プロ野球とオフ会と私

新人王候補2019年は誰を予想?資格保持者は?投手が有利?セ・リーグ編!

2019/05/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちはー!プロ野球を中心でブログで色々語っているひらっちと申します。

2019年も開幕まであと2ヶ月程といった所ですが、今だから言える2019年の新人王候補を予想しちゃうぞ編を2019年もやりたいと思います。

2018はセリーグはDeNAの東克樹投手がルーキー年で、パリーグは楽天の田中和基外野手が2年目で受賞となりました。

新人王というのは他のタイトルと違い一度しか獲れないものですからある意味若い人特有の違った価値のある賞といえるでしょう。

2018年は清宮、安田、中村と甲子園を沸かせたBIG3に注目が集まりましたがやはりプロの壁は厚く、高卒1年目から活躍は難しいようです。

今年も根尾、藤原、小園と高校BIG3に注目が集まりますが1年目からいきなり新人王を獲るような事があるのか

各チームの新人王候補を筆者の独断と偏見も織り交ぜながら是非とも語らせて頂きたいと思います。

新人王になる資格や条件はある?投手と打者で基準は違う?

さて日本のプロ野球の選手が新人王になるには一体どのような資格が必要なのか見ていくと…

支配下選手に初めて登録されてから5年以内の選手

投手は前年までの1軍での登板イニング数が30イニング以内の選手

打者は前年までの1軍での打席数が60打席以内の選手

海外のプロリーグ経験がない選手

となっているようです。

なので例えば社会人入団で30歳とかで入団した場合でも新人王は獲れる資格は持っているようです。

広島カープの新人王は誰?ドラフト獲得選手を見てみよう!

広島の新人王候補は色々いると思いますが来年レギュラーを獲れそうな選手が候補になるでしょう。

1位 小園海斗  遊撃手 右投左打 報徳学園高
2位 島内颯太郎   投手  右投右打 九州共立大
3位 林晃汰   三塁手 右投左打 智弁和歌山高
4位 中神拓都  遊撃手 右投右打 市立岐阜商業高
5位 田中法彦  投手  右投右打 菰野高
6位 正随優弥  外野手 右投右打 亜細亜大
7位 羽月隆太郎   遊撃手 右投左打 神村学園高
育成1位 大盛穂 外野手 右投左打 静岡産業大

と8名の選手を獲得しました。その中で即戦力というか1年目から1軍の可能性が高そうなのは

大卒の選手である島内投手と、あとは1位の小園内野手あたりが候補でしょうか?

2.3年目で期待されているのは捕手だと打撃の良い坂倉、走攻守3拍子揃った中村ですが、捕手は育つまでに時間がかかる為、新人王を獲るのは至難の技でしょう。去年のアドゥワ誠投手のようにいきなり中継ぎで大抜擢というのもあるので、2.3年目の選手の可能性も捨てきれませんね!!

今伸び盛りの選手を2軍の成績でチェックしてみると…

15盗塁をマークした桒原樹選手だったり、.337 20本塁打のメヒア選手あたりが野手では目立つくらいで、あと2軍で圧倒的な成績を残している投手は少ないようなのでなかなか予想が難しいですね。

アドゥワ投手も1年目の2軍成績は全然だったので、やはりオープン戦でいかに結果を残すかがカギとなってきそうです。

正直広島の野手の選手層でいきなりレギュラーを獲れる選手はなかなかいないと思いますのでチャンスがあるとしたら投手ではないでしょうか?

中継ぎ、抑えを酷使していますから故障や不調で抜けた場合は若手がチャンスを掴み取る可能性はありますね。

可能性があるとしたら2年目のサウスポーの高橋昂也投手かルーキーの島内颯太郎投手あたりではないでしょうか?

152kmを投げる本格派で大瀬良投手の後輩でもあります。日ハムの金子投手を参考にしているみたいです。

先発6番手で高橋昂投手かドラフト2位の島内投手あたりが入って6-8勝すれば新人王候補になりますし、中継ぎで50試合以上防御率2点台でも十分候補に挙がってきますね。この2人の飛躍に注目してみたいと思います。

ヤクルトスワローズの新人王候補は誰?村上宗隆の爆発はあるか?ドラフト獲得選手も見てみよう!

