プロ野球とオフ会と私

ゲレーロが当たってない?マギーはいらない?巨人打線低迷の理由を説く2018

 
down
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちはー!12球団の野球ブログ書いているひらっちと申します!現在交流戦真っ盛りな6月ですが、巨人は7試合消化時点で2勝5敗と借金を3つも作ってしまっています。巨人といえば去年も13連敗をこのくらいの時期に屈し、結局後半の追い上げも及ばず4位と低迷してしまいました。

私が交流戦を日ハム戦、オリックス戦、楽天戦を見た、肌感覚ですが、とにかく打てない、繋がらない。

あれだけ5月打ってた強力打線もいつの間にかチーム打率も.280台から.260台に低迷。

特にゲレーロ、マギーの両外国人は当初期待していたチャンスでの打撃が全く期待できず、両外国人の不振が低迷の原因を作っている感じがしています。彼らが今後打つことはあるのか?今までの巨人の貢献度、他に打線の低迷理由はないかを説いていきたいと思います。

巨人ゲレーロ2ホームランも野上が7失点でノックアウトGW最終日DeNA戦

ゲレーロはチャンスに打てない?得点圏打率は?

一時期3割近くまであったゲレーロですが5月下旬から不振に陥り現在53試合 .264 9本 27打点と このままだと22-25本 65打点~74打点ペース。2年8億円の契約に見合う活躍ができているとは言い難いです。特に気になっているのはチャンスでの打撃でしょう。

得点圏打率は.233 交流戦にいたっては.143とほとんどチャンスに打てているイメージがないです。特に僅差で打っているイメージがなく、大差のついた試合でしか打たないイメージが定着しているんですよね。

良かったのは3.4月だけで5月は.226で得点圏打率は.083とかなりまずい数字が残ってしまっています。

高橋監督はプレッシャーのかからない場面でという事で6.7番に打順を落として起用していますが

正直、6.7.8番を打っていた亀井、長野、小林以上に打てる気がしません。これ以降チャンスで打つ打撃をファンに見せつけてくれないと大ブーイングの可能性が出てきてしまいます。残りの試合でオールスター前までに .280 13本45打点くらいまでに伸ばさないと逆風がゲレーロに訪れることでしょう。

マギーの不調の理由は?衰え?今後の課題とは?

さて去年チーム1の好成績を残し、巨人ファンの信頼を勝ち取ったマギーですが、今年は苦しんでいます。

48試合 .275 5本 23打点 と決して悪い数字ではないんですが4番、助っ人としては.241は寂しい数字が並んでいますね。去年はセカンドマギーとしてブレイクした訳ですが、今年は定位置の三塁手としてスタートしました。

開幕からどうも調子が上がらず、5月頃から徐々に打線の上向きと一緒に上がってきている感はありますが

結構いい場面で打てていないのを良く見る試合が多い印象ですかねー。マギーに関しては去年の好成績の印象が強いので夏場には爆発してくれると信じてはいるんですが、この交流戦をどう乗り切るかが鍵なのでゲレーロ、マギーが両方とも打てない為、巨人打線は繋がらなくなってしまってますね。岡本が4番打者として遂に定着しつつありますが、正直岡本が3.5番を打っているくらいの方が打線がつながるんですよね。なのでマギーが3割 7本30打点くらいやってくれるだけで全然違う気がしますね。

貧打の原因は外国人だけじゃない?打線の流れを止めているのは?

現在の貧打の原因を作っているのは両者外国人だと思うんですが、あとはやはり小林でしょうか?

4月はセ界の小林として勝負強い打撃を見せてくれて一時期首位打者につく活躍をしてくれましたが5月頃から徐々に低下していき、現在はほとんど打てるイメージがありません。なので打撃の強い大城と併用して使ってるのが現状でしょうか?

打線を止めてしまっている一人と言ってしまっても致し方ないのかもしれません。あとは復帰した陽も年俸3億円に見合った活躍を今の所見せれていいないので、今後守備だけの人にならない為には交流戦で打ちまくるしかないですよね。

あとは最近打線を弄りすぎですよね。坂本が足を痛めてしまったのはわかるんですが、1番坂本の方が素人目で見ても機能する気がしますね。

DH 坂本

二 田中俊・立岡・辻

一 岡本

三 マギー

左 ゲレーロ

右 亀井

捕 大城

中 長野

遊 吉川

でも個人的には面白いと思うんですけどね。やっぱり威圧感のある岡本、マギー、ゲレーロは固定で亀井、大城で返す打線も面白いと思います。

まとめ

最近の巨人打線の貧打の原因を探ってみました。怪我や不調はあるにせよ。弄り過ぎない事は大事ですよね。

コロコロ変えるこ事が奇策だとは思えないし、怪我してしまった坂本はDHで遊撃は吉川、二塁は田中、立岡、辻で争う。

この方が打線として機能する気がした今日この頃です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2018 All Rights Reserved.