プロ野球とオフ会と私

清宮幸太郎は何がすごい?弱いのは守備力?守備は本当に下手なの?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちはー、野球ブロガーのひらっちと申します!!

日本ハム怪物ルーキー清宮幸太郎がGWでデビューしてから1ヶ月経ちましたが、21試合で.179 1本 2打点とプロ壁にぶち当たり二軍降格となりました。しかし現在二軍では19試合で.269 8本19打点と高卒選手とは思えないレベルでホームランを量産中です。

と打撃に関してはこの調子を続けていればまた一軍にお呼ばれされるのは時間の問題だと思いますが、前から下手と言われていた守備力は現在どうなんでしょうか?本当に噂通り下手なのか?これだけ注目される清宮選手って何がすごいのか?検証していきたいと思います。

日ハム清宮プロ入り1号ホームラン!高卒新人7試合連続安打は史上初の快挙!

何がすごいのって答えは柔らかさと圧倒的なスイングスピード

まず清宮幸太郎選手のすごさを語る上で外せないのがスイングスピードですよね。最初映像で見た時は度肝を抜かされました!!

 

これはホームラン映像ですが、正直高卒1年目のスイングなのってくらい軽く振っている感じもしますし、何であそこまで飛んでくんだって感じですね。あと凄いのは柔らかさでしょうか?松井秀喜さんのような豪なイメージより高橋由伸さんのような柔な感じに近いですよね?この感じでホームランを量産されたピッチャーも溜まったもんじゃない気がします(笑)

課題の守備力はどのくらい?ファーストしか守れない?

打撃力に関しては一軍での結果で課題が見つかったと思うので二軍で調整して仕上げていって欲しいのと

あとは課題と言われている守備力ですよね?本当に下手なんでしょうか?

キャンプ中は金子コーチにつきっきりで指導してもらい、守備の基礎を叩き込まれていました。

色々な方に開幕前は酷評があったものの、一軍で守備についてそれ程いう解説者が少なくなったのが印象的です。

少しずつではあるものの守備力の向上が見られたのか、無難にそつなく外野のレフトもこなしていた印象ですが、守備力ではまだまだ課題は多いようです。名手と言われている中田選手もライバルでいますからね。比較されてしまうのは致し方ないのかもしれません、現段階では。

ただやはり真価は試合に出続けた時に守備の評価と言うのは決まってくると思います。まだまだ言われるとは思いますが18歳という年齢を考えたらこれから守備力もまだまだ向上していくことでしょう。

ファーストが基本でたまにレフトというポジショニングになるとは思いますがキャンプではサードも練習していましたし、守備でチャンスを掴むという部分が今後必要なのかもしれません。

まとめ

さて清宮幸太郎選手の凄さと課題と言われている守備について語らせて頂きました。今年はまだまだインプット段階な部分も多いとは思います。

打撃に関しては天才というか天性のものが既に備わっているので潜在能力を引き出す為に球団も最大限のバックアップをしていく事でしょう。二軍で圧倒的な打撃を見せて夏ごろに一軍に戻ってきて怪物ぶりを見せて欲しいものですね!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2018 All Rights Reserved.