プロ野球とオフ会と私

岡本和真不調から脱出か!?性格が功を奏した?4番としての評価は?

 
dome
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちはー!12球団野球ブロガーのひらっちと申します!今回は最近14号ホームランを打って以来32打席約8試合程ヒットが無かった訳ですが、長いトンネルを抜けて33打席目でようやく快音を聞くことができました。

高橋監督もその内打つでしょといって4番を外しませんでしたし、岡本に関しては一時的な疲れからなのか、フォームを崩して不調に陥っていただのかもしれません。

現在の岡本和真選手の成績ですが74試合.299 14本46打点 出塁率も.373と上々の成績を残しています。今後岡本は不動の4番として松井秀喜や原辰徳のような巨人の4番と言える選手に成長できるのか見ていきたいと思います。

岡本和真選手は4年目の選手で関西弁のお調子者?4番に向いてる?

さて4年目で遂にブレイクを果たした岡本選手ですがこれまでは決して順風満帆とは言えませんでした。ドラフト1位で巨人に入団し、原監督の時代から期待されてはいたものの、なかなかチャンスを掴めずにいました。

それを今年は秋キャンプから振りに振り込み、松井秀喜臨時コーチの指導や二岡打撃コーチとのフォーム改造の取り組みが功を奏して開幕からチャンスに強いバッターとして着実に成長していきました。

当初の4番候補はマギー、ゲレーロ、阿部などがいましたが軒並み不調であったため、その時3割を打って勝負強かった岡本が遂に89代四番として任命されます。松井秀喜高橋由伸阿部慎之助が生え抜きで4番として任命されましたが、その後は江藤、ペタジーニ、小久保、李、ラミレス、ギャレット、村田など外様の選手が4番を打つシーズンもありました。

しかし、現在長打を打てる日本人選手が岡本しかいない状態でゲレーロも不安定、マギーも長打力にかけるという点で、6月から4番を打って5本塁打を放つなどちゃんと4番の働きを担っていましたが、やはり実質レギュラー1年目で慣れない部分や疲れがドッと出てきたのかもしれませんがようやく長いトンネルも抜けこれからまた夏場に向けて岡本が打ちまくってくれることを期待しています。

岡本の性格ですが、よく表情がないボーッとしているなどと指摘する方もいますが、良い意味でマイペース冷静な部分もあると見ています。時に関西出身の人間だからか笑わせたりする一面もあるみたいですが、若くして結婚もしていますし、そんなにチャラチャラするタイプにも見受けられないので今後も野球に集中し、プレッシャーにも打ち勝てるマイペースな性格で10年、15年と巨人の4番道を突き進んで貰いたいですね!

岡本は4番には向いてる?ノムさんがずばり指摘も期待の裏返し

岡本が4番に向いているかという部分ですが、個人的には向いていると思っています。まず巨人で一番チャンスに強い打者であるという事、長打が一番打てる日本人打者であるという事、3番、5番でも十分役割を果たしますし、意外と適性な打順は多いような気がしています。

先日ノムさんも岡本についてスター性がないとぼやいていましたが、おそらく大谷や坂本のような華やかさの事を言っているのかもしれませんが、岡本もヒーローインタビューで人を笑わせたりするユーモアも持っていますし、割かし先輩には可愛がられるタイプに見えるし、巨人ファンからの人気も高いのでスター性はあると見ています。

今後3割30本100打点をマークするような江藤智選手に近い選手に成長するのではと見ています。江藤も若き四番として広島時代22歳くらいから活躍していましたから、ホームランはどのくらいまで増えるかわかりませんがチャンスに強いバッティングで将来的に100打点をマークする年が何回か出てくる年もあるかもしれません。

まとめ

さあ今年売出し中のヤングジャイアンツの中では一番の成績を残している岡本和真選手、今年は.265 20本打ってくれれば全然良いと思っていたので、ある意味期待以上の数字を残しチームにはかかせない存在になりつつありますね!! 今年は悪くても.275 25本 75打点、もし夏場に爆発すれば .315 30本90打点といきなり申し分ない成績を残してくれるかもしれません!後半戦の岡本和真選手に注目ですね!!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2018 All Rights Reserved.