プロ野球とオフ会と私

広島岡田明丈のストレートは強力!黒田博樹級!?注目のエース候補

2018/07/19
 
matsudastadium
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちはー!12球団のプロ野球の記事を書いているひらっちと申します!

GW半ばですが、今日は巨人対広島戦を見ていました。前日は雨で流れて、先発は巨人が吉川光夫、広島が岡田明丈で始まった試合ですが、果たしてどうなったのか振り返りましょうか?

私は巨人ファンなので、見方が若干巨人寄りになるのをご了承下さいませ。(笑)

序盤は投手戦でした、岡田の豪速球と外角のスライダーに手が出ず

序盤は流れは巨人に来てました、今年絶好調の小林が2点タイムリー!

しかし、広島の鈴木誠也が怪我から復帰後第2号となるソロホームランで反撃開始。

その後は両者投手戦が続きましたが、流れが変わったのは6回、巨人吉川光夫に代わって澤村が出て来てからでした。

先頭打者田中にレフト前ヒット、菊池送った後、澤村がフォークボールを小林がパスボールしたあたりで流れが広島にいきました。

丸の代わりに3番に入ったバティスタがセンターに同点タイムリーを打たれてしまいます。

まだここまでは良かったのですが、巨人打線が岡田の前に沈黙。150kmを超える伸びのあるストレートと、外角低めに決まるスライダーを全く打てず、あれだけ好調だった打線もレベルの高い投手が出てくるとこんな感じです。

広島打線はもちろん凄いんですが、マツダスタジアムの雰囲気に飲まれてる感もありましたね。

8回マシソンに代わるとまたもや田中がきっかけとなる二塁打、そして菊池にライト前タイムリーを打たれて一気に勝ち越されてしまいます。 改めて広島の打力とソツのない走力にやられた感のある巨人でした。

結局岡田に8回3安打2失点のピッチングをされ開幕から無傷の4勝目、野村、薮田がピリッとしない中、今年のエースは岡田で決まりかもしれません。

まとめ

結局中崎にあっさりおさえられて2連敗、今年も広島の怖さを思い知らされた巨人でした。

やっぱり、投手力とここぞという時の打撃と走力は巨人より上ですね。

やっぱり、直接対決は厳しいので、1勝1敗ペースを死守する事と、勝てる相手にきっちり勝ってお得意様を作らないと広島のV3は防げないかもしれません。そのくらい弱者の戦略というのを身につけないとダメだと感じた、広島巨人戦でした。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2018 All Rights Reserved.