プロ野球とオフ会と私

槙原寛己は昔は天才速球投手で完全試合も達成した凄い才能!現在はトークが面白いおじさん?

 
globe
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちはー!野球ブロガーのひらっちと申します。今回はプロ野球界のレジェンド編と致しまして

リアルタイムで現役時代を見ていた選手を中心に書かせて頂いてる中で現在は解説者として活躍されている巨人の元エース槙原寛己(まきはら・ひろみ)投手についてお伝えできればと思っています。

自分が見ていたのは現役中盤の長嶋監督時代ですが、まだ先発3本柱の一人として巨人を支え通算159勝もマークした投手です。(平成の巨人投手では誰も達成していない数字)

今はちょっとトークが面白いおじさんというイメージが強い野球ファンも多いかもしれませんが、立派なレジェンド投手の一人なのでエピソードを踏まえて語っていきましょう!!

巨人FA補強獲得歴代過去の選手は?成功より失敗が多く末路が悲惨でその後は?原監督時代編

高校時代は当時最速を記録するなど豪速球投手として名を馳せる

1980年代の槙原投手は愛知県では有名な剛速球投手で現ソフトバンク監督の工藤と並び注目されていました。

今や大谷が160kmをマークしていますが、当時最速の147kmを記録した投手でもあったので巨人にドラフト1位指名後、若い頃は球が速い投手としても有名で、プロ入り後155km(当時最速)を記録するなど2年目でいきなり12勝9敗を記録するなど活躍。よくバース、掛布、岡田の3連発で話題になってしまう今日この頃ですが、1980年代も二けた勝利を4回記録

1988年には奪三振王、1989年には故障した為、オールスターまでの出場ながら防御率1.79を記録するなど、素質では斎藤、桑田を凌ぐ投手と言われていました。この1988年、1989年が槙原の全盛期といえたかもしれません。

その後も試行錯誤を繰り返し当初は速球とフォークで押すピッチングからスライダーを覚えたり、セットポジションで最初から投げるスタイルに変えるなどピッチングが徐々にまとまっていき、コントロールの良い本格派投手に変化し1993年は自己最多の13勝、1994年は完全試合を達成し優勝に貢献するなど活躍し、90年代も二けた勝利を5回達成しています。

現役晩年はチーム事情から奪三振が取れる理由で抑えを任され3年間で56Sをマークするなど全盛期は過ぎていたが

抑えの適性も見せ、2001年に引退。現役生活20年間で159勝をマーク。

斎藤180勝、桑田173勝に次ぐ記録で巨人の平成以降入団選手でこの3人を超えた投手はおらず

いかにこの3名が優れていたかがわかる数字ですね。(平成以降 上原が134勝128S、内海が133勝をマーク)

槙原はネタが多い(笑)??有名なエピソード集3

槙原投手といえば素質、実力はあるのにどうも3枚目の要素が強いというか、そんなファンを楽しませる要素をたくさん持っていました。

まず語り継がれているのが1985年のバース、掛布、岡田の3連発でしょう。

この年の阪神打線は歴代記録を作るくらい強力打線で打たれた槙原も茫然とするだけで終わったそうです。

他にも1988年前日花火で遊んでいた時やけどし水膨れができてしまい、それを隠して登板したが、その試合の途中で破れてしまってそれを解説の江川氏が見てマメが破れて血が出てながらも気迫の投球と解説し、その後のぶっちゃけエピソードとして笑いをとっています(笑)

1994年は広島戦で完全試合を達成し、その後25年間誰も完全試合は達成していないので未だにMr.Perfectとして語り継がれているくらい槙原のBEST GAMEに選ばれる事は多いそうです。

1999年には阪神の新庄に敬遠球を打たれてサヨナラ負けした投手として名を馳せている。この時は槙原投手もカッカして茫然とした表情でマウンドを降りる姿が印象的でした。

引退後は解説者に転身、軽快なトークで好評、臨時コーチも

引退後はコミカルなキャラクターがウケてTBSの野球解説者として好評なようです。S1では爆笑問題の田中や野村元監督と

コミカルややりとりなどで人気を博していました。あれだけの実績を積み重ねたのだから指導者としての道も気になる所ですが

2007年には臨時コーチを努めるに留まっています。

まとめ

生え抜きで引退したにも関わらず臨時コーチに呼ばれるに留まるというのはよほど巨人のコーチ枠が競争が激しいか、FA宣言をしようと試みた1993年オフの影響もあるのかもわかりません。この時は自分の評価に不服で他のチーム移籍も視野に入れましたが、長嶋監督に説得されて残留、その後は1994,1996,2000年の3度の優勝を経験する事ができました。

個人的にはこれほどの実績を残した投手なので投手コーチとして手腕を発揮して欲しかったですが、解説者、タレントとしての活動が性に合っているのかもしれません。生え抜きの選手だと他のチームからのオファーがないので指導者の道が狭まったのかもわかりませんが、一度巨人の投手コーチとして見てみたいですね!それまではタレント・解説者として期待したいと思います。

巨人FA補強歴代選手は?成功より失敗が多く取り過ぎで使い捨ての末路が悲惨?長嶋監督時代編

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2019 All Rights Reserved.