プロ野球とオフ会と私

ロッテレアード絶好調でホームラン連発!寿司ポーズネタも継続!日本ハムに返しての声も

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!野球ブロガーの”ひらっち”と申します!さてさて今回はロッテ・マリーンズに移籍後に開幕4試合連続ホームランで既に7本と量産体制に入っているブランドン・レアード選手について書いていきたいと思います!

日本ハム時代は4年間で131本を量産!2016年には39本塁打でホームラン王に輝くなど長打力はお墨付きの選手ですが、なぜか日本ハムを自由契約になりロッテに移籍となりました。

ロッテの救世主と言っても過言でもないレアード選手の貢献度、お得意の寿司ポーズネタまで書けたらと思っています。

ロッテのチームホームラン数激増の理由は2019年!ラグーンの効力は大きい?今まで少なかったのは球場のせい?

開幕からホームランを量産!本塁打王になる可能性もあり!日本ハムが返しての声も

開幕当初は井上が4番、角中が5番だった為、6番と下位打線を打つことが多かったのですが、10試合で.405 7本11打点とまさかの大爆発!開幕10試合で7本塁打は2009年の金本選手(阪神)以来の快挙のようです。年間100発ペースと騒がれていますが果たして何本くらい量産できるのでしょうか?

日本ハム時代もあの広い札幌ドームで39本を打った年もありましたから球場の広さはあまり関係なさそうです。

しかもZOZOマリンスタジアムはホームランラグーンの影響もあり加藤選手や中村選手がホームランを量産していますが、レアード選手も1本既にラグーンの恩恵を受けています。長打力不足で悩んでいたロッテにとってはレアードは救世主的存在でしょう。新外国人のバルガス選手にも良きお手本になるかもしれません。

これだけホームランを量産されると放出してしまった日本ハムとしては痛いと思っている事でしょう。ファンからは三塁手が固定できていない現状もありレアードを返しての声も上がっているようです。

レアードと言えば寿司パフォーマンスが人気!ロッテでも継続?

レアード選手といえばやはり寿司パフォーマンスをロッテでも継続しているのか気になる所でしょう。

きっかけは日本ハム時代白井コーチと通った空海という握り寿司屋に由来があるそうで、不振で悩んでいたレアード

に親方が寿司パフォーマンスを伝授。その後ホームランを連発した事からゲン担ぎの意味もあってか継続し、もはやレアード選手のパフォーマンスの代名詞となりましたよね?

そんなレアード選手ですが、ロッテに移ってからもホームランを打った時の寿司パフォーマンスは継続しているようで恒例の釣りから寿司を握る寿司パフォーマンスもベンチ前で決まるに決まりまくってるらしいです。

レアード選手の幕張寿司も好調なようで背番号54にちなんで1日54食限定で、ホームランを打った翌日は100円引きになるそうでZOZOマリンスタジアムではひそかに人気になっているとか?

今後ロッテで4番を打つ可能性もあり?人柄も最高?

現在井上が不振で二軍落ちした為、急造として角中選手が4番を打っていますが、これだけホームランを連発してくれるなら4番を打つ可能性も十分あるといえるでしょう。

まだロッテも打順があまり固定されていなく調子の良い打者を試しながら使っている印象なので

好調の加藤、中村以外の打順は日によって変わる可能性は十分あると言えますし、角中選手は正直4番打者タイプではないので、明るくチームを引っ張れるレアード選手が4番になる日もそう遠くはないかもしれません。

真面目な性格は選手の手本にもなりますし、あれだけ日本ハム時代栗山監督が我慢してレアードを使い続けたのも

ポテンシャルもさることながら人間性の部分も加味されていたのではないでしょうか?

まとめ

ホームランを連発し!寿司パフォーマンスも好調なレアード選手は既にロッテのお手本&救世主となっていたようです。

この好調っぷりを継続して久々にロッテから本塁打王の誕生はあるのでしょうか?

まだまだロッテ打線の核となっているレアード選手から目が離せなそうな2019年シーズンですね!!

ロッテバルガスはホームラン王候補と予想!ゴリラがアダ名!?守備力・性格は?

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2019 All Rights Reserved.