プロ野球とオフ会と私

広島カープ弱体化の理由は打てないから2019?弱すぎと嘆くファンの声!V4は難しい?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちはー!野球ブロガーのひらっちと申します!今回は”広島カープの弱体化の理由“をテーマにお届けしていけたらと思っています。

2019年のペナントレースもセリーグは既に10数試合消化しました。順調にロケットスタートできたヤクルトと巨人と比べてどうも調子が上がらず最下位に沈んでしまった広島カープという結果になっています。

巷では”丸ロス”かなんていうのも言われはじめていますが、果たして広島カープは本当に弱体化してしまったのでしょうか?チーム史上初のV4の可能性も含めてお届けできればなと思っております。

広島カープ4連覇の可能性は2019?練習量は12球団1!?キーマンは誰?

2019年の広島打線に怖さなし!原因は丸の抜けた穴の大きさと下位打線の低迷

まず気になるのは丸佳浩選手が抜けた穴ですよね?オープン戦は試行錯誤して野間選手、田中選手、安部選手、西川選手を併用していましたが、結局決まらずといった感じでした。

ペナントレースもフタを空けてみると開幕2試合は西川選手でしたが、その後はオープン戦の時は懲罰降格もありましたが、何だかんだで緒方監督が高く評価している野間選手が定着しています。

確かに野間選手は今の所高打率をマークはしていますが、長打力はあまり期待できず、去年の丸選手のような怖さがありません。

あと5番以下の調子が上がらないというのもあるでしょう。中軸として期待されていた松山選手、バティスタ選手の調子が上がってきていないのです。去年は切れ目のない打線で8番まで打ちまくるというのが広島の売りというか怖さの1つでした。今年は高打率の打者が少なく尚且つホームランが打てそうなのが鈴木誠也選手だけですから鈴木誠也にさえ打たれなければ5番以下で抑えれば良いという考えもあるのかもしれませんね。

丸選手といえば最大の売りは出塁率の高さでした。去年はなんと130四球も稼いでいました。3番打者の野間選手は去年も30四球と四球がそれ程多いタイプではありません。なので丸選手の穴を埋めるというのは並大抵の事じゃないというのはお分かり頂けるでしょうか?

それでいて去年のように下位打線に怖さがないとなると丸が抜けた穴と下位打線の低迷という二つのマイナスが現時点で出ているという事でしょう。

【DAZN】世界中のスポーツを全てここで

人的補償で獲得した長野選手も元々巨人時代からスロースターターで4月からエンジン全開という打者ではなく、準レギュラーとしての出場に留まっています。

去年は打って投手をカバーするスタイルでしたが、12試合経過時点でチーム打率.226 総得点37というこの打線の調子だと違うスタイルも考えなくてはいけないようです。

ただ緒方監督自体が柔軟に動くというよりどっしりと構えるスタイルなので、この打撃陣の弱体化をどうやってカバーしていくかは腕の見せ所でしょう。

選手やコーチの離脱が多い!その穴を埋めるスタイルでV3を達成も今年は…

広島といえばV3はしたとはいえ、毎年のように逆境の嵐が吹き荒れていました。

まずはマエケンのメジャー移籍による離脱というのが2015年オフにありましたが、2016年はノムケンこと野村投手が16勝と大活躍しました。

そして黒田投手の引退があり、その11勝分を誰で埋めるのかというのがテーマだった2017年は薮田投手が彗星のごとくあらわれ15勝をマーク。岡田投手も台頭しV2に貢献しました。

そして去年は大瀬良投手がエースとして活躍し15勝!チームの大黒柱としてチームを支えました。

このように投手陣の移籍、引退などの離脱は他の選手が台頭してその穴を埋めてきました。

しかし野手2名の離脱は大きいように思えます。丸、新井選手というチームの中心的存在の離脱が今の所堪えており、やはり広島は投手力ではなく打撃力が売りのチームで3連覇を成し遂げたんだなというのがこの苦戦ぶりでわかると思います。

あとは何気にコーチの離脱も大きいように感じます。

広島の強力打線を作った石井琢朗打撃コーチ、昔ならではの走る野球、守る野球を作った河田コーチの名コーチ2名が2017年オフに退団し、2018年からヤクルトに加入。その年からヤクルトは最下位から2位に浮上し、強力打線が復活しました。ヤクルトというチームは実は優秀なコーチが監督や選手を支えているようで、今年も怖い存在となっています。

各チームの戦力が上がっている?巨人は原監督、ヤクルトは宮本ヘッドが、中日は伊東ヘッドがあなどれない?

