プロ野球とオフ会と私

巨人7連勝!阿部、亀井のタイムリーでヤクルトとの打撃戦制する!

 
dageki
この記事を書いている人 - WRITER -

こんばんはー!巨人ファン兼野球ブロガーのひらっちと申しますー!

GW2戦目の東京ドームでの巨人VSヤクルト戦でしたが、私の予想通り打撃戦になりました(笑)

最近調子が上向きのゲレーロとマギーの本塁打などで計11得点。 チーム打率も.280まで上げてきましたが

先発の田口は今回も不調で4回7安打6失点で途中降板。11-8という打撃戦を制しましたが

投手陣の不安定さとヤクルト打線の強力さが目についた試合でした。

それでは試合を振り返ってみたいと思います。

巨人打線大爆発!63年ぶりの20得点で5割復帰!

立ち上がりからピンチ連発!高めを狙われバレンティンに3ラン先制ホームランを打たれる

さて今日の田口ですが、速球はまあまあ、変化球は高く、コントロールが甘いという解説の水野さんの評価でしたね。

早速初回からピンチを作り、4番バレンティンにどこまで飛んで行ったかわからないくらいの

強烈な打球を打たれてしまいます。これが先制3ランホームランとなり、初回から一体どうなってしまうんだろう…

今日の田口も厳しいかなという印象でした。

援護点が入ったのが3回坂本がヤクルト先発の石川から初級を捉えてレフトスタンドに2号ホームランで

追撃開始!!そして2アウト1.2塁から最近打率が上がってきたマギーが変化球をすくいあげてタイムリーヒット。

石川に対してマギーは相性が良いみたいでした。そして長野のライト前タイムリーで同点に追いつきます。

5回に田口が荒木に勝ち越しタイムリーを打たれKO!!

ふりだしに戻ったかに見えましたが、上田、青木とランナーをためた所で荒木のタイムリーを打たれ遂に田口がKO!!

そして2番手の宮国がさらに山田哲人に6号3ランホームランを打たれて7-3になってしまいます。

この時点でこの試合は乱打戦になりそうな予感はありましたが…

5回にゲレーロとマギーのホームランで反撃開始!7回阿部の今季初安打で同点タイムリーから一気にビッグイニングに!!

5回にゲレーロマギーの2者連続ホームランが出て7-5になりまたひっくり返せるかというムードが試合に出てきます。

7回には1アウト満塁の場面で阿部が登場!!この試合の時点ではまだ4月ヒットが出ていませんでしたが

2点タイムリーを放ち!遂に7-7の同点に追いつきます。そして2アウト2.3塁の場面で代打亀井がタイムリー2ベースで

一挙逆転!!遂に9-7であっという間にチームの雰囲気が変わってしまいます。そして坂本、ゲレーロのダメ押しタイムリーで

11-7とビッグイニングを作ります!!

8.9回は澤村→カミネロのリレーで何とか乗り切り打撃戦を制します。

8回は澤村、9回はカミネロで必勝リレーで乗り切る体制でしたが、9回2アウトからカミネロがとんでもないボールで

暴投し11-8に。この日のカミネロはコントロールが不安定で9回2アウト満塁のピンチを迎えましたが

何とか乗り切り、11-8で打撃戦を制します。最後までヒヤヒヤでしたね苦笑

まとめ

先日予想した通り、田口の試合は打撃戦じゃないと現在勝てなそうですね。

ヤクルト打線が強力なのもありますが、4月のような不安定な投球を5月も続けるようだとローテーションから外れる可能性も

出てきてしまうくらいの危うい内容でした。

現在は打線がチーム打率を.280を越えるくらい好調なため打線が投手をリードする展開がまだ続きそうな予感です。

最近はゲレーロ、マギーが調子を上げてきているので彼らの好調が続くようだと連勝も伸ばせそうですよね!!

今年のジャイアンツは5年程続いた貧打からようやく解放されそうな感じがしてきた2018年シーズンでした。

菅野智之は小林誠司と仲良し!変化球を自由自在の凄いピッチングでコンビネーション抜群!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2018 All Rights Reserved.