プロ野球とオフ会と私

上茶谷大河は川上憲伸の再来?球種・コントロールの評価は?新人王の可能性大!

2019/03/27
 
ground
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちはー!12球団野球ブロガーのひらっちと申します。さてさて開幕もあと数日となりましたが、各球団の勢いのある新人選手に注目が集まる時期でもありますが、筆者はDeNAベイスターズのひょっとしたら救世主になるかもしれない右の本格派投手の東洋大BIG3の一人、上茶谷大河(かみちゃたに・たいが)投手に密かに注目しています。

DeNAベイスターズといえば近年左投手を多数輩出し左王国と言われるようになりました。

しかし2019年のドラフト1位の上茶谷投手がポテンシャルを発揮することで山口俊投手(現巨人)以来の右の本格派投手再来はなるでしょうか?新人王の可能性も含めてみていきたいと思います。

キャンプ・オープン戦では評価急上昇!元中日エースの川上憲伸タイプと評される

上茶谷投手を筆者も見ましたが、とても安定していて見ていられる右の本格派という印象が強い投手です。

オープン戦は2試合の登板でしたが、与死球はたったの1つという安定ぶり、速球はMAX152kmとの事ですが

、常時145キロ前後の速球を主体にスライダー、カットボール、スプリット、チェンジアップと多数の変化球を操る投手ですが、評価されているのはカットボールのようです。筆者的には意外とコントロールが良いので大崩れしないという印象で、6-8回を2.3失点で抑えて試合を作れる投手になる気がします。ラミレス監督は川上憲伸投手に似ていると評しています。山口俊投手とも比べられる時もあるようですが、山口投手はフォークボールが持ち味なので同じ右の本格派でもタイプは違うみたいですね。

右の本格派ですと井納投手も先発ローテーションに入ってくると思いますが、井納投手以上に本格派になれそうなポテンシャルを持っていそうです。奪三振率も高いのでここぞと言う時は奪三振ショーも期待できそうです。

DeNAも去年は先発3本柱の今永、ウィーランド、濱口投手の怪我、不調に悩まされました。

今年は今永投手も調子が良いみたいなので、ジグザグで使うのであれば

今永→井納→濱口→上茶谷そして京山や新人の大貫が入りそうです。

上茶谷が調子を上げるようであれば2番手くらいまで上がってくる可能性は高そうです。

上茶谷投手の新人王当確ラインは12勝と規定投球回数?

開幕からローテーションに入ってこれるポテンシャルの持ち主ですからファンとしては去年の東投手に続いて新人王を期待したい所でしょう。

東投手は11勝で新人王に輝きましたが、上茶谷投手はどのくらいの成績を残しそうでしょうか?

DeNAといえば中継ぎが去年は強化され、山崎という安定したストッパーもいるので割かし長い回は投げないかもわかりません。川上憲伸投手は1年目から14勝と大車輪の活躍でした。

ローテーションで年間で投げ切れば悪くても7勝、良ければ12勝くらいするのではないでしょうか?

もちろん打線の援護などの要素も加味されますから、去年のような得点力だと厳しいかもわかりませんね。

右の本格派といえば高村、藪、槙原というタイプを想像してしまいますが、調子が悪いと7勝13敗くらい、調子が良いと13勝8敗くらいのタイプの臭いがプンプンします。

新人王当確ラインは10-12勝になるでしょう。セリーグだと阪神の近本、木浪、巨人の高橋、ヤクルトの清水あたりがライバルになるのではないでしょうか?

まとめ

ラミレス監督になってから4年目待望の右の本格派投手を獲得できたDeNA。

今後DeNAが黄金時代を築いていくには上茶谷投手の存在が必要不可欠となりそうです。

川上憲伸投手のように最多勝を獲得できる投手へと飛躍して欲しい所です。

そんな上茶谷投手のピッチングを見たいファンにはDAZN(ダゾーン)もおススメです!!

初月は無料でいつでも退会できるのでお試しでまずは入ってみるのもいいかもしれません!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2019 All Rights Reserved.