巨人は原監督が優秀!7度の優勝実績は伊達じゃない?

広島の弱体の原因は内部だけではなく外部にも実は理由があるのではないでしょうか?

今年から巨人には実績、経験豊富な原監督が3度目の就任。持ち前の明るさモチベーターとしての手腕を開幕からいかんなく発揮!吉川尚の1番定着!ゲレーロの再生!弱体化していた中継ぎ陣にフレッシュな若手を大胆起用するなど抜け目のない采配で去年の高橋監督とは一味もふた味も違う野球を見せています。

ヤクルトは小川監督を支えるコーチが優秀!投手陣の底上げが…

ヤクルトも実質小川監督を支えているのは宮本ヘッドの存在が大きいと思われます。選手とコーチの間に入る中間管理職的な存在ですが、去年はベテランが多かったチームに若い風を今年から大胆に取り入れ投手陣の底上げが出来ている感がありますね。キャンプもヤクルトが一番練習量が多かったそうです。

元々ヤクルトが強かった時代、伝統と言うのは野村克也監督が作り上げたID野球、野村再生工場でした。そのエキスを現役時代に吸った小川監督、宮本ヘッドが指揮している訳ですから野球の仕方も少し似ており、他球団からクビになった寺原や五十嵐を獲得!寺原は今季初勝利をあげるなど戦力として機能し始めています。

ベテランと若手が絡み合うと強力なケミストリーが生まれますから非常に広島にとってもあなどれない存在といえるでしょう。

阪神、中日も監督、ヘッドコーチが変わり!野球の仕方に変化も

その他に阪神、中日も矢野監督、与田監督と新監督が就任し、去年とは違う野球を見せ始めています。

ヘッドコーチである阪神の清水氏、中日の伊東氏は地味な存在ではありますが、監督を支える立場としてはキーポイントといえるでしょう。

特に中日の伊東氏は西武、ロッテで監督歴もあり、守りの野球を作るのには定評があります。与田監督も含めて弱体化した投手陣をどう立て直すか、打線はしっかりしているだけに渋いしぶとい野球を見せてくれそうです。

DeNAは投手コーチに三浦氏が就任!怪我人が戻ったのも大きい?

DeNAも去年は先発投手崩壊で低迷しましたが、今年は今永、濱口、新人の上茶谷投手が好調で去年とは違う安定感を見せてきています。三浦投手コーチも加わったことで投手陣のやりくりの上手さによっては優勝候補にも名乗りをあげてくるでしょう。

このように補強や故障からの復帰などで各チーム、戦力がアップしたチームもありますし、監督、コーチが変わるだけで使う選手も変わる、野球の仕方も変わるので、広島が弱体化しただけでなく、他のチームの戦力が上がった、変わったという見方も出来ると思います。

まとめ

このように丸、新井の穴が埋まっていない現状。去年より弱体化した打線や優秀なコーチや選手を同じリーグに離脱してしまった内部要因

他のチームの監督・ヘッドコーチが変わった外部要因がまず広島低迷の理由として考えられるでしょう。

去年も防御率4点台と投手主体のチームではなく打線で打って走って勝つスタイルでした。しかしそれができない2019年はV4を達成するのはかなり困難と言えるでしょう。しかし逆境を幾度となく克服してきた緒方監督ですから新たな策新たな野球を見せるしかありません。かのV9を達成した巨人、V5を達成した西武もやはり川上監督、森監督だったからこそ達成できた偉業だと思うんですよね。

去年のように絶対的強さはなくても優勝できた経験値というのを広島の首脳陣、選手とも蓄えているとは思うので、その経験値でまたのし上がって欲しいなと思って見ていきたいですね!!

長野久義は練習嫌いだがいい人で評価高い?守備力と天才的打撃の衰えは?

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2019 All Rights Reserved.