プロ野球とオフ会と私

新人王候補2019年は誰を予想?パ・リーグ編!大卒・社会人が有利?

 
tourui
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちはー!野球ブロガーのひらっちと申します。2019年もこの時期だからできるタイトルの予想などをしたりしている筆者ですが、その中でもたった1度しか受賞できない賞があります。

それが新人王です。前回受賞資格や2019年のセ・リーグ各チームを分析しながら予想を立ててみましたが

今回はパ・リーグ編としまして各チームのいきのいい新人をチェックしながら予想をしてみたいと思います。

新人王候補2019年は誰を予想?資格保持者は?投手が有利?セ・リーグ編!

西武ライオンズは大学NO.1投手の松本航が候補か!?即戦力として期待

西武ライオンズといえば圧倒的な打撃力を武器にリーグ制覇を成し遂げましたが、投手陣は結構ボロボロでリーグワーストの防御率でした。そして牧田、野上の後は菊池雄星までチームを去るという状況の中で、逆に今年ドラフトで入団した選手はとてもチャンスがあるなと見ています。特に投手陣は即戦力として求められるでしょう。その中でも日体大出身ドラフト1位の松本航投手は総合力、完成度ともに高いので即ローテーションに入れると予想されます。

現在 多和田、榎田、今井、新外国人、内海、そして松本と1.2番手以外は年間投げ抜く力があるか疑問符が付くので3番手以降に入り込める可能性は高いでしょう。

松本航投手

大学時代は通算30勝をマークしMAX155kmの速球を武器に、チームメイトから楽天の則本投手に例えられるなど

身長は176cmですが、身長以上の大きさを感じさせる投手ですね。左足の上げ方、タメ方が独特であり、これがプロの打者と対戦した時に吉と出るかがポイントでしょう。

全く活躍しないか10勝近く勝つかどっちかのタイプと見ています。

西武打線は超強力なので7回3.4失点で抑えれば勝てる可能性はありますね。

勝ち星を稼ぐには長いイニングをいかに放るかがカギとなってきそうです。

予想 27試合 10勝12敗 防御率3.82

山野辺 翔 二塁手

西武打線の中核を担った浅村がFAで楽天に移籍してしまったのでセカンドというポジションがぽっかりと空いてしまいました。外崎がセカンドにコンバートが濃厚そうですがドラフト3位の山野辺選手がもし出てくるようだと面白そうです。170cmと背丈はないですが、パンチ力のある打撃と堅実な守備でアピールを続けています。あの名手、辻監督からも守備のイロハを指導されるなど、期待されている選手なので

120試合 .280 7本 50打点15盗塁くらいできれば新人王の可能性も見えてくるでしょう。

ソフトバンクは豪速球投手ドラフト1位の甲斐野か?ドラ2の杉山のスライダーも凄い!?

甲斐野央投手

去年は2位という成績ながら下剋上で日本一を勝ち取ったソフトバンクですが、ドラフトで獲得した選手もレベルが高そうです。

まずは東洋大BIG3の中で一番球が速く長身の本格派投手甲斐野ですが、大学時代はMAX159kmを記録するなど他の快速球投手の中でも群を抜いて球が速いです。変化球はフォークボールを

ソフトバンクの投手陣も層が厚いですが、甲斐野くらいのポテンシャルならセットアッパーからスタートして

結果を残せばすぐ抑えでもやれそうな逸材ですね。既にフリー打撃で柳田のバットをへし折るなど仕上がりの早さをキャンプではアピールしていました。

セットアッパーなら45-60試合 30H 防御率1点台後半から3点台前半を期待したいですね。フォームも大谷翔平に似ていますし、これはポストサファテとなり得る存在ですね!

杉山一樹投手

そしてドラフト2位で三菱重工広島から入団した杉山一樹投手もあなどれません。この投手も右の本格派で193cmとあの大谷翔平投手と同じくらいの大きさ。MAX153kmを誇るキレのある速球を武器に縦に落ちるというんでしょうか?縦スライダーもあの柳田選手に”エグッ”というコメントが出るなどプロでも通用するキレ味であの新垣渚投手に雰囲気として近いかもしれません。

杉山投手も先発で使うのか中継ぎで使うのか悩む部分はあると思いますが、まずは先発で試して適性を見るという感じでしょうか?ポテンシャルは申し分ないのでどこで起用するかによって成績も全然変わってくる投手のような気がします。

先発なら25試合 7-12勝 防御率は2.50-3.80の間くらいでしょうか?

中継ぎでも40-55試合 20-30H 防御率2点台~3点台前半に抑えれば新人王の可能性も出てくるでしょう。

日本ハムは吉田輝星投手に期待も1年目は無し?即戦力は生田目か?