ヤクルトスワローズといえば懸念されているのがベテランが他のチームに比べて圧倒的に多い事。

ベテランがひしめいている為、なかなか若手が出て来れないという部分はあるのかもしれませんが、筆者が注目しているのは筒香2世と言われている2年目の村上宗隆三塁手ですね。

プロでは三塁手として育てていく方向みたいですが、かつて活躍した岩村選手と結構被る要素が大きい選手です。打撃フォームや体格は全然違うんですが、足が速くて長打が打てるという部分は共通していて

村上は見た目は足が遅そうですが、去年は二軍で16盗塁をマークするなど足もプロレベルであることを証明しています。三塁手には元首位打者の川端選手がいますが怪我が多く32歳とややベテランの域に差し掛かっていて

長打もないので村上とはタイプも被らず、村上を早くから育てるプランがあるなら三塁手で競わせても面白いかもしれません。6.7番を打たせて一軍に定着すればいきなり20本塁打くらい打てるポテンシャルはあるのでヤクルトの若手で一番の注目株ではありますね。

既にシーズン30試合程消化で7本塁打をマークしているので我慢強く首脳陣が起用してくれれば20本クリアも射程圏内でしょう。

あとは国学院大学からドラフト1位で獲得したMAX151キロの本格派右腕清水昇投手も候補に入るのではないでしょうか。

即戦力投手として期待されていてストレート、スライダー、カーブ、フォークを投げ分け総合力で勝負するタイプで、現在ヤクルトのローテーション投手は小川、ブキャナン、石川、原、そして日ハムからトレードで来た高梨と新外国人投手が候補で正直小川とブキャナン以外は不安定な状態なので十分チャンスはあるでしょう。もし打線とうまく絡み合えば

二桁勝利も可能なチームだけに大車輪の活躍が期待されています。ヤクルトは2年目の村上宗隆とドラフト1位の清水昇投手に注目です。

読売ジャイアンツは高橋優貴投手の評価が良い!?打者で可能性はある?

去年オフには丸を中心にたくさんの選手を獲得し血の入れ替えを行った巨人ですが、2002年当時の阪神タイガースに似た雰囲気を持っていますね。

やはり野手はなかなか新人や若い選手がいきなりレギュラーを獲るという空気は今年はないかもしれませんね。

投手陣ですが、去年はマイコラスの穴が埋まらない所か田口が絶不調で実質菅野以外は不安定な先発ローテーションに崩壊気味の中継ぎ、抑えとなかなか固定できませんでした。

この枠の中に入ってきそうなのが2年目の鍬原投手とルーキーの高橋優貴投手ではないかと筆者は見ています。

鍬原投手はコントロールに不安を残すなど1年目は結果を残せませんでしたが原監督は抑え投手としての起用を考えているそうです。確かに落ちるシンカーという武器を持っていて奪三振率が高いのでコントロールが改善されれば

セットアッパー、もしくは抑えとして50試合程登板機会があるかもわかりません。

高橋優貴投手は貴重な左投手としてまずは5.6番手から先発、もしくは中継ぎで出番があるでしょう。

鍬原高橋優貴が中継ぎで50試合以上防御率2点台もしくは先発で10勝を記録するようなら巨人の優勝の可能性も上がりますし、新人王の候補としても十分考えられるでしょうね。

DeNAベイスターズは3年目細川選手に注目!?ドラフト選手の候補は誰?

DeNAの新人王候補といえば将来の和製大砲細川成也選手にやはり目が離せません。

ラミレス監督も細川の打撃のポテンシャルには注目しており、40本打てる可能性があるとコメントするなど高く評価しています。

ただDeNAは大砲候補よりもどちらかというとロペス、筒香、宮崎、ソトとクリーンナップは揃っていて1.2番タイプがなかなか育っていないので、今のDeNAの状況を見たら今すぐ育てたいという選手ではないのかもしれません。

しかし細川はアピールポイントは打撃だけでなく足、肩でもアピールができるので、使いづらいタイプというワケではなさそうです。6.7番で気楽に打たせる育成期間があれば15-25本くらい打てるかもしれません。

まずは100試合 .250-.280 10-15本 40-60打点あたりがノルマといえるでしょう。この数字が残せれば新人王を獲る可能性もあるといっていいでしょう。

DeNAはドラフトで1位の東洋大学の上茶谷投手と社会人で日鐵住金鹿島から大貫投手を獲得しています。

上茶谷といえば大学時代1試合20奪三振を記録したように驚異的な奪三振率を誇ります。与四球率も低いとの事ですから先発もしくはセットアッパーとしての起用が考えられるでしょう。

DeNAは去年、今永、濱口、ウィーランドの3本柱が全員こけて苦しい状況でした。そこに上茶谷投手がローテーションに入って1年目から規定投球回到達二桁勝利をあげるような事があれば新人王争いに食い込んでくれでしょう。

DeNAは3年目の細川外野手が100試合以上の出場で20本塁打の大化け、即戦力の上茶谷投手が先発で二けた勝利、大貫投手が中継ぎで50試合以上登板などを記録すれば新人王を獲る可能性があります。

中日ドラゴンズはゴールデンルーキー根尾に注目!立浪以来30年ぶりの高卒新人王なるか!?

