プロ野球とオフ会と私

カブレラは規格外!ホームランアーティストの魅力

2018/08/11
 
ホームラン
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは12球団野球ブログを始めてひよっこのひらっちと申します笑

今日はホームランアーティストの魅力について少し語りたいと思います。

ホームランといえば思い浮かぶのは?筒香?中田?バレンティン?

自分の世代だとやっぱり松井秀喜でしょうかね?

豪快という言葉がピッタリの看板直撃弾の数々。

開花した96年から02年くらいまでの6-7年はまさに松井の時代でしたね。

ライバルには山崎武司、金本知憲、江藤智、大豊泰昭などなどたくさんいましたが

最終的に凄かったのは松井だったと言わざる得ません。

外国人もペタジーニ、ホージー、ゴメスなどライバル球団の外国人と常に争ってた記憶がありますね。

セ・リーグは松井の時代でしたが…

パ・リーグにはもっと化け物がいましたw

アレックスカブレラ選手です。

台湾で記録した驚異的な本塁打率には驚きましたが

入団して3年間で何と150本塁打!!

これは日本史上初ではないかな??

それくらい異常なレベルだと学生時代は感じていた選手です。

180M弾とか、後にも先にも出てこないでしょうね。

まあカブレラは規格外なので置いておくとして

現2017年でホームランアーティストって誰でしょうか?

まず広島だとエルドレッド

阪神はこれからは中谷?

巨人は残念ながらいない感じ

DeNAは筒香、ロペス

中日はゲレーロ、福田

ヤクルトはバレンティン

ソフトバンクは 柳田 デスパイネ

西武は 中村 山川 メヒア 森

楽天は アマダー、ペゲーロ、ウィーラー

オリックスは 吉田 ロメロ T-岡田 マレーロ

日本ハムは レアード 大田 横尾?

ロッテは ペーニャ

あと挙げてみましたが

期待したいのは セ・リーグだと中谷・福田選手

パ・リーグだと吉田正尚、大田泰示、横尾あたりでしょうか?

特にスイングがすごいのが吉田と横尾ですね。

まさにミスターフルスイング。

打席のスイングを見てるだけで絵になるというか魅力がありますね。

日ハムの横尾はまだまだ発展途上の選手ではありますがうまくいけば来年20本打てる素材はあると思ってます。

吉田は怪我さえしなければ40発打つポテンシャルはありますが怪我をとにかくする選手なので

まずは20本塁打を目指して頑張って欲しいですね。

吉田、大田、横尾、森あたりが20本打つようになればパ・リーグは盛り上がるだろうし

セ・リーグも各球団ホームラン打者と呼ばれる選手が日本人で最低1人は欲しい所ですね。

今回はホームランを打てる選手を紹介させて頂きました。

是非注目したいところですね!!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2017 All Rights Reserved.