プロ野球とオフ会と私

巨人大城卓三打撃力の評価は?代打もいける?肩は強い?小林誠司とのリードの違いは強気?

 
A
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちはー!巨人ファンの野球ブロガーひらっちと申します!今回は期待の新人編と致しまして

巨人の新人捕手として強気のリードと打撃力を駆使して出場試合数を増やしている大城卓三(おおしろたくみ)選手について

語っていきたいと思います。阿部慎之助が一塁にコンバートされた早3年程経ち、小林が去年は正捕手でゴールデングラブ賞を獲得しましたが、今年はドラフト3位で大城卓三選手を獲得し、現在小林に次ぐ2番手捕手として

存在感を発揮しています。今後レギュラーを獲得できる可能性はあるのか?代打としての成績はなど

早速お伝えしていきたいと思います。

阿部慎之助は引退間近!?年齢的な衰えや怪我が理由!?全盛期はいつ?天才的バッティング、凄さ、性格は?

東海大相模出身の大型捕手!NTT日本を経て巨人へ

簡単な大城卓三のプロフィールをあげると

名前 大城卓三(おおしろたくみ)

生年月日 1993年2月11日

年齢 25歳

身長 187cm

体重    89kg

投打 右投げ左打ち

ポジション 捕手

生まれ 沖縄県那覇市 出身

キャリア 東海大相模→東海大学→NTT西日本

家族構成 父 母 兄 兄(双子)

大城選手ですが2個上の兄昌士と双子の兄健二がいて中学までは那覇で過ごし、3人とも東海大相模高校から東海大学に進んで野球を続けています。

特に弟は卓三にそっくりですね!昌士さんは西部ガス、健二さんはトヨタ自動車の硬式野球部に所属している野球一家ですね!特に健二さんは双子で甲子園出場するなどでチームメイトという事で話題になっていたようです。

3人とも右投げ左打ちという事でお父さんも元球児で野球に熱心なのでしょうか?小さい頃から英才教育で左打ちにしたのかもしれませんけど、3人とも兄弟左打ちというのが凄いなーと思います。

東海大相模時代から捕手として活躍、阿部を意識でもしていたのでしょうか?4番捕手というポジションで甲子園準優勝も経験しています。

大学時代もその打撃力には目を見張るものがありDHとして2年生からレギュラー出場、

3年生に捕手になると自慢の打撃力に磨きがかかり、4年生ではMVP2回、首位打者を2回獲得します。

そして社会人NTT西日本に進み、去年巨人にドラフト3位、強肩強打の捕手まさに即戦力と期待されての入団でした。

大城の憧れは阿部慎之助!リードも強気で好評!?肩の強さは?

強肩強打が売りのあこがれはやはり大先輩阿部慎之助だそうで、阿部2世として是非頑張って欲しい所ですが

大城のリードや肩の強さの評判はどうなのでしょうか!?

44試合に捕手として出場し守備率は.991と先輩の小林よりも上の数字をマークしています。

肩に関してはやはり小林の方が送球も正確で上のようですが、盗塁阻止率は大城の方が高いようです。

小林の場合は走られる率が低いのもありますが、大城もちゃんと盗塁阻止率をマークできれば来年以降警戒してあまり走ってくることもすくなそうです。

守備力に関しては今の所プロレベルとしては平均的との評価ですが、経験がモノをいうポジションなので今後スタメンマスクを増やす事によって向上はしてくる分野かと思われます。

やはり売りは打撃力!ファーストでも使える?代打としての出場は?

現在.250 3本 11打点と ルーキーとしてはそこそこ良い成績を残しています。

ただ打撃が売りとなると .265 8本 35打点くらいは期待したい所ですが、あの阿部ですら一年は.220台でしたから

打率に関してはそこまで心配する必要はないでしょう。6月にサヨナラ安打を放つなど代打としても勝負強さを発揮。

阿部程の存在感はまだないとしても大城が代打で出ると何か打ちそうな雰囲気と言うか最低でも進塁打を打ってくれそうなムードを持っている選手ですね!

まとめ

大城自身は守備に課題があるのを自覚してるみたいで向上心は凄いみたいです。

小林にはない要素を結構兼ね備えているので、今年の成長次第では来年からは正捕手になれる可能性を秘めていると言えますね!今年の正捕手争い(小林、大城、宇佐見)はファン目線ではとても面白いと言えるでしょう。

小林誠司が干される?理由は性格?打率?怪我?村田真一との関係、結局春の珍事だった?

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2018 All Rights Reserved.