中日ドラゴンズといえば4球団競合の末獲得した根尾昂選手にやはり注目が集まるでしょう。

大谷以来の二刀流で育てるという可能性もありますし、野手1本で早く一軍で活躍する可能性もあります。

適性ポジションはどこでも守れますが身体能力を活かしてショートがセンターが有力視されています。

プロのスピードと年間143試合を戦い抜く体がちゃんとできているのか。そこがまず新人王の前に高卒野手としてクリアするポイントとなるでしょう。中日では30年ほど前立浪和義選手を当時監督だった星野監督がショートに大抜擢、夏場以降スタミナ切れで打率を落としましたが年間通しての出場と22盗塁が評価されて新人王を高卒ルーキーで獲得しました。

特にプロからも絶賛の野球頭脳とセンスを持っている選手はなかなかいないとの声が高いですが果たして1年目からレギュラーを掴み取る実力と運を持ち合わせているのか注目ですね。ショートは京田、センターは大島がいる為、

いきなりレギュラーというのは難しいかもしれませんがプロ野球ファンはそこのポジション争いを注目していると思うので1年目で100試合以上出場 .250-.280  3-10本 25-50打点 10-20盗塁を記録すれば新人王の可能性は出てきますね。

ドラフト2位の東洋大の梅津投手も長身で球は速く変化球も鋭いというポテンシャルを秘めている本格派投手との評判ですし、3位の勝野投手も中継ぎで出番がありそうなので選手層の薄い中日ならチャンスが多いかもしれませんね。梅津投手は先発でも抑えでもいけそうなのでこれは期待大です。

田島がピリッとしなければ梅津が抑えという可能性もなきにしろあらずでしょうね。

去年も2年目の藤嶋投手が出てきたり若手投手で伸び盛りの投手は多いのでチャンスは十分あるでしょう。

阪神タイガースはドラフト1位の近本選手に期待大!?投手は?

阪神タイガースといえば打線に課題を持っているチームなのでやはりドラフト1位の近本光司選手に注目が集まっているようです。俊足巧打のバッターでありOBの赤星さんに似ているとの事で赤星2世の異名を取っているそうです。しかし赤星よりはパンチ力がありそうです。インタビューなどを見てもしっかりしており、頭の良いタイプの選手のようです。

俊足を活かすにはやはり打たないと話にならないわけですが、同じ外野手には江越、高山、中谷でレギュラーを争うと思います。福留が40越えでもうレギュラーでは厳しい年齢に差し掛かってきているので近本にはセンターのレギュラーを取って欲しいと矢野監督も思っている事でしょう。高山は守備、江越は低打率、中谷も打撃にムラがあるなど

課題を抱えた選手が多いので守備範囲の広さでアピールできればレギュラーを獲得する可能性はありますね。

筆者的に阪神ではドラフト4位の齋藤友貴哉投手が結構活躍するのではと見ています。ストレートは最速153kmですが質がとても良く、セットアッパーとしてなら一年目から60試合 30Hくらいするポテンシャルがありそうです。

ただでさえガルシア、西と先発投手を補強して投手力ではセリーグ屈指のレベルまで上がっているのでこれで齋藤もしっかり出てくるようだと優勝も狙えそうな位置につけそうです。

まとめ

ドラフトで入団した即戦力の選手と入団2.3年目の資格が残っている選手でブレイクしそうな選手を中心に語らせて頂きました。

ヤクルトの村上宗隆選手なんかはとても高卒1年目とは思えない風格を漂わせていましたし

BIG3の小園根尾選手のポテンシャルは1年目から見てみたい気もします。

筆者的には阪神ドラフト4位の斎藤友貴哉投手はとても4位まで残っているような投手ではないですし、良く残っていたなとびっくりするばかりです。長身の上茶谷投手も先発で起用するなら左投手が多いチームなので面白いと思いますし、近本光司選手がセンターに定着するようなら矢野監督が目指す足を使った野球にぴったしの気もします。

ヤクルトの清水も選手層の薄いヤクルトならチャンスを掴んで一気に飛躍というパターンもありそうです。

本命 斎藤友貴哉 投手 (阪神)

対抗 村上宗隆 内野手 (ヤクルト)、高橋優貴 投手(巨人)

穴  近本光司 外野手 (阪神) 清水昇 投手(ヤクルト)、島内颯太郎投手(広島)

大穴 根尾昂 内野手(中日) 梅津 投手(中日)

※あくまで筆者の独断と偏見で決めています。

さて皆さんはどの選手が新人王候補でしょうか??

チーム状況なども加味して決めてみましたが、はじまってみないとわからない部分が多々あるのと

去年のアドゥワ投手のような意外な選手が出てくるのプロ野球の醍醐味だったりするので今年もこんな投手がいたんだという投手を見てみたいものですね。

新人王候補2019年は誰を予想?パ・リーグ編!大卒・社会人が有利?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2019 All Rights Reserved.