プロ野球とオフ会と私

辻監督は名将か?采配は有能の香り!西武連勝が8でストップ⁉︎

2018/07/19
 
tsuji
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!野球ブロガー のひらっちと申します。最近は大谷と巨人の話ばかりしてましたが、パリーグが開幕早々凄いことになってますよね?笑

前評判の高かったソフトバンクが故障者続出、楽天、オリックスが低迷。

そして牧田、野上の抜けた穴が大きいと思われていた西武が27年ぶり開幕から破竹の8連勝と早々に開幕ダッシュに成功しています。打線は12球団1と評判はありましたが、西武の強さの根源は何なのか?やはり監督である辻さんの采配が優秀、有能なのか、検証してみたいと思います。

昨日の試合は十亀は7回2安打3失点!

昨日の十亀は4回までパーフェクト、投手戦が予想されましたが、一塁手山川へ悪送球で、同点にされてしまい、結局5四球3失点で負け投手に、西武打線も終盤に追い上げたものの、連勝は8でストップ。

辻監督もミスが多い試合で相当悔しがってたみたいですが、明日への収穫点もあげていました。

しかし、いきなり8連勝もできた理由は何なのでしょうか?

やはり軸としては爆発力のある西武打線と不安視されていた先発、中継ぎ投手が上手く回ってるあたりではないでしょうか?

秋山、浅村、山川、森、中村、外崎、メヒアとホームランが打てる選手が7人も並んでいる打線は強力で

秋山、源田、外崎、金子と盗塁ができる選手が4名

3割を狙える打者が

秋山、浅村、山川、森と4人。

攻撃面に関しては手がつけられないレベル⁉︎

DHで8番にメヒアを使うという何とも贅沢な打線で開幕から森を使えるのも大きいのではないでしょうか?

先発投手に関しては

エースの菊池が既に2勝、去年9勝のウルフに、多和田、新外国人のカスティーヨが好投とそこに阪神から移籍の榎田をうまく使えれば、先発陣もうまく揃う形になります。

辻野球は色々な監督のエッセンスが詰まった野球?

辻監督の野球ですが、前任者の田辺監督時代露呈された守備力を去年から修正し、便利屋だった外崎を1年我慢して使った事でつなぎ役という役者も1人作れた。

辻監督は現役時代合わなかったとされている、野村ヤクルト時代の野球にすごく似てる気がしてるのは自分だけでしょうか?

あの時代のヤクルトは前評判はいつも低かったんですが、テスト入団や解雇された選手やな外国人を上手く再生させて、野村再生工場なんて言われていました。終わってみれば、前評判の高かった巨人より打線も強く、新戦力のおかげで投手陣も安定した活躍を見せていました。

あの時代のヤクルトには古田がいましたが、西武は炭谷、岡田、森体制でバランスを取っています。守備、走塁を重視する野球は森西武野球や落合野球、豪快な野球は王野球、と自分が経験したチームの良い部分を上手く継承して野球をやってる感じがして、近い将来名将と称えられる日が来る気がしている辻監督でした。

今後も豪快さに渋みが増した西武野球に注目してみたいと思います。

西武山川穂高はおかわり2世!?あだ名は?打ち方が凄い!絶好調の理由は?

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2018 All Rights Reserved.