プロ野球とオフ会と私

プロ野球の順位予想セリーグ編2018

2018/03/25
 
juni
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!セリーグは巨人、パリーグは日本ハムとオリックスを主に応援したり、チェックをしたりしてます野球好きなブロガーひらっちと申します!

私自身野球好きな人を集めて野球ライングループなんてのをやってたりするんですが、そこでも気軽に順位予想をしてもらったりしていました。

そこでは阪神と楽天を推す人が多かったのですが、あながち間違っていないなと思いました。

ではまずセリーグから個人的な見解になるんですが、順位予想をさせて頂きますので宜しくお願いします(笑)。

セリーグの順位予想はずばりこれだ!!

優勝 巨人

2位 阪神

3位 広島

4位 中日

5位 DeNA

6位 ヤクルト

とさせて頂きました!意外?それとも妥当な線でしょうか?

正直な話、新外国人、新人、故障者の復活、期待のホープの活躍など読めない要素が加味した場合の上乗せと

やるべきレギュラー陣の不調、故障というのは全然予想がつかないのでたらればの話で進めさせて頂きます。

巨人が優勝の理由は?先発陣と中継ぎ陣の充実?ゲレーロとアベレージヒッターが軒並みの成績を残せば優勝!

今年は高橋監督3年目という事で、1年目は2位、2年目は4位という結果に終わっています。

やはりここ数年の流れを見てみるとベテラン陣の衰え、不調、故障が顕著でしょう。原政権後期を支えてきた先発内海、杉内、澤村、西村、大竹、中継ぎだと山口の左投手の勤続疲労と故障で左投手が少なくなりました。絶対的な選手がいなくなった所、菅野、田口で埋めてきた感がありますね。これだけベテランが一気にいなくなると中堅、若手の底上げを期待したい所ですが、そこを怠ってきたツケというのを支払されている感がしますよね?

特に去年は先発の4.5番手と期待された内海が2勝7敗、宮国が1勝7敗と低迷、中継ぎ陣もマシソン以外は結構ボロボロな状態で13連敗も記録してしまいました。

菅野、田口でそれなりの貯金は見込める訳ですから3番手以降の投手がちゃんとローテーションを守れるかが肝になりそうです。西武から移籍の野上、山口俊、そして去年6勝をマークした期待の若手の畠がどれだけやるかでしょう。

個人的には野上 25試合9勝9敗 山口26試合12勝8敗 畠 24試合 9勝6敗

このくらいの安定感が出せれば菅野、田口で10-15の貯金を作って優勝を狙える位置につけるかなと思います。今年はそろそろ杉内の復活も期待しているので5.6番手で出てこないかなと淡い期待をしている筆者です。

中継ぎは上原の加入と澤村の復帰で安定?問題は左投手か?

さて去年はマシソンと西村、田原で回していたと思うのですが、他に安定した中継ぎ投手がいませんでした。

そこに大リーグから上原の復帰は大きいかなと、彼のピッチングを見て感化される若手、中堅はいると思いますし、何よりテンポと度胸が良いのでまだまだ40試合で防御率2点台をマークできるのではと見ています。あとは去年を棒に振った澤村の復帰でしょう。彼が中継ぎなのか抑えなのか、それとも先発なのか、どこなら力を出せるかが今年の見所です。あとは左投手で戸根、山口、吉川の復調を!

打線はゲレーロで厚みが増し、ホームラン数は飛躍の兆候?

今年は中日で35本塁打をかっ飛ばしたゲレーロを獲得しました。彼が入る事で打線の厚みが一気に増すと思います。

1.中 陽 .290 18本 58打点 13盗塁

2.二 吉川 .273 5本 29打点 20盗塁

3.遊 坂本 .308 22本 91打点 8盗塁

4.左 ゲレーロ .296 40本 112打点 4盗塁

5.三 マギー .326 19本 86打点 3盗塁

6.一 阿部・岡本 .268 10本 32打点 0盗塁 .286 12本38打点 3盗塁

7.右 長野 .271 13本 48打点 2盗塁

8.捕 小林・宇佐見 .220 3本 25打点 1盗塁 .286 7本 24打点 1盗塁

の布陣でいくでしょう。そしてこのくらいの成績を残してくれれば安泰かなと。

このレギュラー陣がいかに固定できるかが優勝のカギを握ると思います。

これだけの戦力でも阪神の追い上げを予想、広島は故障者が出るのでは?

それを追い上げるのは去年2位の阪神ではないでしょうか?金本監督も3年目を向かえて猛練習の成果がそろそろ実る頃かなーと見ていますが

不安はやっぱり先発陣ですよね?

メッセンジャー、秋山、藤浪、岩貞、能見、小野、青柳と去年は安定感を欠いた投手が多かった印象です。

ただし、その投手が奮起すれば一気に優勝も見えてきます。特にここ2年で10勝の藤浪、去年5勝の岩貞が好調であれば

メッセンジャー 25試合 11勝7敗、 秋山 27試合 13勝10敗 藤浪 27試合 14勝9敗、岩貞 25試合 11勝10敗

このくらいやってくれたら一気に優勝の可能性もありますよね?ただし藤浪と岩貞が未知数な為2位とさせて頂きました。

中継ぎ陣も充実していますが、今年勤続疲労が起きないかの不安要素はありますよね?

打線は元々悪かったのがロサリオの加入で良くなるでしょう。

1.左 高山 123試合.311 17本 68打点 7盗塁

2.二 鳥谷 143試合 .300 8本 53打点 9盗塁

3.中 福留 108試合 .298 17本 70打点 3盗塁

4.一 ロサリオ 135試合 .334 38本 112打点 5盗塁

5.右 糸井 140試合 .298 15本 75打点 17盗塁

6.三 大山 118試合 .267 20本 65打点 8盗塁

7.遊 糸原 105試合 .278 6本 38打点 6盗塁

8.捕 梅野・原口 115試合 .230 7本 35打点 68試合.318 6本 29打点

あたりが妥当じゃないでしょうか? 高山の復調と大山の成長が打線のカギかなーと見ています。

では次回は3位の予想の広島の戦力分析から語らせて頂きたいと思いますのでまた!!

プロ野球の順位予想セリーグ編2018中盤編

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2018 All Rights Reserved.