プロ野球とオフ会と私

巨人監督は生え抜きだけ?12球団で外様の監督は?評価が高いのは誰2019?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちはー!12球団の野球チームを中心にブログを書いているひらっちと申します。さてさて~12球団の人事がほぼ確定した2018年ストーブリーグですが、2019年に向けてどのチームも監督のチーム構想を掲げて動き出している最中だと思いますが、そんな中で一時期そのチームのOB(生え抜き)というのが監督をやることが多かった時期がありました。やはりファンやフロントとも関係が濃く監督としてオファーが出しやすいのでOBが監督になりやすいのが現状だと思いますが、評判が良く優秀でチームを変えてくれそうな人なら他球団からオファーがある外様監督というのは今12球団でいるのでしょうか?

逆に生え抜きしか監督になれないチームがあるのかどうかなど見ていきたいと思います。

巨人は生涯生え抜きしか監督になれないって本当?外様で監督候補だった人達

さてチームカラー、人気の高さ、伝統の強さも含め独特なチームといえる巨人ですが、私が野球を見始めて25年経ちますが

長嶋監督、原監督、堀内監督、高橋監督と4人しか監督になっていません。(長嶋監督が8年、原監督が12年、堀内監督が2年高橋監督が3年)しかも全て純粋生え抜き監督という構図。この伝統に関しては首をかしげるファンも多いみたいです。

それだけジャイアンツ色にこだわっているのでしょうか?あとスター選手しかなれない構図というのも存在しているようです。

やはり人気球団ということで、監督になっているはエース格の選手かクリーンナップを打ったことある選手くらいで

現役時代1.2.6.7番あたりを固めたいぶし銀や切り込み隊長のようなタイプや中継ぎ、抑えで実績をあげたタイプというのも二軍監督止まりで一軍監督にはなれていないのが現状でしょうか?

ただ一時期巨人が低迷していた時に外様監督で候補にまで上がった人はいたようで、星野仙一、落合博満、イチローなどそうそうたる顔ぶれが選出されていたみたいですが、結局監督にはなっていません。

他の11球団で外様監督はいる?今評価がうなぎ上りな監督は誰?

巨人以外の監督を見てみると…

ヤクルト 小川監督(ヤクルト在籍時OB)

広島 緒方監督(広島OB)

中日 与田監督 (中日在籍時OB)

阪神 矢野監督 (阪神在籍時OB)

DeNA ラミレス監督 (DeNA在籍時OB)

西武 辻監督 (西武OB)

ソフトバンク 工藤監督 (ダイエー在籍時OB)

オリックス 西村監督 (ロッテ選手)

日本ハム 栗山監督 (ヤクルト選手)

楽天 平石監督 (楽天OB)

ロッテ 井口監督 (ロッテ在籍時OB)

と11球団中9球団が一度はそのチームに所属した人が監督になっているようです。この中で生涯そのチームで現役時代も同じチームにい続けているのは広島の緒方監督、楽天の平石監督くらいでしょうか?

西村監督は元々はロッテの監督経験者ですが、オリックスのヘッドコーチで前監督の福良監督と親交があったという事で呼ばれてオリックスの監督にまで登りつめています。

栗山監督はそれまで監督、コーチ経験がなく、評論家、スポーツキャスター、解説者として長い間活動していたので大抜擢といえるのではないでしょうか?就任した当時の日本ハムのカラーが他の球団と比べて異端な流れだったのでその時うまくマッチングしたのが栗山監督だったと言えるでしょう。

この2人くらいしか外様の監督はいないのでいかに人脈が野球界には大事かというのがわかる構図ですよね?

2018年現在評価が高い監督は誰?やはり勝たせる監督なのか?

現在評価が上がっているのはソフトバンクの工藤監督ではないでしょうか?今年は2位だったもののクライマックスを勝ち上がり、広島を下しての日本一は見事でした。去年のラミレス監督もそうでしたが、クライマックスシリーズというのは監督の評価やイメージを上げる絶好の見せ所の時期かもしれません。

とはいえ3連覇を達成した緒方監督、FAやポスティングで出ていく選手が多い中結果を出して10年ぶりのリーグ優勝を達成した辻監督の手腕、評価は高いでしょう。

広島の名将といえばはるか昔古葉さんが有名でしたが、25年ぶりの優勝そして3連覇という偉業を達成した緒方監督は単純に実績を出しているのでもっと評価されてもいい監督さんだと思います。

そしてジャイアンツに復帰3度目の監督となる原監督の評価も実績面やマスコミに対する対応力なども含めて評価が高いと言えます。7度の優勝ですからねー。すでに高橋監督の時より明るい野球、きめ細かい野球が期待できそうな雰囲気が出始めている時点で凄いと思いますね。

あとは最下位から今年2位まで躍進させて小川監督、Bクラスで大谷が抜けたのにも関わらず3位で着地し8年目のシーズンを迎える栗山監督も現時点では評価が上がっているといえるでしょう。

未知数ではありますが12球団唯一の捕手出身の監督である阪神の矢野監督というのにも注目して私は見ていたりします。

今年は二軍で超積極的野球を掲げ、最多盗塁の新記録まで作り、阪神野球を根本から変えてきていますし、目の付け所、そして対話を重視する人間性など既に名将の臭いさえ感じてしまいますが、来年の今頃までにどうやって阪神タイガースを変えていくのかは見ものですね!

まとめ

と巨人軍の監督になるための独特なルールであったり、他の球団の外様監督、2019年に向けて評価が上昇中の監督について上げさせて頂きました。チーム補強なども大事ですが、揃った駒をいかにうごかしてチームを勝たせるか?ある意味将棋師のような実力を求められてくるのがプロ野球の監督なのかなと思いますね。

個人的には菊池雄星が抜ける事確定で逆境真っただ中の西武ライオンズを来年はどう動かして勝たせるのか辻監督の手腕に注目したいし、今年最下位に低迷したチームをどう改革、立て直していくのか矢野監督に個人的には注目しています。来年も12球団の監督からは目が離せなそうですよね!!

12球団の監督の評価2018ランキング!実績のある名将は誰?2019年次期監督候補は誰になる?ここ20年で監督歴の長い人は?

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2018 All Rights Reserved.