打者を獲るというのはかなり難しいですよね。しかも宮崎は右打者ですから尚更。自分としては.280-.310の間くらいに今年はなりそうかなと見ています。

去年不調だった筒香、元々アベレージヒッタータイプだったロペスも十分.340くらいのアベレージを残すバットコントロールを持ってる気がします。去年ブレイクした桑原も今年は3割台を乗せてきそうな勢いです。

巨人は坂本とマギーが候補?あとは衰えが顕著…

巨人でアベレージヒッターといえば上がるのがやはり坂本とマギーでしょうか?

去年は夏場以降ブレーキがかかってしまい.291で終わってしまいましたが、シーズン安定して打てればまた首位打者を獲得する可能性はありますね。あとは安定感のあるマギーでしょうか?彼を見ていると横浜のロバートローズを思い出すんですよね。それくらい去年は安定感がありましたから今年も.310以上は残してくるとみています。

過去には長野や阿部といったバッターも首位打者を獲得しましたが衰えが顕著なので今年は厳しいかなと。もしかしたらゲレーロが打ちまくって首位打者獲得なんてこともありえるかも。

若手はまだまだ首位打者をいきなり獲得しそうな選手は見当たりませんが…けが人によっては立岡あたりにはチャンスが生まれるかもしれません。

中日は大島が候補、京田の飛躍もありえる?

中日も首位打者を狙える選手って非常に少ないんですよね。ビシエドも首位打者を狙えるほどのバットコントロールがあるのかと思えば想像つかないですし。。。やはりここは安定感の大島でしょうか?過去に3割以上は3回達成しているので、充分可能性としてはありえますよね?そして京田の飛躍でしょうか?2年目のジンクスなんて言葉もありますが、彼には関係なさそうです。ここで一気に打率急上昇の可能性もありますからね。あとの選手は全く読めないです。セカンドにコンバートされた周平が一気にブレイクできるかが鍵となるでしょうね!!

ヤクルトは山田、川端、坂口が候補!大リーグから戻ってきた青木が日本野球に早く順応できるか

ヤクルトも主力が万全なら首位打者を獲得できる選手は多そうです。

まずは川端の復帰ですよね。彼が年間通して出場できれば3割は普通に打ちますから首位打者候補の筆頭格でしょうか?あとはミスタートリプルスリーの山田哲人ですね。去年は極度の不振に陥り山田らしくない数字が並んでしまいました。

今年はまたトリプルスリーを狙えるまで復調して首位打者の候補としても出てきてほしいですね。あとは去年も.290と安定感のある坂口選手。あとはメジャーリーグから復帰の青木は実績抜群ですから日本野球に早く感覚を戻せるかが鍵でしょう。普通にやっていれば.300-.340は打てるバッターですからね。あと雄平も怪我さえなければ首位打者に飛躍する力を持っていると思います。

まとめ

これを見てみると首位打者を獲る選手を選ぶというのはかなり難しいですね。数字だけ見ていると年によって打率の波のある選手もいますし、

本命 マギー、宮崎、山田、糸井

対抗 青木、川端、ロサリオ、坂本

大穴 京田、坂口、雄平

うーん、改めて見ても見極めが難しい。これ当てれたら本当に凄いですよ(笑)

首位打者候補の選手パリーグ編2018
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2018 All Rights Reserved.