プロ野球とオフ会と私

ジャイアンツ選手で注目は!?開幕第2カード中日戦の見所!

 
nagoya
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは、野球ブロガーのひらっちと申します!今日は夜はジムに行ってました。野球選手みたいなスポーツ選手でも太ってる選手が多いのに、一般人なんてジムくらい行かないと太る一方ですからね(笑)

さてさて、話は変わって開幕第2カードが遂に始まりますね。休みを挟んでですから、投げるのはおそらく、4番手、5番手、そして6番手か1番手という感じで

私は巨人ファンなので、名古屋ドームでの3.4.5日の3連戦に注目しています。 その後神宮に6.7.8日と6連戦が始まるわけですね。

巨人はおそらく4番手は山口俊、5番手は大竹で来て、6番手が中川あたりがくるのではないでしょうか? それか1番手の菅野が来るパターンも考えられますね。

4.5番手は山口俊と大竹と予想!?あとは外国人が見所?

山口俊というピッチャー、ポテンシャルはとても高いのですが、年間通して活躍した年が少なくムラがある印象です。メンタルも弱く、快刀乱麻なピッチングを見せたと思ったら、急に打たれたりとまあ10勝10敗のピッチャーではないでしょうか?ただ4番手で10勝10敗なら全然良いと思います。年間ローテーションを守ってくれれば御の字というか、4番手というのはそういう役所です。ただ、野上と違って完投能力も高いので中継ぎを休ませたりもできるのかなと見ています。 精神的弱さが見え隠れしますので、あとは打線の援護次第といえるでしょう。こういうタイプは強気のリードの大城ともしかした相性が良いのかもしれません。

そして5番手の大竹というピッチャー、かつては速球派でならしたピッチャーですが、シュートを覚えてからは打たせて取るタイプにモデルチェンジしたのかなーという印象のピッチャーです。去年は4勝4敗防御率は5点台ととてもじゃないけど、年間ローテーションを任せられるピッチングとはいえなかったですが、巨人移籍1年目は9勝と実績はある投手なので、今年は打線の復調と中継ぎ陣次第では7勝くらい勝てるのではと見ています。

5回3失点、6回3失点くらいで毎回しのぐパターンなので、打撃の良い大城を使い打線の厚みを増したい所です。

あとの見所は外国人バッターですね、まだ開花宣言をしたとは言い難いゲレーロとマギーの復調が古巣中日でできるのか、広い名古屋ドームですから、日本人より外国人のパワーに期待したいです。あとは吉川あたりが足で搔き回せるか。個人的には京田のようなバッターに成長して欲しいと思っているので、そこも見所でしょう。

開幕カードでは控えに立岡しかおらず、不調の長野を使わざる得ない事態でしたが、ここで思い切って立岡あたりを使ってくるのかもポイントかもしれません。

今年の巨人のキャッチャー体制に注目!?どう使っていく?

あとはキャッチャーの体制も今年の巨人には欠かせないでしょう、去年は我慢して小林を使い守備、リードでは評価を上げましたが、課題のバッティングで足を引っ張る事が多く、痺れを切らしたフロントは岸田、大城と打撃の良いキャッチャーを2人獲得しました。

DHがあるパリーグのキャッチャーだったり、打撃の良いチームならまだしもセリーグで貧打のチームである巨人だと小林の打率に目を向けられてしまうのは致し方ないのかなと。

なので、先発が6回3失点タイプが今年は増えそうな巨人ですから、尚更打撃の良い大城と宇佐見をスタメンで使い、中継ぎから必勝パターンを作る場合小林で逃げ切る方法というのは戦略的に全然ありですね!

そういうキャッチャーを含めた小刻みな継投が今年の巨人の野球として機能するかもしれませんね。

6番手の投手も結構重要?今年は誰がハマるか!?

あとは6番手の投手ですよね、長いシーズンを乗り切るにはこの6番手の投手というのも結構大事です。今年は畠が出遅れていて、期待の中川、吉川あたりが候補になるでしょうか。

最近の巨人は本当にサウスポーが数はいても安定感に欠けますからね。黄金時代を支えた、内海、杉内、山口はかつての力はないので、新しい力が鍵となります。

去年は森福が期待を裏切り、その穴は高木京介が埋める形になるでしょうが、それだけでも、頭数が少ない。

中川の成長と吉川の復調がないと優勝は厳しいといえます。何故なら今年はマイコラスの穴+菅野と田口が去年程調子が良くないと思えたからです。こうなると新しい人が出て来るか、去年ダメだった人が奮起するしかないと思うんです。

中川なんかは斎藤投手コーチに非常に期待されているので、使う機会は増えると思います。

6番手という少ないチャンスをモノにして5番手として5ー8勝くらいしてくれないかなと妄想はしています(笑)

まとめ

さてさてそんな感じで開幕2カード目の注目選手を述べさせて貰いましたが、いやはや。

やはり広い名古屋ドームなので、投手の出来不出来が鍵を握る3連戦となりそうな予感がします。

相手投手もあの松坂投手が予想されたり、ビシエドが爆発している、アルモンテの守備が危ないなどなど中日の新戦力もチェックしておきたいですよね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2018 All Rights Reserved.