プロ野球とオフ会と私

ロッテに身売りしてほしい企業はZOZOTOWN?前澤友作氏とは?買収後謎の魚はどうなる?

 
chibamarine
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちはー!野球ブロガーのひらっちと申します!最近ロッテがあわただしいですね(笑)というのもZOZOTOWNでおなじみのスタートトゥデイ社の前澤友作氏が先日ツイッターで今後の野望を呟いたらしくそれに対して色々な方が反応したというのです。
それはあのホリエモンだったり、元DeNAの中村紀洋氏であったり様々ですが、確か去年もロッテ自体がゴタゴタ劇で
色々な企業への身売りの話が浮上していました。その後井口監督新体制の元、イメージを払拭しつつありますが…
一体この話題になっているスタートトゥデイの前澤友作氏とは一体どんな人物なのか?
今後ロッテが身売り、前澤氏が買収するにはどんな条件が必要であるのか述べていきたいと思います。

ロッテ井口監督の采配はどう評価する?有能?特徴と課題2018

前澤社長は42歳、総資産3330億のやり手起業家、元々はバンドマンスタート

さあその前澤社長ですが早稲田実業出身のインテリでしたが、学生時代はバンド活動に没頭してたようです。

SWITCH STYLEというバンドのドラマーをやっていたそうで何とメジャーデビューするくらいの実力バンドだったらしいのです。

そして自主レーベルSTART TODAYを立ち上げてをその後ショッピングサイトZOZOTOWNを始めてから急激に伸びていったそうです。一代でそれだけの資産を集めるのですから相当なやり手ですね、ただ本人は割とのんびりというか

好きな事をやっているという意識でビジネス展開していったのが凄いなーと思います。

2016年に命名権を取得し、ひとつずつ着実に時期を見て球団買収を狙っているとの声も

そんな前澤社長ですが、千葉県出身らしく、そんな縁もあり、今回プロ野球球団があるロッテの買収を狙っているとの報道が出ました。それまでもホリエモンを筆頭にソフトバンク孫氏、楽天の三木谷氏、DeNAの南場氏とたくさんのIT企業家がプロ野球球団の買収に関わりましたが、野球が大好きという感じでもないみたいで、やはり日本全体の国民の認知度を上げるというのが

一番大きいらしいのです。たしかにライブドア、ソフトバンク、楽天、DeNAとプロ野球に参戦後ビジネスのフィールドをかなり拡大した感があり、老若男女誰でも知っている企業に成長しました。スタートトゥデイというと

ファッションに敏感な若者、ビジネスに敏感な人くらいしか認知度がなく、おそらく、プロ野球参入後は前者のIT企業クラスまで認知度を上げていく可能性は秘めていますね。広告を出す以上の宣伝力が野球というスポーツにはあるということでしょう。

2016年には命名権を取得し、虎視眈々と準備してきてるなーと当時思っていましたが、

ロッテ自体も去年ゴタゴタ騒動で、ファンの不信感もあるみたいですからね、タイミングとしては良い時期を狙ってきているなーとみえますね。あとは財界の重鎮達といかにうまく立ち振る舞うかが勝負かなと思います。ホリエモン氏みたいにかなり極端な態度を取ると嫌がる年配の方々がいるはずですからね。前澤氏のプレゼン力にかかっている事でしょう。

個人的にはロッテが強くなるのを見てみたいですし、ZOZOTOWNならユニフォームもカッコよくなってZOZOマリン女子みたいな方も増えそうです。

もしかしたらあのホームランの出ない球場を改造し、テラスを作りホームランの出る球場に変えるなんてプランもありそうですね!ファンが喜びサービスを色々してくれるなら買収も願ったり叶ったりでしょう。

まとめ

ロッテファンは他のチームに比べて応援が熱いのは有名ですし、最近だと謎の魚というキャラクターも人気が出るなど企画面では他のチームにない独自性を打ち出しているので、あとはお金をいっぱい使って良い選手をたくさん連れてきたりすれば

今後千葉がこれまで以上に熱くなるのは時間の問題かもですね!安田というスター候補もいますし、4-5年後には千葉に強い風が吹き荒れる日も近いかもしれません。前澤氏の熱に期待してみますか!?

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2018 All Rights Reserved.