プロ野球とオフ会と私

イチローは打てないから引退しろの声あり?目の衰えが理由・原因か!?

2019/03/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちはー!普段野球の話題を中心にブログを書いております”ひらっち”と申します。

今回の話題はマリナーズに在籍中の日本のレジェンドの存在でもあるマリナーズに在籍中のイチロー選手の引退する予感のある件についてお話できればと思っています。1973年生まれなので現在45歳で、今年46歳になる予定ですが、流石のイチローにも完全な衰えが訪れたように思えた先日の巨人VSマリナーズの親善試合でした。

そして3月20日に行われたマリナーズVSアスレチックス戦は9番ライトで先発し1打数無安打1四球という結果でした。4回の裏で途中交代となりましたが、長年の野球ファンからは拍手で引退間近というコメントが多く聞こえてくるようになりました。

果たして引退はいつになるのでしょうか?イチロー選手を引退するまで追い込んだ原因は何だったのでしょうか?

イチローが事実上の引退か!?マリナーズ特別アドバイザーって何?

イチロー選手の衰えの原因はブランクと動体視力?

イチロー選手の売りといえば走攻守3拍子が全てのレベルでの高さでしょう。

日本屈指から世界屈指のアベレージヒッターとして実績を残しただけでなく、ライトの守備力、肩力、そして走塁、盗塁でも度肝を抜かせてきました。

しかしやはり衰えたを感じられたのは2011年の.272で終わったシーズンでしょうか?当時38歳だったイチローですが、2010年まで10年連続で3割以上、200安打以上のヒットの記録が途絶えてしまったのもこのシーズンでした。

2012年にはマリナーズからヤンキースへトレードに出され、38歳を境にやはり徐々に衰えが目立つようになりました。その後も.280あたりはキープしていましたが、どこか良い時のイチローの影を追ってしまうファンが多く

衰えたイチローを見るなら引退して欲しいと望むファンと、イチローが希望する50歳まで現役を見届けたいというファンと色々賛否両論が起こりました。

どの一流バッターも動体視力の衰えというのはあるようで、体力は落ちていなく、守備、走塁には差し支えなくても、目の衰えだけは努力でのカバーは難しいのでしょう。イチローも口には出しませんが、かつて打撃理論をかわした落合博満氏も去年3-4年前から動きが小さくなったと公言しており、イチローの衰え、引退の可能性について話していました。年齢とともに目から入る情報が減ってしまい、それが原因で一生懸命ボールを見ないといけない。だから余計に縮こまってしまうとの事です。

かの落合氏も現役時代目の衰えで引退をしました。(落合氏の場合は打撃ではなく守備で見えなくなったのがきっかけだったらしいですが)

筆者も巨人VSマリナーズ戦を生で見ましたが、守備、肩ともに衰えはそれ程感じませんでしたし

あの原監督も”守備、走塁は衰えていない“と絶賛はしていませんでしたが、打撃の部分の名言は伏せていました。

年齢に勝てないはやはり動体視力のようです。それと去年5月以降の試合に出ていないブランクもあったのでしょう。それと去年で実質引退も2019年に日本での開幕戦も控えていたのでそこで花道を最後に作るという可能性が一番高そうです。つまり引退試合を作るために1年猶予があったという事でしょう。

もちろんそれまでにイチローの打撃が上向きであればメジャーで2019年もプレーできた可能性は少なからず残っていたと思いますが、2019年3月のオープン戦の成績を見る限り、打撃面の上向きは厳しく、これで引退という声が高まりました。

引退を伸ばした理由は日本の野球ファンの為?それとも?

引退を伸ばした理由は日本で最後の花道を作ってあげたいというマリナーズの意向から来たものと推測できるでしょう。あともう一つ菊池雄星投手の加入というのも少し影響していると思います。2019年西武ライオンズからシアトル・マリナーズの移籍をした菊池投手ですが、日本での開幕カードは第二戦で先発で投げることが決まっており

マリナーズのサービス監督も”先発で出るかはわからないが試合には出る“と公言しており、菊池とイチローという異色のタッグが実現しそうです。

菊池雄星にバトンタッチして開幕カードで引退するのか、それともここで結果を残して今シーズンはまだ戦うのか可能性が残されているとも言えますね。

まとめ

イチロー選手のここ数年衰えた原因、そして2018年途中から試合出場しなかったにも関わらず2019年の日本での開幕戦に出場した理由、引退についての声などをお話、お伝えしてきました。日米通算で実働28年間の現役生活で4367本と世界一の記録を作ってきたイチロー選手ですが、その意志を引継いで菊池雄星投手が活躍できるかも筆者は注目しています。

そして日本のプロ野球とアメリカのメジャーリーグが両方見れるDAZN(ダゾーン)がおススメです。イチロー選手の引退試合も見れますし、一ヶ月無料お試しもやっていてこれからなお一層注目度が増しそうなDAZN(ダゾーン)を是非チェックしてみてはいかがでしょうか??

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【DAZN】世界中のスポーツを全てここで

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2019 All Rights Reserved.