プロ野球とオフ会と私

巨人に中島宏之はいらない?ポジションはセカンド?守備力と走力は劣化?イケメンで人気が出る?原監督との相性は?代打の切り札の可能性も

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちはー!12球団野球ブログやってます。ひらっちと申します。2018年もやってまいりましたストーブリーグですが

その主役はやはり巨人になるのではないでしょうか?西武浅村はまさかの楽天に移籍したんですが、オリックスからは

“ナカジ”こと中島宏之選手が自由契約になり、2019年は巨人のユニフォームを着ることになりました。

セリーグファン、巨人ファンの方は中島選手の事をあまり知らない人もいるかと思うので、少し語っていければと思っています。

果たして来年2019年は原ジャイアンツ、巨人軍の救世主となってくれるのでしょうか??

中島宏之がオリックス自由契約?理由は減俸?移籍先は巨人?メジャー?阪神?ロッテ?楽天?

西武時代はスーパーショートとして活躍!大リーグを経てオリックスへ

西武時代のナカジといえば松井稼頭央の後釜としてショートに定着しレギュラー10年間で6度の3割を達成、

走攻守3拍子揃ったスーパ-ショートのポジションを得ますが、実は遊撃手としての守備範囲はそれ程広くなく、足の速さも平均よりも劣るようですが、それを肩の強さとベースランニングの技術で補っていたようです。

確実性があり勝負強い打撃は魅力的でしたが、大リーグでは故障やモチーベーションの低下などで活躍できず、オリックスに移籍する事になります。

この当時の給料は3億5千万円でキャリアを考えれば妥当な額とも言えるかもしれませんが、大リーグでは2Aでも活躍できない程劣化しており、そういう面を見るとオリックスという球団は太っ腹と言えば太っ腹ですが、そういう面を考慮して獲得したのか疑問がもたれる補強でしたね。入団後のナカジは年俸に見合った活躍ができず1年目は日本球界のブランクを埋めることができず自己ワーストの.240と低迷。全盛期は20盗塁以上記録していた自慢の走塁も明らかに少なくなり、たったの1盗塁。

西武時代は141盗塁を記録しましたがオリックス時代は2盗塁と散々でした。

守備に関しても西武時代は不動の遊撃手として活躍していましたが、大リーグ時代は三塁と二塁を兼務するように。

そしてオリックス時代は不動の遊撃手安達がいた為、三塁と一塁、指名打者としての出場が主となりました。

守備率もあまり良くなく、かつて3度ゴールデングラブ受賞した守備をオリックスではアピールすることはできませんでした。

西武時代は4回以上も90打点以上を記録しましたが、その勝負強さもオリックスでは発揮できず、最高で49打点止まり。36歳という年齢も考えて30代のナカジは20代の輝きが無くなってしまいました。そして大幅減俸という形になってしまった為、オリックスを自由契約という形をとることになりました。

巨人でナカジは実力を発揮できるか?原監督の評価は上々!

そこで救いの手を差し伸べたのが原監督でした。2009年に出場したWBCでは監督と選手という間柄を経験、右打ちのできるナカジを高く評価していました。確かに近年は守備、走力、勝負強さとも衰え、故障も増えてしまいました。

原監督の元で勉強し直せば、また再起する可能性は秘めていますね。どちらかというと感性でやっているタイプだったようで

20代はそれで良かったですが、30代あたりから感性だけでは通用しなくなってしまいました。もちろん移籍した先の指導者との相性などもあったかもしれませんが、原監督は中島とは非常に相性が良いと言い切っていましたから、上手く起用する可能性はありますね。来年はマギーがいなくなり、新外国人ビヤヌエバ選手、今年成長著しい岡本、吉川選手、そして阿部との併用が予想されます。阿部は40歳という年齢と後継者に捕手としてのイロハを教える為に、捕手と一塁の併用になりそうです。

一応現在は三塁と一塁手としての起用が濃厚ですが、元々遊撃手で大リーグでは二塁も経験、今年は吉川尚が台頭してきましたが、打撃力は中島の方が上なのでもしかしたら吉川が故障した時のバックアップかもしれません。

守備力の衰えはあるものの内野ならどこでも守れるのならユーティリティープレイヤーとしての期待もされているでしょう。今年まではそのポジションは中井がやっていましたが、中井は戦力外でDeNAに移籍してしまったので、来年はナカジが任される可能性があります。つまり何でも屋としての起用が濃厚ですね。

ビヤヌエバの本職が三塁なので、代打、左投手の時のスタメンといった部分でお起用が増えそうです。

外野ももし丸を獲得するとなると、丸、陽、長野、亀井、重信で争う形になると思います。

亀井は内野も守れるので来年は亀井と中島を6.7番で上手く使う可能性はありますね。岡本、吉川がこけた時のバックアップ要因としても使えますし、中井の強化版と考えれば結構な補強な気もします。

来年は何番打者としての起用になりそうか?6.7番が妥当!?

来年の巨人のオーダーを予想してみると…

1.遊撃 坂本

2.二 吉川尚

3.三 ビヤヌエバ

4.一 岡本

5.中 亀井

6.左 ゲレーロ

7.右 長野 

8.捕 小林

1.遊撃 坂本

2.左 重信

3.三 岡本

4.一 ビヤヌエバ

5.捕 阿部

6.右 長野

7. 二 中島

8.中 陽

といった感じであらゆるオーダーが組めそうですね。

調子の良い打者を使って層が厚くなりそうです。

まとめ

原監督との共同入団会見で抱いた印象ですが、関西弁の良いお兄ちゃんという印象で結構人気が出そうな予感がしています。悪くても中井以上の活躍、あわよくばレギュラーとしての活躍も期待できそうなナカジに注目してみたいと思います。

巨人監督は生え抜きだけ?12球団で外様の監督は?評価が高いのは誰2019?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2018 All Rights Reserved.