プロ野球とオフ会と私

ゲレーロがソローロ返上?欠点を克服?2019年は活躍の予感?外国人枠は?

 
gaikokujinn
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちはー!12球団野球ブロガーのひらっちと申します。さてさて今回は巨人に移籍して2年目のアレックス・ゲレーロ選手について語っていけたらなと思っています。

2019年で来日3年目、契約最終年になりますが、今年は監督も原監督に代わり、背番号も変わり一新したといいますか、ゲレーロも広島との開幕戦ではホームラン得点圏でタイムリーを放つなど、去年ファンから散々言われていた”ソローロ”(ソロホームランが多いのを皮肉ってつけられたネーミング)を返上する可能性が出てきています。

今年は丸が加入し、岡本が成長したことにより、打順でいえば5.6.7番での活躍を期待されているゲレーロ選手ですが、2019年は活躍しそうなのでしょうか?

ゲレーロがフォーム改造?原監督との相性は?性格は実は真面目?クビ覚悟で臨む2019年シーズン

原監督が直々メールで欠点の修正ポイントを指摘!関係も良好に

まずゲレーロ選手が今年活躍しそうな要因として監督が原辰徳氏になったことが大きいと見ています。

前監督の高橋監督はどちらかというと寡黙で真面目な印象の強い監督で、ゲレーロにアドバイスや指導をしているシーンはあまり見受けられませんでした。

開幕は4番でスタートしましたが、チャンスで打てない点を露呈してしまい、6月くらいから首脳陣の評価も下がり始めコンディションの不良などを理由に二軍落ち、その後高橋監督との面談を拒否するなどコミュニケーションが取れていないのがファンの目からしても明らかでした。

シーズン後半に復帰するも成績は上がらず、.244 15本と助っ人外国人としては平凡な数字に終わってしまいました。特にびっくりしたのが1番ゲレーロという打順でした。正直いくらチャンスに打てないからといっても盗塁が上手でもないゲレーロ選手を1番に置くのはどうなのかファンからも疑問視されていました。

そして心機一転原監督になってからは中島が加入したのもあり背番号が5から44番に変更!

原監督はどちらかといえば明るく人たらしな面があり、今までも個性派、ムラッ気のある選手や外国人選手を上手く操縦してきました。ゲレーロには帰国中もメールで打撃面の修正点を伝え、技術向上の為、キャンプでもマンツーマンで指導しているシーンが目撃されていました。ゲレーロもその指導に納得している様子でやはり原監督も現役時代は右の長距離砲として鳴らしたので、ゲレーロも共通点があると感じたのかもしれません。

巨人の打撃コーチは吉村氏ですが、右打者と左打者では教え方も異なってくると思うので右の長距離砲の指導ができる原監督の復帰はゲレーロにとっては幸運だったのかもしれません。

どちらかというと気分良くやりたい面と繊細な面が同居している選手なので、原監督のモチベータ-としての才覚、

緻密さがゲレーロとマッチングした可能性が高いです。あとはやはり5.6.7番とプレッシャーの少ない打順を打っているのも好結果の要因かもしれません。先日開幕戦を見ていて思ったのが7番田中俊太、8番小林、9番菅野という打順は相手チームから見て怖さがありませんでした。

そこに確実性はなくても一発長打があるゲレーロやビヤヌエバを6.7番に置くことで相手にプレッシャーをかけることができる利点もあります。5番はチャンスに強い亀井か意外性のある陽が打ち、長打のある6番ゲレーロ、7番ビヤヌエバもしくはチャンスに強い中島が打つことで打順は怖さが出てます。

2019年はソローロ返上?過去の得点圏打率は?

ソローロというあだ名は実は中日時代からあり、巨人に移籍してからさらに定着した感があります。

中日時代は本塁打王を獲得はしましたが、前半戦は23本のホームランの内、19本がソロホームランという徹底ぶりで、自身も4番タイプではないと公言していました。最終的には22本がソロホームランで終わりました。

去年も15本の内11本がソロホームランとチャンスで全く期待できない打者でした。

得点圏打率も中日時代は.258、そして2018年は.203と主軸を打てる数字には程遠かったです。

しかし2019年は開幕3戦で2ランホームランを含む6打点と大暴れ!今年はソローロ返上かと期待が膨らむ3連戦でした。あとはやはり今年は丸が加入したことでランナーがいる場面での打席が多くなることもソローロ返上に影響を与えるかもしれません。

ゲレーロが6番を打つとなるとランナーは丸、岡本、陽の可能性が高く、丸と陽に関しては走力も高いので

単打でも駆け巡って得点できる可能性が高まります。ゲレーロの得点圏打率が上がるのも丸効果が大きそうです。

契約最終年は必死になる外国人選手は多い?ビジネス感覚が強いゲレーロ

あとゲレーロの契約最終年というのも影響があるかもわかりません。複数年契約を結んだ選手は

最初の年はそれ程活躍せずに契約最終年で必死になって成績を残し、さらなる良い契約を結ぶという点もあるそうで

巨人に来て4億円を勝ち取ったゲレーロ選手も例外ではありません。仮に.280 30本 90打点くらい残した場合は32歳と言う年齢からも再契約してくれる可能性は高いですし、原監督が必要な選手と感じるならさらに良い給料を勝ち取るチャンスもあります。外国人にとって日本は出稼ぎで来ている面はほぼ100%に近いのでビジネスと割り切って

今年はしっかりやる可能性が高そうです。

ゲレーロの2019年の使い方は?ヤングマン、メルセデス、クックの起用法による?

あと気になるのは外国人枠でしょう。1軍には4人(投手・野手どちらかが3名まで)の外国人しか出場選手登録として置いておくことができない為、広島との開幕3連戦では先発としてヤングマンが投げた翌日にビヤヌエバを登録して起用しました。

抑えのクックは基本的にはずっと帯同するパターンだと思うので、ヤングマンメルセデスを登板させた後にビヤヌエバを登録して様子を見るというパターンが4.5月は続きそうです。

ゲレーロはそれだけオープン戦でもアピールし、開幕してからも打っているので基本は常に帯同となるでしょう。

しかし調子を落としたりマシソンが復帰してくる6月以降は、また違う起用法も考えられそうです。

今のところはクックとゲレーロは常に帯同し、ヤングマン、メルセデスの登板翌日にビヤヌエバが登録されるパターンが続きそうですね。

まとめ

以上ゲレーロの今年の期待度活躍する要素などを述べてきました。

まずはモチベータ-の原監督の復帰、打撃の技術指導、修正でレベルアップ、丸の加入により得点圏での打席が増える、走者の走力アップ、契約最終年で必死にやる、6.7番とプレッシャーの少ない打順など

ゲレーロにとっては非常に環境が整ったといいますか良くなった2019年と言えるでしょう。

筆者としては.280 30本 90打点してくれたら巨人の優勝に非常に近づくと思っています。

それだけゲレーロは下位打線のポイントゲッターとなりえる可能性が非常に高いです。

そんなソローロ返上中のゲレーロ選手の試合を観たいならDAZN(ダゾーン)がおススメです!!

1ヶ月無料から見れますし、スカパーよりも安くておススメお試し中に解約もできるので

お気軽にまずは始めてみていはいかがでしょうか?プロ野球2019年はダゾーンが熱い!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

ゲレーロが当たってない?マギーはいらない?巨人打線低迷の理由を説く2018

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2019 All Rights Reserved.