プロ野球とオフ会と私

オリックスは2019年も弱い?理由は貧打線?なぜ打てない?

 
igai
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちはー!野球ブロガー兼オリックスファンの”ひらっち”と申します。さてさてオリックスバファローズですが2019年もたくさんの評論家の方から最下位候補と呼ばれ、シーズンインしてフタを空けてみるとやはり予想通り低迷しています。

新しく就任した西村監督の采配なのか、戦力なのか、オリックスが2019年弱い原因はどこにあるのでしょうか?筆者なりに見て分析をしてみたいと思います。

オリックスバファローズが2018年弱い理由を考察!

去年から続く貧打線!パリーグは打てる・得点が入るチームが勝てる!

オリックスが弱い理由としてまず挙げられるのが貧打線でしょう。投手力はそれなりに良く、失点数は565とリーグ最少で2018年もチーム防御率は3.69と安定していました。先発はアルバース、田嶋が台頭、中継ぎは山本由、抑えは増井が安定していました。しかし打線はチーム打率.244、得点数は538点と平均得点は3.76

西武ライオンズの792点、ソフトバンクの685点から圧倒的に引き離されています。

昔は投手力が良いチームが勝てるのがセオリーでしたが、パリーグはDH制も導入されてるのもあるのもあり、打撃力で勝てるというのも必須項目になっているのかもしれません。

西武ライオンズ、ソフトバンクを見ると守備力も高い選手が多いので、守備力も勝つ為には必要かもしれませんが、オリックスも安達、大城とセンターラインは結構守備が多い選手が増えているので、それを考えるとあとはやはり打撃力かもしれません。

その打撃を見てみると去年は吉田正尚選手が孤軍奮闘しており、計算に入れていたT-岡田、マレーロ、ロメロ、中島、小谷野らが全員不調に陥るといった悪循環が続き、その流れを今年も続いているように思えます。

打てないのを補完するには走るしかない?1.2番の出塁率を改善も…

打てないなら走るしかないと2018年開幕当初は宗選手を抜擢しましたが全く打てず、後半戦からはルーキーだった福田選手を筆頭に大城、安達選手など走力を活かした野球も導入しはじめましたが、いかんせん出塁率が悪かったのでそこまで得点力の向上とはなりませんでした。

オリックス打線を見てみると走力はB、ミート力E、長打力Dといった所でしょうか?

しかし今年はミート力が上がり、福田選手と今年から台頭した西浦選手が好調で1.2番の課題は解決しつつあります。

福田選手は.378、西浦選手は.282と結果を出していますが、それ以外の選手が全く打てていなく絶不調の吉田正尚選手の.154を筆頭に新外国人のメネセスは.194、新人の頓宮は.211、大城は.188、若月は.156、T-岡田は.063、マレーロは.105、駿太は.100、安達は.000と全く打てていません。

打撃力向上にはメネセス選手、吉田正尚選手の奮起が不可欠!T-岡田、マレーロの代わりは杉本、伏見でカバーも

打つべきポイントゲッターメネセス、吉田正尚、マレーロ、T-岡田選手の奮起なしではオリックスの浮上は厳しいでしょう。特に

マレーロとT-岡田選手に関しては去年も低打率で足を引っ張っただけに今年も調子が悪いとなるとトレードや戦力外になる可能性も高くなるでしょう。

メネセス選手に関してはシュアなバッティングには定評があり、まだ新外国人という事もあり様子見状態。頓宮選手も期待の和製大砲という事もあり4.5月は我慢の時期かもしれません。

不振のマレーロ、T-岡田の代わりとしては伏見杉本選手あたりが良いかもしれません。

安達選手も二軍落ちしてしまったので、ショート、セカンドに安達、大城とは違う打力の高いタイプの選手をトレードで獲ってくるのもありかもしれませんね。確かに守備、走力は高いレベルですが、打力に関してはリーグ最下位レベルの選手なので、守備固めで使いたいのが本音でしょう。

正直これだけ主軸の打撃が悪いといきなり良くするのは難しいのかもしれません。そこは西村監督の手腕の見せ所ですしょう。

チーム打率をまずは.255、得点数を600点を目指すべし!やるべき課題は?

いきなり打線も良くならないと言いましたが、まずは福田選手、西浦選手の1.2番定着、出塁率の向上がカギと言えるでしょう。西浦選手に関してはまだ19歳と若い為、途中で息切れする可能性も高そうなので、そんな時打撃力の高い小田選手らがカバーすると良いでしょう。

1.2番で出塁率.350-.370、40-50盗塁がノルマではないでしょうか?

2019年は育成の年、我慢の年と位置付けして、吉田正尚選手の回りを固める必要性があるかもしれません。

それにはメネセス選手、頓宮選手の固定、マレーロ、T-岡田の代わりは伏見、杉本でカバー、ロメロの復帰待ち。

打力向上の為に、マレーロ、ロメロに代わる新外国人の獲得、安達、大城とは違うタイプの打力の良い選手のトレード実施は必要かもしれません。

まとめ

上記にあげて打開策このくらいは動かないと悪循環を脱するのは容易ではないでしょう。オリックスの投手力は良いと思うのであとは打線の底上げがあれば、おのずとチーム順位もあがるのではないでしょうか?と大胆な行動の年となりそうな2019年のオリックス打線ですが、西村監督には頑張って欲しい所です。

吉田正尚が不振・不調の原因は侍ジャパン?打ち方・打撃フォームの狂い・怪我の可能性は?

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2019 All Rights Reserved.