プロ野球とオフ会と私

丸佳浩がFA宣言?移籍か広島残留か?巨人やロッテが候補?地元の千葉愛はあるか!?能力的にメジャーもあるか?

 
kiyomiya
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちはー!12球団野球ブロガーのひらっちと申します。日本シリーズもソフトバンク日本一で決まり、さてさてという感じですが、次ストーブリーグを賑やかにするのはどの話題かといったらやはりFA宣言の話題でしょう。しかも主力級の選手が宣言するとなると、どこのチームもうかうかしていられないと思いますが、今年の注目選手として広島3連覇でMVP級の活躍を果たした丸佳浩選手にスポットライトを当ててみたいと思います。

もはや不動の3番打者としてチームに無くてはならない選手まで急成長をとげ、打撃、守備ともに超一流のレベルまで押しあがっていた今が売り時の選手ですので一体残留宣言なのか?他球団移籍なのか?それともメジャー挑戦なのか見てみたいと思います。

丸佳浩が怪我復帰後ホームラン連発!前田智徳に似たタイプで顔がでかい?性格は?メジャーはイケる?

元々は盗塁王を獲得するなど足の速さが売りのバッターが長距離砲に覚醒!?

丸選手といえば高校時代は投手兼任外野手でしたが高校通算49本塁打の打撃力を買われプロではバッター専念で生きていく道を選びます。広島伝統の猛練習に耐えながら徐々に力をつけていき、プロ入り3年目の2010年に一軍初出場を果たします。出番が増えたのは2011年、当時の監督ノムケンこと野村謙二郎監督から抜擢され、一軍レギュラーに定着

.241 9本50打点9盗塁と平凡な数字に終わりますが、131試合に出場。将来の主力選手として我慢強く起用されます。

2012年は結婚し、野球に専念する環境を確保、2013年は自慢の俊足を活かし29盗塁で初タイトルを獲得!打撃も.273 14本塁打と徐々に成長を見せていました。この年は自慢の守備力も評価を受けてゴールデングラブ賞を獲得し、安定感抜群の外野守備でゴールデングラブ賞常連になっていきます。この頃から85四球を選ぶなど選球眼も売りの1つでした。

元々あのレジェンド前田智徳選手のようなバッターを目指していた事もあってか成績も前田氏に徐々に似てきました。2014年はあの緒方孝市氏の背番号9を受け継ぎ、初の3割を記録し.310 19本67打点26盗塁と抜群の成績を残し、初のベストナインも獲得!広島の主力バッターへと成長を遂げていきます。この頃は菊池とともにチームを引っ張る存在へと成長していましたが2015年は打撃不振で打率は.249(ただ四球は94を記録)と低迷し、チームも優勝候補と騒がれながら4位に。

2016年に守備走塁コーチから打撃コーチに就任した石井琢朗氏の元、間の取り方などの修正に着手し、打撃陣の意識改革を行った所、丸の打撃もこの年からさらに向上の兆しを見せ、不動の3番打者として定着します。

この年から広島の3連覇が始まる訳ですが、得点力が飛躍的に向上!次第に丸の打点数も飛躍的に向上し!ここ3年間は90打点以上をマークします。2017年はMVP、そして今年は長打力もアップし39本塁打130四球、出塁率.468と驚異的な数字をあげ、日本を代表するバッターとして成長を遂げました。

 

FA市場では引く手あまた!外野手が手薄な球団はどこ?千葉県出身の地元愛もある?

毎年のように成長を遂げMVP1回ベストナイン3回、ゴールデングラブ賞5回と素晴らしい実績をあげてきた丸ですが、年俸は2億1000万円からどれくらい上積みがされるのでしょうか?おそらく広島なら3億5000万くらいが妥当な額な気がしますが、FA宣言となると巨人を筆頭にマネーゲームを仕掛けてくる球団も多いでしょう。丸くらいの実績と年齢を考慮すれば契約年数4-5年で20億くらいの大金を手にいれることも巨人、ソフトバンクあたりなら可能かもしれません。守備、打撃も超一流で今油が一番のっている時期なのでどの球団も欲しいでしょう。

地元が千葉だけに千葉ロッテが獲得に動く可能性は十分ありますね。特に井口監督は現在スケールの大きい野球をやりたがっていますがチーム事情的にスモールベースボールをやらざる得ない。そんな中丸選手のような不動の3番打者を獲得できればチームもかなり変わっていくことは間違いないでしょう。荻野選手も怪我がちで年間で出ることは厳しく

丸、井上、角中のクリーンナップコンビは魅力的なうえ、成長段階の平沢、安田、今年獲得した藤原が3-4年後出てくる事を考えれば、今後の楽しみが間違いないでしょう。

FAといえばやはりマネーゲームのできる巨人ではないでしょうか?原監督が復帰し、自身のカリスマ性でたくさんの有望な選手を獲得してきました。特に今年の外野陣は陽、亀井、長野、そしてゲレーロですが小粒感が否めない状態です。

ここに丸がどっしり入る事になれば打撃の悪い選手がはじかれてしまう形になりますがやはり競争ですから。

引退報道が出ているマギーの抜けた3番の穴を埋めるには丸なら十分すぎるくらいでしょう。丸、岡本の3.4番コンビも新鮮といえば新鮮かもしれません。

 

まとめ

さてFAですが丸選手の評価は急浮上することは間違いないでしょう。広島に育ててもらった恩を優先して残留するか、自分を一番評価してくれる球団に移籍するか、地元愛を貫き千葉ロッテにいくか、はたまた自分の可能性を試すべく大リーグを目指すか色々な道を選択できる状態といえるでしょう。個人的には4連覇を目指して広島に残留するのが一番安泰な気もしますが、これからロッテを強くしたいという気持ちがあるならロッテ移籍もありかもしれませんが、まだまだ発展途上のチームなので結構ギャンブル要素も強いですね!何はともあれ正しい選択かどうかは今後の成績次第になるとは思うので、自分が後悔しない道をしっかりと選んで欲しいですよね!!

プロ野球FA2018移籍予想!成功条件は?丸や浅村や西や中田翔は2019年どこのチーム?

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2018 All Rights Reserved.