プロ野球とオフ会と私

近本光司は新人王&盗塁王候補!肩が課題?打撃や守備の評価はどう?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちはー!12球団野球ブロガーと申します。2019年も開幕が待ち遠しいですが、特に阪神の中では韋駄天・俊足そして盗塁をたくさん期待されているドラフト1位で獲得した近本光司(ちかもと・こうじ)という選手に注目が集まっています。オープン戦でもその俊足を活かして6盗塁をマークして首脳陣にアピール!

開幕スタメンで1番が濃厚の近本選手ですが、赤星2世、新人王の可能性はあるのでしょうか?

プロで活躍するために必要な課題なども含めてみていきたいと思います。

阪神のドラフトは下手?2018年は失敗?結果&評価は?歴代ドラフト1位で成功はいる?

近本光司選手の守備力は高い?肩が弱点と呼ばれているは果たして

近本選手といえばポジションはセンターで左投げ左打ちの選手です。

外野といえば糸井、福留という大ベテラン選手がいますが、二人ともゴールデングラブ賞常連の選手でしたが

年々衰えが目立ち始めています。おそらくライトが糸井でレフトが福留になりそうなので

センターを守備範囲の広い近本選手が埋めるという形が濃厚でしょう。50m5.8秒の俊足を活かして

甲子園を駆け巡るシーンが2019年はたくさん見れそうです。評論家、ファン共に心配しているのは

近本選手の肩力だそうです。実は大学時代は投手を務めていましたがそこで肘と肩を痛めてしまい、3年生から外野手に転向した経緯からかつてのスローイングはできないみたいです。元から肩が悪いというわけではなさそうですね。ただセンターに関してはライト、レフトに比べると守備範囲を重視されるポジションなため肩が強いに越したことはないですが、近本選手の打撃、走塁に期待して今年は年間で起用する可能性が高そうです。

ただ筆者が動画やオープン戦を見た限りですとそこまで肩も悪くない印象ですし大丈夫ではないでしょうか?

かつてセンターを守っていた赤星選手も決して肩の強い外野手ではありませんでしたが、圧倒的な守備範囲の広さと打撃力があったため、現役9年間はずっとセンターのポジションを守り続けました。

近本選手の打撃力の評価は?自慢の足で盗塁はいくつ稼げそう?

近本選手といえば、170cmと小柄ですが、意外とパンチ力があると評判です。ただ甲子園を本拠地にしているので

本塁打の量産は難しいのではないでしょうか?だいたい5-10本くらいの間と予想します。パンチ力は上本選手くらいあるかもわかりませんね。足をあげる1番打者といえば古くはダイエー西武で活躍した佐々木誠、阪神だと坪井選手のイメージに近いでしょうか?赤星選手のような典型的な小柄なアベレージヒッターというよりは意外性も兼ね備えた1番打者になりそうな雰囲気を持っています。

おそらく調子がよければ.280 8本45打点くらい打てそうな素材です。

ただ年間で活躍するかはまだ未知数なので調子が悪ければ.240-.260くらいになる可能性もあります。

足があるとはいえ1番で.240だとレギュラーとしての出場は減り、2番打者として小技を磨いていく必要性も出てきます。近本選手が1番に定着する秘訣は打率の向上と言えるかもしれません。

そして自慢の走塁、盗塁ですが、オープン戦では17試合で6盗塁。盗塁死も1と成功率も悪くないので矢野監督なら積極的に走らせてくるのではないでしょうか?3試合に1個ペースと考えると143試合に出れば47個。

夏場の疲れ、打撃低迷などでペースが落ちたと仮定しても30個くらいは稼ぐのではと見ています。

もちろん故障せず年間出れたらの話ですが… 一流打者というのは故障にも強いというのも大事ですから近本選手は年間故障せずシーズン戦い抜いて欲しいです。

新人王を狙うにはどのくらいの成績を残せばよい?ライバルはいる?

セリーグでは新人王候補とも呼ばれている近本選手ですが、新人王を獲るにはどれくらいの成績を残せば良いのでしょうか?

ライバルが少なければ110試合.265 3本 30打点 20盗塁

このくらいの数字でも新人王を獲れる可能性はあるでしょう。

しかし各球団ライバルがいると思います。

巨人だと高橋優投手、広島の床田投手、ヤクルトの清水昇投手、塩見、村上選手、DeNAの上茶谷、大貫投手、

中日の勝野、梅津投手、そして阪神では同僚の木浪選手、斎藤友投手などルーキー、2-5年目の選手でも

資格者がいるのに彼らより良い成績を残さないといけません。

特に村上選手、上茶谷投手はチームにライバルも少なく、ポテンシャルも図抜けているので年間通して出場できる可能性が高そうです。

村上選手は120-140試合出たと仮定した場合.255 17本 55打点 10盗塁くらいしそうです。

上茶谷投手が20-27試合登板したと仮定して 12勝9敗 防御率3.45くらいしそうです。

そのレベルに勝つには

140試合 .295 10本 47打点 35-40盗塁 出塁率.350-.370

このくらいの成績は必要かもしれません。とにかく近本選手は打率と盗塁で差別化していくしかチームの競争、他球団との争いに勝つ道はないでしょう。

まとめ

チーム内にも高山選手、中谷選手、江越選手などがいますが、やはり打率と盗塁を伸ばしていく事で彼らとの競争にも勝てる可能性が高く、一番の売りは盗塁数と言えるでしょう。

矢野監督が掲げる超積極的野球の申し子に近本選手がなることができるか、1年目から山田哲人選手や田中広輔選手ら盗塁王常連の選手を差し置いて盗塁王のタイトルが獲れるか注目してみたいと思います。

そんな盗塁王候補、新人王候補の近本光司選手の素晴らしいプレーを堪能したいのならDAZN(ダゾーン)がおススメです!1ヶ月は無料で近本選手のプレーも楽しめます!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2019 All Rights Reserved.