プロ野球とオフ会と私

小林誠司が干される?理由は性格?打率?怪我?村田真一との関係、結局春の珍事だった?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちはー!野球ブロガーのひらっちと申します(笑)今回は巨人の正捕手小林誠司選手が21試合連続でスタメン落ち

されている理由、村田真一ヘッドコーチとの関係、開幕直後に好調だったバッティングが結局春の珍事であったのか語っていきたいと思います。正捕手に定着してからも課題はバッティングと言われ続けてきましたが

21試合も連続でスタメン落ちというのはプロに入ってから5年目ですが初めてではないでしょうか?

その間はルーキー大城宇佐見などを使っていましたが、正直な話守り、肩では劣る2人で小林よりはバッティングが良いとの触れ込みでしたが、最近は特に変わらない数字になってきています。

それともリードがそれ程評価されていないのか、怪我でもしていたのか結果干されるような形に見えてしまった7月でしたが

少し語っていきたいと思っています。

巨人野上亮磨が中継ぎ転向!崩壊気味のリリーフ陣は!?これまでの評価は?変化球は使える?いらない子から脱皮か!

小林の売りはキャッチングと強肩、バッティングはリーグ最下位に毎年低迷、リード面は?

偉大なる捕手阿部の後釜として期待されて入団した小林誠司選手ですが、高橋監督が就任した2016年から正捕手として抜擢されて129試合、138試合と徐々に試合数を増やしていき、2017年にはゴールデングラブ賞を受賞するなど

キャッチング、強肩が売りで実際捕逸、盗塁阻止率は高く、ピッチャーから見たら安心して投げれる捕手に成長したなと思えます。しかし、リード面とバッティング面は酷評されることが多く、

特にリードに関しては外角主体リードに強弱がないと指摘されていました、まだ名捕手と呼ぶレベルには達していないということかもしれませんね。

昔ノムさんとバッテリーを組んだ江夏豊氏も小林に関してはまだまだ厳しい見方をしていて、ミーティングで言われた通りにやっていて遊びがないとの声もあります。

おそらく、まだまだインプットの段階にいて引き出しが少ない、捕手は監督の分身で自分でチームを引っ張っていくんだと言う気概がないというあたりを指摘していました。

きっかけは広島戦?リード面の評価がダウン、スタメン落ちへ

特に6月後半の広島戦ではコテンパンに鍬原、田口が打たれ、小林は懲罰交代、菅野も打たれこの日も途中交代。

このあたりでリード面にも問題ありとされ、首脳陣はしびれを切らしたのかもしれません。

あとはやはり課題のバッティングですが、2割あたりをうろうろしていて、正直セリーグかつ、それほど打撃力が高くない巨人ですと最低2割5分の打率は求められてしまうみたいですね。

今年も4月は.375でセ界の小林なんて言われていましたが、5月は.130 6月は.142と一気に急降下。

このあたりの打撃の波も評価の中に加味されてるかもしれません。

小林のヒットで1点増やすか小林の肩で進塁を防ぐか、どっちがトータルで見たら勝ちに結びつきやすいのか、

そのあたりの評価で揺れているかもしれませんね。

名捕手といえば古田、伊東、城島、谷繁、阿部、矢野、里崎などが上がりますが、やはりどの捕手も悪くても.250は打てるシーズンもあり、小林はそのラインに達しているとは言い難いですね。

ホームラン10本45打点くらいできれば別でしょうが、それができないならば.250を打てるようにすべきかなとは思います。

筆者が小林をパワプロ判定するなら パワーF ミートE 走力E  肩A 守備A  リードC と言った所でしょうか。

ミートを最低DにリードをAまで上げる事ができれば不動の正捕手になれるのではないでしょうか?

小林と村田真一コーチの関係?確執原因はミーティングの指示通り動かなかったから?

6月後半の広島戦でボコボコに打たれた為、村田コーチが小林に大説教をしたという情報が出ていましたね。

スタメン落ち以降、抑え捕手として試合には出ていますからコンディション不良、故障ではないと思うので

小林がミーティングで決めた作戦を行わなかった、遅刻してチームを引っ張る自覚がないと怒られた、審判に嫌われているなど色々な報道がされていますね。

これが本当だとすると小林に真意を聞いてみたい所ですが、正直な話、正捕手に求められるレベルというのは高いですから

こう言うことを続けていると小林には未来がない気もしますね。

小林が改心してバッティングだったり、リード面を勉強して向上させることができていれば多少の事は優遇されるかもしれませんが、まだまだ優遇されるようなポジショニングではない事は確かです。

小林に身の余る言動があったにせよ。それを突き放すだけじゃなく、うまくコントロールするのも首脳陣の腕の見せ所ではないでしょうか?

性格も少し大雑把な所があるのでしょうか?鈍感な部分があるのかもしれません。そーいう所が首脳陣やピッチャー側からしたら頼りない面として移るのかもしれませんね。

まとめ

ファンからしたら、リード面をアップさせて、防御率の改善打力の向上と、自身で上げることができる項目はたくさんあるはずなので何とか克服して、30代以降は頼られる存在に生まれ変わって欲しいとおもっています。

小林頑張れー!

岡本和真と大田泰示の成績比較、覚醒した2018年、守備力や性格の違いは?

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2018 All Rights Reserved.