プロ野球とオフ会と私

阪神はまた打てない2019!貧打の理由は打撃コーチ?外国人?打開策は?

 
weakness
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!野球ブロガーひらっちと申します。ペナントレースが遂にはじまりましたが、やはり打てないなと感じたのは矢野新体制で臨んだ阪神タイガースです。

まあわかってはいたものの、相変わらず打線が点を取れず、投手が持ちこたえられないの悪循環を今年もしてしまう予感を感じた開幕からの戦いぶりです。

阪神ファンも野球ファンも打てないのは前々からわかっていたのに何故弱点を克服してこなかったのか?

など疑問点も残ると思うので筆者なりに阪神タイガースが打てない現状の原因・理由と今後打てるチームに変わる為に何が必要なのか打開策も見ていきたいなと思います。

阪神が2019年弱い理由は打線?暗黒時代到来か?打てない訳は若手と外国人?

ここ10年間の阪神の打撃成績は?誰が主軸だった?

まずはここ2010年代に入ってからの阪神の打撃成績を見てみましょう!

2010年 .290   173本塁打 真弓監督時代   2位

2011年 .255   80本塁打   真弓監督時代 4位

2012年 .236 58本塁打     和田監督時代 5位

2013年 .255    82本塁打  和田監督時代 2位

2014年 .264    94本塁打  和田監督時代 2位

2015年 .247    78本塁打  和田監督時代 3位

2016年 .245    90本塁打  金本監督時代 4位

2017年 .249  113本塁打  金本監督時代 2位

2018年 .253    85本塁打  金本監督時代 6位

2019年 .196    3本塁打  矢野監督時代 6位

2010年の真弓監督時代を除いての8シーズンは打って勝っている訳ではないようで、それでもAクラス5回をマークしている訳ですから、そこそこ打ってくれて投手陣で踏ん張る野球ができればAクラス入りは可能と思われます。

そこそこというのは.245~.264、75本~113本の間くらいを打てば十分で、

.255  90本くらい打てる打線を目指せばそこまで貧打という印象も無くなってくるのかなとも思えますね。

2019年シーズンまだ始まったばかりとはいえチーム打率.196 3本塁打は酷すぎるので、どう解消していけば良いのでしょうか?

打撃コーチは誰?指導力は?大山は中村紀の動画で打撃力UP!

阪神の打撃コーチを見てみると濱中治コーチと平野恵一コーチが一軍コーチを務めているようです。

一時期西武、中日で活躍した和田打撃コーチを獲得かという報道もありましたが、金本監督辞任の理由もあり実現できませんでした。

特に阪神といえば大山を筆頭に中谷、陽川、江越、原口など右の打てる打者を育てたい所ですが濱中打撃コーチの能力はどのくらいなのでしょうか?

一軍打撃コーチ就任時は大山を巨人の岡本のように育てると意気込んでいましたが、濱中打撃コーチの評価を上げるには前年度以上に大山、中谷、陽川、江越、原口の成績をまずは上げる必要があります。

濱中コーチも現役時代は感覚派で知られていましたが、当時田淵コーチのおかげで打力が開眼!20本塁打を達成した年もありました。濱中コーチが優秀であるという声がまだ上がってこないのでこのあたりは未知数とも言えますね。

あとどうも見ている限りまだ大山4番打者としては早いと見ています。それは大山自身の能力もありますが、周りを打つ打者も大事だからです。

本来は6番打者が適性といえるでしょう。地位が人を作るとはいいますが、岡本は去年オープン戦好調で自身で4番を勝ち取った感がありましたが、大山の場合は首脳陣に与えられた感。ここが大きく違う気がしています。

正直大山と岡本ではポテンシャルが違う気がしてなりません。

甲子園で30本を打つのは他の球場で40本打つくらい難しいと言われていますし、大山はやはり我慢強く使っても

.265 15本60打点が良い所ではないでしょうか?となるとやはり4番ではなく5.6番が適性でしょう。

大山のポテンシャルで大打者に開花させるにはやはり中村紀くらいの大砲にホームランを打つコツを伝授してもらうのが近道かもしれません。中村紀が現在フリーで活動していますが、現役時代は46本塁打をマークするなど長打力は折り紙つき、落合を師と仰ぐなど、打撃理論には定評があります。

未知数な濱中コーチではなく、中村紀をまずは臨時でも良いので阪神に招聘することが若手大砲が伸びる近道かもしれません。

阪神は外国人野手を獲るのが下手?スカウト力に問題も?日本で成功する打者の特徴は?

