プロ野球とオフ会と私

リクエスト制度って何?今年から導入されたルールを解説!

 
judge
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!主に野球の話で語ってますひらっちと申します。今回は今年から導入されたらリクエストという制度について個人的な見解も含めて話していこうと思います。

野球は時代に合わせてルールが追加されたり、撤廃されたりします。最近だとコリジョンルール、二段モーションok、敬遠球の撤廃などが、挙げられるますよね?

賛否両論ある事が常々ですが、リクエスト制度に関しては個人的にもありだと思ってます。

では、簡単にリクエスト制度のルールについて触れたいと思います。

リクエスト制度ができた理由としては、ファンや選手、監督が満足できる公平な判定を目指すとともに、過多なリプレー検証要求を減らしテンポのよい試合を展開することが目的で作られたようです。

リクエストってどうやるの?何回まで可能?

1試合につき各チーム2回まで使用可能で延長戦では新たに1回のリクエスト権利が得られます。

そのリクエストで判定が変更された場合、使用回数は変わらずに試合が続行。判定が変わらなかった場合

回数が減るというルールです。メジャーリーグでは既に数年前から使用されており(大リーグではチャレンジ制度と呼んでいます。)、それを後追いで日本が導入という形になります。

審判は5分以内に判定の結論を出すとの事なので、試合の判定の抗議時間の短縮を狙った意味もありの制度なのかなと。

見ている映像自体はお客さんが見ている中継用の映像と一緒のようです。

アウトとセーフ、フェアとファールの判定にまで拡大され、巨人だと長野選手が打ったフェンス際のファールを高橋監督がリクエストを使って検証していたのが今年の試合として記憶に新しいかと思います。

ストライクとボール、ハーフスイングやボーク、自打球、走塁妨害などは適用外らしく、そこがリクエストという制度のまだまだ面白い所かなと思いますが、ほとんどの判定がこれで判断できるようになったみたいですね。

ファン目線からすれば、正しい判定をちゃんとやって欲しいという気持ちがやっぱり強いのでこの制度によって、選手、相手チーム、審判、ファンが一番納得した形で進むルールであれば寧ろこのルールは歓迎すべき制度なのかなーと筆者は感じていますね。まあファンあってのプロ野球なので。このリクエストの今後の有無のウエイトを占めているのはファンであるとは思いますが…

まとめ

これだけデータや映像が進化した時代、ファンも真実が知りたいと思うんですよね。いくらプロフェッショナルな仕事といえど、ミスはするわけでして、人間なんでね。

ただリプレー検証リクエストが2回というのはだとなのかというところはまだまだ議論があがりそうな気がしてますけどね。

試合を錯乱するためにリクエスト制度を使うパターンも増えるかもしれませんし、今までかなりどのチームもリクエストを使ってる状態ですから、試合の流れがこれで変わる事も多々ありえるからです。

リプレー検証は2回が妥当なのか、1回の方が良いのか、今後の見どころの1つかなーと筆者は見ています。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2018 All Rights Reserved.