去年は3位に躍進できた日本ハムですが、やはりまだまだ投手の層は薄いようですが、ドラフトでは吉田輝星投手を獲得するなど高校生の選手を5人も獲得するなど即戦力というより3-4年後を見据えての補強となりました。

その中でもドラフト3位の生田目投手は日本通運で社会人出身という事もあり即戦力として期待されています。

生田目 翼 投手

MAX155kmの速球を武器に多彩な変化球を操るタイプで先発投手として期待されています。

見た感じそこまでの威圧感は感じないタイプなので打たせて取るタイプなのかもしれません。

176cmと背丈もあまりないのでコントロールを磨いていけば可能性は高まりそうです。

先発投手として6-8勝をを目指したい所です。

オリックスは社会人入団が多いからチャンス?

オリックスですが、昔から社会人入団選手が他のチームより多いのが特徴です。

去年もドラフト1位で田嶋投手が6勝を挙げるなど、ドラフトで獲得した選手を即戦力として使ってもらえる球団といって良いでしょう。

頓宮 裕真 内野手

ドラフト2位の頓宮(とんぐう)選手ですが182cm 100kgと恵まれた体の強打の捕手として注目されていましたがプリ入り後内野手にコンバート。サードが濃厚なようです。

オリックスといえば内野は安達だったり、福田、大城、西野だったり守備や走塁重視の選手が多いです。ここで頓宮選手が打撃でアピールする事ができれば出場機会が増えそうな気もします。

どちらかというと小粒な選手が多い印象の強いオリックスですが頓宮選手がレギュラーの内野手になれれば打線の厚みが増してきそうです。

100試合 .270 15本くらい打てば新人王を狙える位置にいけるのではないでしょうか?

ロッテは東妻の投げっぷりがいい!ポスト成瀬の小島投手にも注目!

去年は5位に低迷し、投手の補強が必須となるロッテですが、今年はドラフト1位で大阪桐蔭から藤原選手を獲得。

柳田、吉田正並みのフルスイングで将来はロッテを引っ張るバッターになると思いますが高卒から活躍するのは稀な為、ドラフト2位の東妻投手をプッシュしたいと思います。

かつてジョニー黒木を彷彿、いえそれ以上かもしれません(笑)

マウンドでの佇まいや投げっぷりは村田兆治さんに近いタイプかもしれません。MAX155kmの速球はさることながら2種類のスライダーを武器にしてるようです。

まずは中継ぎのスタートとなると思いますが、結果を出せばいきなり抑えに抜擢という事もあり得るかもしれません。

55試合 4勝2敗 30H 防御率 2.86 くらいを予想しています。

楽天は2年目の近藤と辰巳選手に注目!!

さて去年最下位に沈んでしまった楽天ですが、若い選手には藤平や安楽、岩見、オコエなどいつ化けてもおかしくない選手がゴロゴロいるのも特徴のチームです。去年も田中和基外野手が2年目で新人王を獲得しました。

筆者は去年のドラフト1位の近藤投手と大学ナンバーワン野手の辰巳涼介 選手に注目しています。

近藤弘樹投手

去年は鳴り物入りで入団しましたが9試合の登板に留まり未勝利で終わりました。

まだ新人王の資格を持っていますし、速球は威力があるので変化球の精度が上がれば一気にブレイクするのではと見ています。右の本格派右腕として今年は先発ローテーションに定着してくれることでしょう。

24試合 9勝7敗防御率3.65 

と予想させて頂きます。

辰巳涼介 外野手

大学ナンバーワン外野手として注目されていた辰巳選手ですが走攻守3拍子揃ったタイプで

兎に角強肩が凄いとの評判です。守備だけでもすぐ一軍で通用するでしょう。打撃が課題かと思いますが

.270打てれば 20-30盗塁くらい稼げる走力の高さを持っています。

楽天も田中和基に次ぐスピードスターの到来を辰巳に託したい所です。

タイプとしては1.2.9番での出場が増えそうですね。とにかく強肩っぷりが凄いので魅せる選手としても期待したいですね。

120試合 .273 6本 40打点 25盗塁 と予想します。

まとめ

さてパ・リーグの新人王候補2019を挙げさせて頂きましたがいがかでしょうか。

本命 甲斐野、東妻

対抗 辰巳、杉山、松本

大穴 頓宮、近藤、生田目、吉田輝星

かなと見ています。とにかく甲斐野の速球と東妻の投げっぷりには注目したいですね!!

去年も山本由と田中和がブレイクしましたし、意外な選手が出てくる点も新人王の面白い所なので

筆者が挙げていない選手もどんどん出てきて欲しいですね!!

新人王候補2019年は誰を予想?資格保持者は?投手が有利?セ・リーグ編!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2019 All Rights Reserved.