プロ野球とオフ会と私

西武2018ドラフトはうまい?評価は?1位松本航はエース候補?歴代過去の選手を見てみる

 
seibu
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちはー!野球ブロガーのひらっちと申します!さてさてドラフト会議2018が終了し各球団のファンの方々は満点のドラフトと思う人もいれば全然良い選手が獲れなかったと嘆いている人もいるかもしれません。

そして今年10年ぶりのリーグ優勝を達成しながらも日本シリーズに行くことのできなかった辻監督率いる西武ライオンズですが

ウィークポイントは誰が見ても投手力とわかっていました。そして今年は菊池が大リーグに行くとなると戦力ダウンは免れません。

そんな不安を一掃できるような選手が獲れたのではないかと思う2018年ドラフト1位の松本航投手を見てみましょうか?

巨人ドラフト2018は失敗?歴代1位は誰?高橋優貴投手の評価は?将来のエース候補のサウスポー?

松本航は大学屈指の本格派右腕で即戦力!西武打線ならいきなり2桁勝利も!

今年の大学生投手は豊作だと言われていた中のナンバー1の評価だったのがこの松本航です!ゆったりしたフォームからMAX155kmを投げる本格派右腕でカーブ、チェンジアップ、スライダー、スプリットと変化球も多彩で

大学通算30勝18敗 防御率1.63と安定しています。ピッチングもクレバーなタイプで試合が作れると各スカウトも大絶賛でした。

今年は多和田、菊池、榎田が3本柱で活躍しましたがウルフ、十亀、今井あたりは不安定で先発投手神の層の薄さがクライマックスシリーズを突破できなかった弱点とも呼ばれているのでここは松本航の力でなんとか埋め合わせしたいところですよね!

西武打線は来年もおそらく好調を維持すると思うのでいきなり二桁勝利も夢ではなさそうです。三振がとれる投手なのでもしかしたら抑えに回るチーム事情もあるかもしれませんが…

2010年代の西武のドラフトは独自路線?野手と投手バランス良く補強!

さて西武のドラフトですが昔から独自路線で有名でしたよね!はるか昔、創設期の頃は寝業師故根本氏の手腕で

伊東、秋山、工藤と多数の有望な選手を獲得し黄金期を作りました。

2010年代のドラフトはというと

2010年 大石達也 投手

2011年 十亀剣 投手

2012年 増田達至 投手

2013年 森友哉 捕手

2014年 高橋光成 投手

2015年 多和田真三郎 投手

2016年 今井達也 投手

2017年 齊藤大将 投手

2018年 松本航 投手

と9年間で8人も投手の指名となっています。なのにチーム防御率がボロボロというのはスカウトの目が不確かなのか

入ってから故障などで戦力として期待できないのかなのかどっちなのでしょうか?実質多和田投手と森捕手くらいしか

レギュラークラスの活躍ができていません。一時期増田投手、十亀投手も良かったですが今年は不安定。今井投手も喫煙問題もありましたがようやく今年は5勝で飛躍が期待されます!!

今年はドラフト7位まで指名!源田のバックアップも。万全の体制で来季は臨む?

2018年のドラフト2位以下の氏名ですが

2位 渡邉 勇太朗 投手 190cmで将来のエース候補 フォームが大谷に似ている

3位 山野辺 翔 内野手 

4位 粟津 凱士 投手

5位 牧野 翔矢 捕手

6位 森脇 亮介 投手

7位 佐藤 龍世 内野手

と源田のバックアップや炭谷のバックアップ、浅村がFAで万一抜けた場合の内野手も獲得しているところが抜かりない感じですね。果たしてこの中から何人一軍で活躍する選手が出てくるのか?

まとめ

さて西武のドラフトですが投手が弱いということもあり4名の指名。即戦力の松本に将来性豊かな渡邉を獲得できたのは大きいかもわかりませんね!昔は投手王国と呼ばれ、鹿取、杉山、潮崎のトリプルストッパーという小刻みな継投で優勝をもぎ取って

いた西武ですが中継ぎ陣が結構崩壊しているので今年取った選手でなんとか補って欲しいですよね!来季の西武にも期待しています!!

日本ハムドラフトくじ運は強い?2018年もエース候補吉田輝星獲得!歴代1位は?拒否した選手はいた?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2018 All Rights Reserved.