阪神といえば貧打解消の為にマルテ選手を獲得しましたが、そのマルテ選手はオープン戦で不調、首脳陣の評価も上がらず開幕二軍でスタートすることとなってしまいました。シュアなバッティングに定評のナバーロ選手を起用はしていますが、正直助っ人と呼ぶには寂しい数字が並んでいます。

私が考えるシュアなバッティングの助っ人外国人といえばオマリー、シーツ、マートンが思い浮かびました。

オマリー氏は3割常連首位打者獲得歴ありホームランも15-23本、シーツも.280-.300近く、本塁打も20本くらい打っていました。

マートンも3割4回、首位打者も獲得しオマリーの再来と呼ばれました。

1990年代、2000年代、2010年代を支えてくれた外国人です。しかし10年に1人いるかいないかのレベルを求めるのは酷でしょう。このレベルとは言いませんが、それを少し下回るくらいの成績は残して欲しいです。

そんなナバーロに求める数字は.280 10-15本 60打点くらいでしょうか?最低でもこのくらいの数字は求めたいです。

あとマルテ選手ですが、長打力に定評はあったもものキャンプを見た権藤氏、梨田氏からは低評価をつけられるなど、時間がかかりそうな打者です。

まずは二軍で結果を残してから一軍昇格となりそうですが、真面目そうなマルテ選手ならこれから伸びるかもしれません。ただもしマルテがダメな場合はさらなる新外国人野手獲得も検討した方が良いでしょう。筆者が推すのは日本でのプレー経験がある打者が無難というか、活躍する可能性は新しく連れてくる選手より高いと言えます。それだけ近年日本人投手のレベルも進化し打つのは容易ではありません。それだけ緻密な野球に適合できるか、真面目で研究熱心かというのは、メジャーリーグと日本野球自体違いますし、日本という環境に適合できるかも未知数ですから。未経験より経験者を獲るのが賢明とも言えます。

だとすると候補は巨人でプレーしたマギー選手、楽天でプレーしたペゲーロ選手、西武で下位打線を打っているメヒア選手あたりが狙い目かもしれません。

メヒア選手のトレードなら阪神と西武でwin winではないでしょうか?今苦しんでいる藤浪選手とメヒア選手のトレードがあれば面白そうです。

あとは海外スカウトの配置転換も必要かもしれません。今まではシーツ、ウイリアムス、山中氏などで

シーツが近年スカウトした選手は不発で終わることが多かったので、他のチームで結果を出しているスカウトを獲得することも補強ポイントの1つかもしれませんね。シーツスカウトが良い選手を推薦しても決めるのは日本人なんでスカウト部長の目もとても大事でしょう。

長い目で見るならラッキーゾーンの設置も検討した方が良い?ソフトバンク、ロッテが導入済み?

もし長い目で阪神打線を強力にするなら球場自体を味方にする必要もあります。ソフトバンクはホームランテラスを導入してからチーム本塁打が激増しましたし、柳田、松田というスラッガーを作ることができました。

ロッテも今年からラグーンを設置し、加藤選手、中村選手が開幕早々ホームランを連発するなど、効果が現れ始めています。

阪神も20本打てる選手がいないのであればラッキーゾーンを設置を絶対に検討した方が良いです。

投手のレベルも上がっている近年、打者だけは球場の広さに見合っていないと思いますし、大山、中谷、陽川などは長距離砲ではなく中距離砲の部類の選手なので、球場を狭くすることで確実にホームランが増えるでしょう。

阪神というチーム、球団にそれだけの柔軟性があるかは疑問符ですが、日本人打者に見合っていない球場が多いのは確かなので、ラッキーゾーンという名前にするかは別として絶対に導入した方が貧打で悩む機会も減ることでしょう。

まとめ

さて阪神打線の貧打の原因、打開策などを述べてきましたがいかがでしたでしょうか?

一流の打撃コーチの配置海外担当スカウトの再配置、もしくは過去日本で活躍した外国人野手の獲得検討テラス、ラグーンのようなものを設置。この3つをまず改善するだけで現状の打者が劇的に変わる気がしますね。

そのくらいの大改革を遂行しても全然悪くないと思うので思い切りを見せて欲しい所です。

阪神マルテはいらない?いる?評論家の評価は?打撃と守備を語る!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2019 All Rights Reserved.