プロ野球とオフ会と私

中継ぎエスコバーの球速がヤバイ!性格は陽気?球種 持ち球は?頭の様子も気になる

 
kyuujou
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちはー12球団、外国人選手も結構好きな野球ブロガーのひらっちと申します!

今回は日本ハムからDeNAに移籍して2年目圧倒的な球威でベイスターズの中継ぎを支えている救世主的存在

エドウィン・エスコバー投手について語れればと思っています。

日本のサウスポー投手で一番速い投手と言われれば西武の菊池雄星投手が思い浮かぶと思いますが

セリーグで一番速いサウスポーと言われればこのエスコバー投手をあげざるえませんね。

とにかくストレートで押す、押す、押すという、巨人でいうとマシソンに匹敵する球威との評判なのでエスコバー投手のあれこれをこれから伝えていけたらなと思います。

筒香の性格は?怪我に強い?守備が下手でバッティングだけでメジャーは厳しい?

元々は日本ハムに2017年に入団もふるわず同年7月にDeNAにトレード!

エスコバー投手の簡単なプロフィールを挙げさせて貰うと…

名前 エドウィン・エスコバー

生年月日1992年4月22日(26歳)

身長 188cm

体重    102kg

投打 左投左打

出身 ベネズエラ

キャリア ジャイアンツ傘下(2010~)→レッドソックス(2014)→ダイヤモンドバックス(2016)→日本ハム(2017)→DeNA(2017年~)

背番号 62

妻子 独身

年俸 5500万円

と簡単な経歴を書かせてもらいました。お父さんホセ・エスコバーは元メジャーリーガー

ベネズエラ出身でアメリカでは16歳にレンジャーズと契約したのが初キャリアでその後トレードでジャイアンツに移籍

1A、2A、3Aと徐々にキャリアアップし、2014年にレッドソックスへ移籍、1試合だけメジャーで登板、これがメジャー初登板になります。

しかしその後芽が出ず、ダイヤモンドバックスやインディアンスに移籍後2017年に日本ハムと契約し転機が訪れます。

日本ハムでも外国人枠の関係などがあり14試合の登板のみでDeNAの黒羽根捕手と1対1のトレードでDeNAに移籍

ここでようやく自分の居場所を確立しはじめます。

DeNAに移りコントロールが改善され持ち前の球威で押すスタイルが冴え始める

DeNAに移籍すると中継ぎが崩壊していた為、エスコバーにもたくさんの登板機会が与えられます。マイナーでの先発経験からスタミナもあるのでワンポイントからロングリリーフまで様々な場面での起用が目立ち

2017年は27試合1勝3敗2S7ホールド 防御率3.44と なかなかの成績を残し残留を果たします。

日本ハム時代はコントロールに難がありましたがDeNA移籍後はそれが改善されます。

ツーシーム・スライダー・カーブ・チェンジアップと多彩な変化球を持ちますが、ストレートの割合が6割以上と高くあとはスライダーが2割、シュートとチェンジアップが1割くらいでしょうか?

ストレートが常時150km-152km前後を記録してさらに球持ちも良いですからバッターはなかなか速球だとわかっていてもなかなか当たらないタイプの投手かなと身長も188cmと長身で球持ちも良くて速球が速いサウスポー投手と言うのは日本にはなかなかいないタイプなので2018年も重宝して使われ続けています。

筆者がエスコバーを見た印象としては全盛期の野村貴仁投手やロッテの河本投手のように速球でグイグイ押してスライダーで横のゆさぶりをかけるタイプに似ていますね。

彼ら以上に長身なのと球速がワンランクアップしているので打ちづらいでしょうね。

コントロールも割かしアバウトですから的がしぼりにくいのもあるでしょうし。

8月19日の広島戦では何と158kmをマークし、26歳とまだまだ伸びしろがあるのでもしかしたら今後160km以上計測してくる可能性を秘めたポテンシャルを持つ投手といえるでしょう。

エスコバーの性格は?年齢の割にちょっと髪の毛が薄いのもチャームポイント!?

エスコバー投手は南国のベネズエラ出身ですからきっと陽気なムードメーカータイプなんだろうなと思っていましたが

結構真面目なタイプでラミレス監督やロペス選手も真面目なタイプのベネズエラ出身なのでDeNAというチームに割と馴染めているのではと筆者は見ています。

まだ26歳という伸びしろのある年齢ですが、髪の毛に関しては既に退化が始まっており、そちらの伸びしろは無さそうです(笑)

年齢と見た目の老け顔?のギャップから結構チャーミングな選手だと思われているようで人気も徐々に上がっているとかいないとか…あの鉄人で鳴らした衣笠幸雄さんに似ているとの声もあり…

まとめ

今年は40試合2勝2敗 10H防御率3.92と最近は結構打ち込まれてしまい、防御率がだいぶ上がってきてしまっていますが

調子が良い時のエスコバーは手がつけられないですね。年俸も5500万とそれ程高くないし、なかなかいないタイプの投手なのでまだまだ日本でやれるのではと筆者は見ています。

コントロールはアバウトですが、それがエスコバーの持ち味でもあるしこのスタイルで当分はいけるでしょう。

四球を連発するほど悪くなければそれなりに球が散る分は悪くないと思います。

今後は速球の威力を保ったまま変化球を磨き、より打ちづらくするためにフォームを少し工夫するかコントロールを改善するかピッチングの組み立てを変えてみるか少しの変化によってさらに化ける可能性を持った投手だと思うので長く日本で活躍して欲しいなと思いますね!頑張れエスコバー!!

ラミレスは有能?無能?名将か迷将か?監督の采配について

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2018 All Rights Reserved.