プロ野球とオフ会と私

阪神開幕スタメン・オーダー予想2019!開幕投手はメッセンジャー・西・ガルシアが候補!?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちはー!野球ブロガーのひらっちと申します。さてさてオープン戦もはじまりいよいよ開幕、シーズンに向けてボルテージが上がってきています。

今回は阪神タイガース開幕スタメン・オーダー・開幕投手は誰かについて筆者なりの分析・考察を踏まえてお伝えしていけたらなと思っています。

去年は最下位と不本意なシーズンで終わってしまった阪神ですが、さて矢野新監督体制の元どう息を吹き返すか。

金本監督時代に育てた選手は躍動するのでしょうか。新しく獲得した西・ガルシア・マルテ・ジョンソン、そしてドラフトで獲得した近本、木浪らは即戦力として甲子園を沸かせてくれるのかを見ていきたいと思います。

阪神鳥谷敬がショート復帰?引退かける2019年!全盛期はいつ?金本監督時代は冷遇でキレる?

2018年の阪神タイガースの開幕スタメンオーダーはこちら!

阪神タイガースの2018年の開幕スタメンメンバーはこちらでした。

1.中 高山

2.二 鳥谷

3.右 糸井

4.一 ロサリオ

5.左 福留

6.三 大山

7.遊 糸原

8.捕 梅野

9.投 メッセンジャー

こんな開幕戦でした。菅野から福留がホームランを放つなど今年はやるかなと思いましたが、高山が絶不調で二軍落ち

鳥谷の衰え大山の不振など若手、ロサリオの誤算など若手・ベテラン・外国人共に期待を裏切り

内野のレギュラーが糸原以外はなかなか固定できませんでした。しかし梅野がゴールデングラブ賞、糸原も年間通して出場し、徐々にですが固まりつつある部分もあります。

各ポジションのレギュラー争いはどうなる?

まずは去年の成績ベースで見ると怪我や大不振などよほどの事がない限り

糸原、梅野、糸井、福留はスタメンに名を連ねるでしょう。今年から遊撃に復帰した鳥谷北条らとの競争で開幕スタメンを掴めるのか。超積極的野球を掲げる矢野監督の野球観に合う選手は誰になるのでしょうか?

チームを強くするには競争が不可欠と良く言われるように、阪神も準レギュラー選手がたくさんいるので見ていきたいと思います。

まずは新人ですが、ルーキーのドラフト1位近本は足が速くパンチ力はあるが肩は弱いみたいです。オープン戦で打撃と盗塁がアピールできれば開幕スタメンを掴めるかもしれません。あと最近注目、評価を上げているのがドラフト3位の木浪選手です。遊撃手が固定できていない阪神ですから鳥谷、北条の競争に勝ち開幕スタメンを勝ち取る可能性は十分にあるといえるでしょう。

セカンドは去年定着した糸原の他に上本がいます。パンチ力のあるバッティングは定評ですが、守備力がそれほど評価が上がっていないので、糸原が怪我、不調時のバックアップ的は立ち位置になるでしょう。

外野は糸井はライト固定、福留はセンター、レフトといけるので、センター、レフトの争いになりますが、

ここをナバーロ、高山、中谷、近本で争う形が予想されます。

ミートには定評のあるナバーロですが、日本2年目で慣れて実力を発揮する可能性は十分あると言えるでしょう。

高山も監督が変わり、本来のバッティングが取り戻せるか注目です。素材は高橋由級と言われただけに今年は勝負の年となりそうです。

中谷は一昨年20本塁打を放った自慢の長打力と守備という二つの武器があるだけに確実性をもう少し上げれば、可能性は開けるでしょう。

近本赤星2世と呼ばれるその足を活かして1番を任される事があるかもしれません。身長の割にパンチ力があると定評です。

内野ですがサードは大山陽川、ファーストはマルテナバーロで争う形となります。

大山、陽川共に去年は48打点をマークし、力量はほぼ互角。大山は守備も評価されているのでやや大山が有利そうですが、去年のように好不調の波が激しいとまた陽川にポジションを奪われるかもわかりません。

新外国人のマルテもパワーを期待されの入団ですが、果たしてあの広い甲子園球場でたくさん打つことができるのでしょうか?振りを見る限り結構鋭いですし20発以上は期待できそうな感じがします。

2019年の開幕スタメンを大胆予想!?若手・外人・ベテランバランス良く!

以上のレギュラー争い、考察を踏まえて筆者の独断と偏見で開幕スタメンを予想してみたいと思います。

1.中 近本

2.二 糸原

3.右 糸井

4.一 マルテ

5.左 福留

6.三 大山

7.遊 木浪

8.捕 梅野

9.投 メッセンジャー

ルーキー2人が開幕スタメンに入れば阪神打線も変わる!?

ルーキー二人を入れたフレッシュな顔ぶれとなりました。3番以降はジグザグ打線とかなりバランスは良くなったのでないでしょうか?足は近本と糸井が足を使えるので矢野監督が言う超積極的野球には合うのかなと。

さらに走力を上げるなら、上本をスタメンで使うのもありかもしれません。

控えに鳥谷、陽川、ナバーロ、北条、中谷、高山準レギュラーが控えているのはかなり大きいと思います。

代打、守備固めでも使えてスタメンでも使えるレベルの選手が揃ってきているのは金本監督時代に鍛えた選手が育ってきている証拠でしょう。糸井、福留のバックアップに高山、中谷が控えているのも底上げができていると言えますね。

投手陣のレベルも高い!?実績面で日本人化したメッセンジャー投手で決まり!

阪神といえばオフにオリックスから西投手、中日からガルシア投手を獲得するなど、各チームのエース級を獲得しました。そして今年から日本人枠登録ができるメッセンジャー投手がいれば先発3本柱の完成です。

まずローテーションはメッセンジャー、西、ガルシア、秋山、岩貞、藤浪とかなり強力になりました。

若手の才木、小野、望月も評価が高く、この3人が先発投手陣に入れないくらい層が厚くなりました。

中継ぎでもマテオの代わりにジョンソン投手も獲得。コントロールに難ありという評価でしたがキャンプでは

コントロールも次第点の評価があり、元々強い中継ぎ陣がさらに強化されたような気がします。そしてドラフトでは斎藤友投手も獲得し、こちらも評価が高いので中継ぎとしての起用になりそうです。

投手陣のレベルはセリーグでは群を抜いているのではないでしょうか?

先発3本柱は計算できるだけに岩貞、秋山、藤浪がしっかり仕事をできるかがカギとなるでしょう。

まとめ

今回は阪神の開幕スタメン2019と開幕投手を予想させて頂きましたがいかがでしたでしょうか?

金本監督時代は糸井、福留に頼っているチーム状況でしたが、その間に育てた準レギュラークラスのレベルが上がっているのでこれは結構ペナントレースいけるのではと筆者は見ています。

去年の広島の強さを見るとやはり選手層が厚いんですよね。監督も12球団唯一の捕手出身矢野監督がやるだけに評論家、ファン共に注目のシーズンとなりそうです。

阪神次期監督は矢野監督濃厚か?有能の可能性は?捕手出身は野村克也以来17年ぶり

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2019 All Rights Reserved.