プロ野球とオフ会と私

松坂大輔はいる?いらない?手投げは解消?2018年契約延長はある?鍵となるのは変化球か!

 
globe
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちはー!後半戦もどしどしやっていきます。野球ブロガーやっています”ひらっち”と申します!

さて今回は前半戦人気投票ですが12年ぶりにオールスターにも出場し、変化球投手としてモデルチェンジした松坂大輔について語って

いきたいと思います。前半戦はハラハラドキドキな場面も多々あり、中10日で投げてくれればOKと言われる程、森監督からは身長に大切に扱われていた気がしますが…フタを開けてみれば7試合3勝3敗 防御率2.41と予想を反する活躍でひょっとしたら5勝-7勝、カムバック賞もあり得るかもという位置につけています。

筆者も松坂の登板を多数拝見させて頂き、何とか抑えてくれーという気持ちで見ていました。

そんな松坂ですが、後半戦も中日と戦力として必要でしょうか?痛めた怪我の具合は?契約延長か引退か

色々な側面から語っていきたいと思います。

中日松坂経済効果はどのくらい?巨人戦先発で注目度MAX!!

ソフトバンク時代はメジャー帰りの弊害か手投げの傾向が!?リハビリを経てだいぶ直った?

2015-2017年の3年間は松坂にとって苦悩の時間でした。何試合か自分も見ましたが、どう見ても手投げに見えて下半身が使えていない気がしたのです。これはメジャー帰りの投手にありがちなパターンですが、どうしてもメジャーの固いマウンドに対応するためにああいうフォームになってしまうみたいです。今年メジャー帰りの上原もそんな感じでした。

ただ今年の松坂を見た感じ、前に比べて下半身を使えるフォームに戻ってきている感があります。

やはり肩の調子が良いのでしょうか?気にする素振りがなく、それが安定したフォームをうめている要因かなーと見ています。

後半戦はどんなピッチングを見せてくれるか?内容によっては契約延長も。

先日既に来年は1億円以上アップとの報道が出ていましたが、正直とんでもないという感じですが、経済効果としては確かに1億円以上の貢献度はあると思いました。

しかしそれも後半戦の活躍次第という形になるでしょう。前半戦は1ヶ月に2試合という感じでしたので8.9月10月と5-6試合の登板チャンスはあるかもしれないのであと2-3勝してくれたら良いのではないでしょうか?

通算164勝で何年も止まっていましたがもし今年6勝するような事があるとしたら通算170勝とキリの良い数字に届きます。

尊敬している桑田投手が173勝、西口投手が182勝ですから来年も6-7勝を2年続けることができるとすれば先輩を越える

可能性も出てきますね。ボロボロになるまで投げるといっていましたし、現在1500万円で5000万円程度なら中日としてもあと2-3年はやってもらいたいと思っているかもしれませんね。そもそも中日にはエース、スター選手とも皆無なので

松坂が現役でそこそこ頑張ってくれるだけでも若手のお手本、チームの観客動員数にも貢献してくれる事でしょう。

その松坂ですがメジャー経験で身に付けたムービングファーストボールがこの年になって活きてきてますね。

ストレートがシュート回転する事で、内野ゴロの山を作れるでしょうし、スライダーのキレは相変わらず良いし、チェンジアップも使えます。持ち前のコントロールの悪さで的を絞らせない円熟味のあるピッチングを続ける事ができれば、後半戦もギリギリで

抑えるピッチングが見れるかもしれません。とはいっても故障が癒えているのかがカギとなるでしょう。

まとめ

さて松坂も晩年になり、変化球でモデルチェンジを果たす事ができました。変化球主体のセリーグの野球に今の松坂がフィットしていたのかもしれませんし、ナゴヤドームのマウンドが合っていた、ユニフォームも合っていた(笑)とあらゆる面で松坂の味方になってくれている感があります。目指すはやはり山本昌や岩瀬のような息の長い投手でしょうか?

長い野球の歴史でもあそこまで落ち込んで復活した投手で200勝以上挙げたのは村田兆治さんくらいしかいませんが

松坂が村田兆治になることができるのか、37-41歳の5年間でどれだけの勝ち星を挙げれるかにかかってると思います。

松坂はもちろん必要でしょう。頑張れ!松坂^^

 

松坂大輔中日で復活なるか!?初登板2018年巨人戦

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2018 All Rights Reserved.