プロ野球とオフ会と私

楽天開幕スタメン・オーダー予想2019!開幕投手候補は則本か岸か?

 
dash
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!12球団野球ブロガーの”ひらっち”と申します。さてさて、2019年の開幕スタメン・オーダー、開幕投手をテーマに語っていますが、今回は2018年まさかの最下位に沈んでしまった楽天ゴールデンイーグルスについて語っていこうと思います。

一昨年は3位と健闘したにも関わらず、極度の貧打松井、美馬の不調などもあり梨田監督が辞任してしまい、途中から平石監督となり今年は2年目どういうオーダーを組んでくるのか見てみたいと思います。

楽天浅村獲得!石井一久GMの手腕や凄さは?実は頭がいいから有能?野村克也監督からの評価は?

楽天の2018年の開幕スタメン・オーダーはこちらでした!

2018年は2017年に成功した外国人3選手を起用した開幕スタメンが印象的でした。

1.遊 茂木    100試合 .247 7本 24打点

2.右 ペゲーロ  88試合 .238 17本 44打点

3.中 島内    103試合 .292 11本 53打点

4.三 ウィーラー 106試合 .269 15本 58打点

5.二 銀次   139試合  .276  5本 48打点

6.一 内田   58試合 .199 12本 25打点

7.DH アマダ- 62試合 .269 20本 42打点

8.捕 嶋   113試合 .206  0本  21打点

9.左 岡島 108試合 .190 3本 15打点

投 則本

将来のクリーンナップ候補の内田を抜擢してきた布陣でしたが、ペゲーロウィーラーが大不振。内田は12本塁打はしたものの打率は.199と確実性が全くなく、今年は最低でも.240以上は課せられるでしょう。3割打者はゼロで

アマダ-はドーピングが引っかかり出場停止。今江と2年目で新人王を獲得した田中和基がレギュラーで出場する形となった2018年でした。

アマダ-とペゲーロが戦力外となり、その代わりにブラッシュと西武から強打者浅村を獲得。ドラフト1位の辰巳、2年目の岩見や4年目のオコエがそろそろ出てくるのではと期待されています!

投手も則本、岸の2枚看板は10勝と11勝で一年間働きましたがその他のピッチャーがふがいない成績で終わってしまいました。

美馬は2勝、塩見は4勝、辛島は4勝とこの3人の投手で最低でも20-25勝は計算に入れていたはずが10勝に終わってしまったので楽天の最下位低迷の原因は打線+3番手以降の投手の不調というのが響いたようです。

その分古川、藤平、池田にチャンスを与えました。そして広島から先発タイプの福井を獲得。この4名が3番手以降で一年間投げてくれるのか2019年のカギとなりそうです。

2019年の開幕・スタメンオーダーはこちら!開幕投手は?

去年の実績、そしてオープン戦の結果によって楽天のスタメンが決まってきそうですが、

本当のレギュラー選手というのが皆無な為、開幕スタメンを予想するのは非常に難しくなってますが

筆者の独断と偏見なども加味してオーダーを予想してみました!

1.中 田中和

2.右 辰巳

3.二 浅村

4.三 ウィーラー

5.DH ブラッシュ

6.左 島内

7.一 銀次 

8.捕 嶋

9. 遊 茂木

投 則本

やはり浅村が加入した事でクリーンナップが締まるようになりましたね。ブラッシュが未知数なので5番に置きましたが、ウィーラー、ブラッシュの調子によって4.5番は入れ替わるかもしれませんね。

1.2番は足の速い田中和と評価の高いルーキー辰巳選手を置き、スピードも仕える打線に。

6.7番にいぶし銀の島内銀次を置くなど、バランスの良い打線になりました。

病気で離脱中の今江、飛躍が期待されるオコエ、内田、岩見と熾烈なレギュラー争いがオープン戦でも行われますので、このオーダー以外にもかなりの組み合わせが予想されるでしょう。

一番王道というかバランスの良い打線をこれで選ばせて頂きました。

開幕投手はやはり生え抜きでチームの柱となっている則本でおそらくいくでしょう。

もし故障などで離脱した場合は岸投手の可能性もなくもないでしょう。

楽天の不安要素は3番手以降先発投手ですから、そこを誰で補うのか。美馬、塩見、辛島の復調があるのか

藤平、福井、古川の台頭があるのかがAクラスに復帰するカギとなりそうです。

まとめ

楽天の開幕スタメン・オーダーと開幕投手を予想してみましたがいかがだったでしょうか?

去年は最下位に沈みましたが、後半戦は育成期間に置いた事で準レギュラーのレベルが上がりました

そしてFAで浅村、新外国人でブラッシュ、トレードで福井橋本到などを獲得し

ウィークポイントを埋める補強はできたと思いますが、2年続けて好結果を出せない選手が多いので

今年も不安要素はありそうですが、オコエ、内田、岩見、藤平、安楽、近藤など若手が何人か台頭すれば一気にAクラスを狙えるチーム状況と言えるでしょう。

平石洋介監督は有能?結婚、嫁、子供はいる?性格、人柄は?野村克也氏との関係性は?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2019 All Rights Reserved.