プロ野球とオフ会と私

プロ野球の順位予想パリーグ編2018

2018/03/25
 
paleagjuni
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!自称野球ブロガーのひらっちと申します(笑)

さてさて~、本日はパリーグについて語りたいと思います。まずは順位予想ですかね?

パリーグの方が混戦じゃないかという話もあるのですが、個人的な目線でいかせて頂きますね(笑)

1位 楽天 (2013年以来5年ぶりのV)

2位 ソフトバンク

3位 オリックス

4位 西武

5位 日本ハム

6位 ロッテ

と予想をさせて頂きましたー!!

妥当な線?それとも意外な感じでしたか?

各球団の戦力分析を長年の勘で述べていきたいですかね!!

1位を楽天と予想、この根拠は??

圧倒的な強さのソフトバンクではなく、あえて楽天を予想した理由からでしょうか?

やはり若手の台頭を今年あたりから一気にしてくるのではと見ています。

まずは先発投手のローテーションですが

則本、岸、美馬の3本柱に辛島、塩見、藤平、安楽と若い投手が充実してきましたよね?

彼らが年間通して持っている力を発揮できれば10勝できる投手が4人はいるとみています。

それは則本、岸、美馬、藤平ですね!辛島、塩見も7-9勝くらいできる力を持っていますし、安楽が7.8勝できたりしたらとても面白いと思ってます。

ただ楽天の場合弱点が中継ぎですよね?頭数が少ないので誰がやるのか。

ドラフト1位の近藤投手を加えて厚みを加えたいですよね??

順調ならハーマンか森原、 、高梨が7回、8回は福山か近藤、そして9回は松井でいくのではないでしょうか??

ベテランが少ないのと若手が未知数な部分もありますが、中継ぎ抑えが怪我なくシーズン通してできるかどうかでしょうね!!

則本 13勝6敗 防御率2.82

岸  12勝5敗 防御率2.69

美馬 10勝9敗 防御率2.88

藤平 12勝8敗 防御率3.54

塩見 7勝8敗 防御率4.11

安楽 7勝5敗 防御率3.84

くらいできれ優勝できそうですよね?

では次は野手の戦力分析を述べさせて頂きますね?

やはりペゲーロ、ウィーラー、アマダ-が年間通して活躍すればクリーンナップは熱い!ルーキー岩見はどうなる?

楽天打線の魅力といえばペゲーロ、ウィ-ラー、アマダ-の3人の外国人野手でしょうね!去年の2番ペゲーロは見ていて楽しい打線でしたね!?

今年の布陣を去年の打線を元に考えてみると

1.遊 茂木 123試合 .279 16本63打点 13盗塁

2.右 ペゲーロ 135試合 .302 28本83打点 6盗塁

3.二 銀次 143試合 .296  7本 65打点 3盗塁

4.三 ウィーラー 132試合 .304 35本 103打点 8盗塁

5.一 岩見 112試合 .263 22本 72打点 1盗塁

6.DH アマダ- 116試合 .245 26本61打点 0盗塁

7.中 島内 126試合 .276 10本 46打点 5盗塁

8.捕 嶋 132試合 .242 5本 31打点 1盗塁

9.左 岡島・オコエ 96試合.254 3本 22打点 7盗塁 101試合.280 9本31打点 17盗塁

あたりでしょうか?本当に岩見に期待をしていまして、1年目の横浜にいた村田修一に近い成績を使い続ければできるのではと見ています。

彼が入る事で長年の課題であった和製長距離砲を山崎以来誕生となるかもしれませんね。山崎がいなくなってからの楽天は本当に長打力がなくて悲惨な状態でしたから、彼が救世主となるのか見所です。あとはオコエのレギュラー奪取ですね。彼がどんなバッターにあるのか注目したい2018年です。

2位は去年の王者ソフトバンクを予想、中継ぎや抑えの勤続疲労が気になる理由で2位に

去年圧倒的な安定感で優勝をおさめたソフトバンク、普通にいけばソフトバンクが妥当なんでしょうが、わたしは2位と予想。

その理由なんですが、去年酷使された中継ぎや抑えの勤続疲労、あとキャッチャーに故障者が続出している点も気になる所ですね!!

去年の中継ぎと抑えを見てみると…

岩嵜 72試合 6勝3敗2S 40H 防御率1.99

森 64試合 2勝3敗 33H 防御率3.92

五十嵐 46試合 6勝0敗 11H 防御率1.73

モイネロ 34試合 4勝3敗 15H 防御率2.52

嘉弥真 58試合2勝0敗14H 防御率2.76

サファテ 66試合2勝2敗3H 54S 防御率1.09

が主力投手でした。

森福の穴を嘉弥真が埋めた形の2017年でしたが、五十嵐も高齢ですし、森も防御率を見ると安定感を欠いているように見えます。

ここが不調、もしくは故障した場合この穴を埋めれる投手して思い浮かぶのが去年育成枠から這い上がり台頭してきた石川投手と

去年は未登板に終わった田中正義投手でしょうか?彼らを先発で使うのかセットアッパーで使うのか注目したい所ですよね?

田中は中継ぎセットアッパーとかも面白いと思ってます。

先発陣は豊富、ここがちゃんと回れば今年も優勝か!?

ソフトバンクの先発陣ですが、自分の個人的な予想をすると…

千賀 15勝8敗 防御率 2.40

バンデンハーグ 12勝10敗 防御率2.96

東浜 11勝10敗 防御率3.54

武田 13勝7敗 防御率2.76

和田 7勝3敗 防御率 3.75

ちょっと左投手が不足しているのかなという気もしないではないですが、普通にやってたらこれくらいの数字は残せる先発陣ですが

故障した時の対処をどうするのかここがキーポイントな気がしますね。今年は何となくですが武田がやりそうな気がしています(笑)

野手陣は去年数字が低かった中村晃、急成長中の上林が今年はどうなるのかに注目

さてソフトバンク野手陣ですが私はこんな感じで予想しました。上林の成長が結構鍵を握る気もしています。

やはり柳田のトリプルスリーを期待しているのでこういう数字になっています。松田がそろそろ衰えが始まる予感も。

1.右 上林 132試合 .288 17本 56打点 20盗塁

2.遊今宮 143試合 .256 7本 45打点 7盗塁

3.中 柳田 135試合 .331 40本 103打点 36盗塁

4.一 内川 122試合 .301 13本 75打点 1盗塁

5.DH デスパイネ 118試合 .257 30本 88打点 0盗塁

6.三 松田(熱男) 123試合 .254 16本 57打点 6盗塁

7.左 中村晃 134試合 .291 3本 40打点 6盗塁

8.捕 甲斐 112試合 .235 4本 29打点 1盗塁

9.二 明石・本多 86試合 .245 3本 25打点 102試合 .233 1本 18打点 10盗塁

やはり今年もセカンドを固定できない気もしますが、期待の若手が出てきて面白くしてくれることを期待しております。

まとめ

さてさて優勝チームは楽天と予想しましたが、皆様はどうでしょうか?

しかもこれはたらればの話ですから、去年優勝を逃した悔しさもあるでしょうから必死にやってくると思ってます。

ちょっとまだ選手層が薄い感は否めないですが若手の急成長とローテーションがうまく回ることを予想しました!

次回は3位から戦力分析をしたいですね!!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2018 All Rights Reserved.