プロ野球とオフ会と私

ゲレーロがフォーム改造?原監督との相性は?性格は実は真面目?クビ覚悟で臨む2019年シーズン

2019/02/15
 
dageki
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!12球団野球ブロガーのひらっちと申します。

2019年キャンプも後半戦に突入しましたが、巨人の選手の中でも今回は来日3年目、去年は不振や素行不良で15本塁打で終わったアレックス・ゲレーロ選手にスポットライトを当ててみたいと思います。

ゲレーロが当たってない?マギーはいらない?巨人打線低迷の理由を説く2018

ゲレーロと原監督の関係は良好?岡本に次ぐ5番打者として期待

去年2018年は開幕4番でシーズンを迎えましたが、チャンスで打てない部分がクローズアップされ、途中でコンディション不良で二軍落ち。高橋由伸元監督との面談を拒否するなど、コミュニケーションが取れていない部分がファンにも伝わってきてました。

しかし原監督に就任するとまずゲレーロの欠点をメールで通信講座を開いたり、キャンプでも原監督直々フォーム修正の熱血指導をマンツーマンで行うなどゲレーロのモチベーションUP技術力UPに取り組んできました。

背番号も中島に5番を譲るという意味もあると思いますが、外国人が活躍する番号という意味付けで44番に変更。

この辺りゲレーロを気遣うあたりは、流石長年巨人の監督やWBCの監督で個性派達をまとめてきただけあるなと思いました。原監督はモチベーターとしても一流ですね!!

原監督としての構想は岡本が4番で岡本の次を打つバッターは外国人に任せたいと江川氏とのインタビューで言っていました。それがビヤヌエバなのかゲレーロなのかはまだわかりませんが、ビヤヌエバの出来、調子次第ではゲレーロが5番を打つ可能性も高そうです。

ゲレーロの性格はムラがあるが実は真面目?やや神経質

ゲレーロといえば性格的にムラが激しく扱いづらいと評判でした。そんなゲレーロも中日時代は森繁和監督がラテン系の外国人の扱いに慣れていたのでうまくいってナゴヤドームでも35本塁打をかっ飛ばし、本塁打王に輝きました。

高橋監督はゲレーロもそうですが、性格的にムラがある選手を気遣ったりはしませんでした。

前にいえたクルーズ選手もモチベーションがなかなかムラがあり、上手く使う事ができず結局楽天にトレード。

ポテンシャルを巨人で発揮する事はできませんでした。ゲレーロもどちらかというと気分良くやれればポテンシャルを発揮するタイプなので原監督との相性は良さそうです。ただし見切りも結構早い監督さんなので

ゲレーロはいかに早めにアピールできるかがカギかもしれません。おそらくチャンスに弱いというのは今年も変わらない気がするので、誰よりも長打を打ち、6.7番にチャンスの強い選手を置くか、6.7番にゲレーロを置いて意外性の打者として活躍するかどちらかでしょう。

見た目どちらかというとチャランポランなイメージも少しあるかもしれませんが、性格は繊細で野球に取り組む態度は真面目との評判です。

契約最終年は打つジンクスがある!?外国人は出稼ぎで日本に来ている!

あと外国人の特徴として契約年数の最終年は契約を勝ち取る為に必死に頑張る傾向があるそうです。

楽天時代野村監督が外国人野手のフェルナンデスがシーズン終盤になって打ち出すのをボヤいていました(笑)

ゲレーロも契約にシビアというか稼ぎに来てナンボという精神で日本に来ていると思うので

ひょっとしたら.280 35本くらい打つ可能性はありますね!!

まとめ

見た目はゴツくてわがままそうなイメージで損をしているゲレーロですが、原監督との関係も良好で

課題の打撃フォームも修正できたのなら中日時代のような活躍が期待できるかもしれません。

プロとはいえ、周りのコーチや監督に恵まれるかというのも重要度としては高いでしょう。

一生懸命、真面目な性格が吉と出るか凶と出るか。今年のゲレーロに注目してみたいと思います。

原監督が巨人復帰!3回目就任は史上初?采配はすごい?ヘッドコーチは?

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2019 All Rights Reserved.