プロ野球とオフ会と私

セパ交流戦2018年MVP候補は誰だ?セリーグ編その2

2018/05/30
 
mvp
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちはー!野球ブロガーのひらっちと申します(笑) 2018年もシーズン1/3が終わり遂に今日から交流戦がスタートしてしてますが、前回セリーグで交流戦MVP候補の上位3チーム【広島、阪神、DeNA】を述べさせてもらいましたが…

下位に沈んでいるチームでも18試合ならチャンスがあるんです(笑)実は巨人も交流戦に2012年と2014年に2回優勝歴があるんです!

なのでソフトバンクが圧倒的に優勝回数が多いとはいえ、チャンスはまだまだたくさん眠っています。そんな下位3チームで活躍して交流戦MVPを2018年取りそうな選手を厳選して紹介していきたいと思います。

セパ交流戦2018年MVP候補は誰だ?セリーグ編その1

巨人は野手なら岡本、投手なら山口俊あたりが候補か!?

巨人ですが、前半戦はやはり軸となるエース菅野、野手だと坂本が高打率でチームを引っ張りました。そしてその巨人にようやく活きのいい若手が出てきました。4年目で一気に飛躍中の岡本和真選手です。

現在の成績ですが、46試合.339 9本33打点とチームの中核を任せて全然事足りる成績を残してくれています。この調子で交流戦も3割キープと5-6本追加できれば30本100打点も視野に見えてくるスケール大きい打者に成長しそうな予感がしています。

投手ですと山口俊でしょうか!?今現在頼れる投手が菅野しかいない状態ですから2番手投手として何とか試合を作って欲しいですよね。山口が2-3勝稼げるようなら今後の巨人にも光が見えてくるかもしれません。

中日は野手なら好調の平田、投手ならベテラン松坂が鍵!?

さて5位の中日ですが、実は得点力がここに来て増しています。

序盤戦は貧打が続いていましたがアルモンテが爆発、それに乗せられるかのようにビシエドモヤ選手も調子を上げてきています。さらにそれに吊られるかのように平田選手、福田選手の調子も上がってきています。去年の楽天みたいに外国人に引っ張られる形で日本人も調子を上げてきている中日ですが、その中でもここ数年にない調子の良さの平田良介選手をプッシュしたいと思います。44試合 .312 4本 15打点 5盗塁 と高打率をキープしています。

元々中距離ヒッターですが、打率も最近は怪我だったり調子の波が激しく首脳陣の評価を落としていましたがこれだけ打率が高ければ中日の打撃陣ではつなぎ役として重宝されるでしょう。主に6―7番の出場になりますが3-5番の外国人の調子が良いですから平田の存在感がここに来て増してきています。

ピッチャーですとベテランとして良い存在感を見せている松坂でしょうか!?ソフトバンクの3年間は怪我で全く投げれませんでしたが驚異的な回復力で中日に移籍してからは2勝3敗防御率3.08と渋い活躍をしていますから

交流戦で1.2勝勝つような事があれば、エースガルシアの負担を少しは軽減できるかもしれません。

ヤクルトは青木の奮起とライアン小川が故障明けどれだけ回復するか!?

さて最下位に低迷しているヤクルトですが、打撃陣は山田、坂口を筆頭に好調をキープしています。

あとはアメリカから復帰した青木がそろそろ調子を上げてくるかが交流戦の鍵といっていいでしょう。

現在42試合.266 2本18打点 1盗塁 と正直物足りない成績が残っています。

大リーグから帰ってきた選手はだいたいが1年目不調でなかなかアジャストできない選手が多いですから、青木が3割以上の成績を交流戦で残す事ができれば山田、坂口、青木、バレンティン、西浦という強力打線が作れるだけに青木がキーポイントと言えそうです。

ヤクルトの長年の課題といえば投手陣ですが特に先発がブキャナン以外がボロボロなだけに2番手投手の奮起が他のチーム以上に大事ですね。そこで期待したいのが故障から復帰のライアン小川ですね。元々8-15勝を年間でできるポテンシャルあるだけに交流戦で調子を取り戻し3勝くらい荒稼ぎして欲しいと思います。

まとめ

巨人、中日、ヤクルトの交流戦MVP候補を述べさせて頂きました。彼らが活躍するような事があると一気に波に乗れると思うんですよね。5割ラインをキープしていればワンチャンあるだけに投手なら3勝 バッターなら.350~.400 本塁打5-9本近く打てばMVP当確かなと思って見ていきましょう!!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2018 All Rights Reserved.