プロ野球とオフ会と私

ビヤヌエバはなぜ巨人に?ポジションは?打撃力と守備力を分析!日本で活躍しそう?

 
gaikokujinn
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちはー!野球ブロガーのひらっちと申します。さて2019年シーズンに向けて各チームの新外国人選手を見ていたりするんですが、巨人が獲得した元パドレスのクリスチャン・ビヤヌエバ内野手について今回は語っていきたいと思っています。

去年まで2年間在籍しクリーンナップとして活躍してくれたケーシー・マギーが退団し、ポストマギーの穴埋めを期待されていますが果たして日本野球に適応できるのか?打撃、守備力など詳しくは未知数ですが、筆者が動画などを見てみて

2019年の巨人でどれだけの成績を残すか予想したいと思います。

2018年プロ野球助っ人外国人ランキング!退団、自由契約しても獲った方が良い選手は?セリーグ編

クリスチャン・ビヤヌエバのキャリア・経歴は?どんなバッター?

ビヤヌエバはメキシコ出身の選手で野球選手としてのキャリアは17歳からスタートします。

まずはテキサス・レンジャースと契約2009-2010年はルーキーリーグ、2011年は1Aで走攻守3拍子揃った好選手として好成績を残します。この頃は足も速く32盗塁をマークしています。

その後カブスへ移籍し2013年は2A、2014、2015年は2Aと3Aでプレー、この頃は中距離ヒッターとして頭角を現し始めますが、2016年は怪我で1年間プレーできず。

2017年からパドレスに移籍しようやくメジャーデビュー、ここでは12試合の出場に留まりますが4本塁打をマーク!

そして2018年は開幕からメジャーで大爆発!4月は8本塁打で月間最優秀新人に選ばれますが途中で息切れし

110試合.236 20本46打点の成績でシーズンを終えます。

この頃阪神なども獲得に興味を示していましたが、結局巨人に11月21日に入団が決定し背番号33番 年俸2億2500万円で契約します。

来季は岡本の前、もしくは次を打つ3番、5番あたりを打つのかもしれませんね。

動画を見た限りですと低めの球や変化球をうまくホームランにしている印象があるので、ローボールヒッターなんでしょう。

日本の野球、特に変化球でかわしていくスタイルのセリーグの野球に合っているのではと思いましたね。

広角に打つというよりはレフトスタンドの打球が多い印象で、たまに右中間にも打球が飛んでいました。

ただ、外角のスライダーにくるくるバットが回ってしまい、出塁率が低い部分がメジャーでは評価されず

パドレスの若返りの方向性などの理由もあって日本球界という移籍という流れもあったようです。

アレックス・ラミレスなども四球を選ばず初球からガンガン打っていくので出塁率はそれ程高くなかったですが、打率が高くチャンスにも強かったで日本では大成しましたね。日本では外角のスライダーの見極め、チャンスに強いか、打率が残せるのかも注目のポイントとなりそうでうs、

マギーはアベレージヒッターという印象ですが、そこにさらにパワーが加わった印象で

打率は.260-.280 本塁打は20-30本くらい打つのではないでしょうか?

守備力ですが去年は三塁手を守り、動きも体型の割には軽快で肩も強く岡本より守備力は現時点では上かもしれませんね。

岡本、ビヤヌエバどちらが一塁か三塁かで原監督を悩ませそうです。まれにセカンドも守れるようでこちらの動きも決して悪くなく肩が強いので一二塁間の打球はうまく捌いていました。

去年阪神に在籍したロサリオ、日ハムに在籍したレアードに似たタイプかもしれません。パワーはありますが、柔らかい印象もあり。これはひょっとしたら日本でも大化けする可能性大ですね!

ビヤヌエバがもしレギュラーで一年間働いてくれたら一体どんな打順になるのでしょうか?

原監督は長打力のある強打者を2番に置きたい意向を持っているらしく、亀井なのか、丸なのか気になる所ですが

1.左(中) 重信 .280 3本 30打点 28盗塁

2.中 丸 .302 27本 86打点 12盗塁

3.遊 坂本 .327 17本 82打点 7盗塁

4.一(三)(左) 岡本 .315 35本 112打点 4盗塁

5.三(一) ビヤヌエバ .275 28本 85打点 8盗塁

6.右 亀井・長野 .273 11本 50打点 3盗塁

7.二 吉川・中島 .268 5本 40打点 20盗塁

8.捕手 炭谷・小林・阿部 .233 5本 28打点 1盗塁

控え 陽、田中、吉川、大城 ゲレーロ、松原

このような打順がもしかしたら組めるかもわかりませんね。

今年の広島のように打者の競争が激しくうまく相互作用が生まれると良いですが…

まとめ

巨人は丸、中島、炭谷、ビヤヌエバと 外野手1名、内野手2名、捕手1名を補強しましたが、丸以外は未知数な部分が強く

それはビヤヌエバでも同様でしょう。去年も4月は良くてもその後失速したように年間通してムラなく打てれば首脳陣の信頼も増して固定で使われる事になるかもしれないですね。打撃、守備力ともに評価は思っているより評価が高いだけに

安定感を身に付ければ日本で長く活躍できる可能性もあると現時点ではいえると思います。

ライアンクックは巨人にいらない?いる?怪我の調子は?救世主ストッパーになるか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2019 All Rights Reserved.