プロ野球とオフ会と私

プロ野球2019新外国人の評価は?外国人枠が気になる?セ・リーグ成績予想!広島・ヤクルト・巨人編 

2019/01/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちはー!主にプロ野球系のブログを書いているひらっちと申します。

2019年も各球団選手がほぼ決まりまして、リーグ優勝と日本一に向けて調整を続けている段階だと思いますが

今年も新戦力で各球団外国人の力に頼る部分が大きいと思います。

去年優勝した広島もジャクソン、フランスア、ジョンソン等外国人投手陣が屋台骨を支えているくらい

戦力としてはかなり大きなものになると思いますが、2019年はシーズン前から新外国人のチェックをしてみたいと思います。今からどんな数字を残してくれるのか予想するのも楽しいと思いますので

筆者の独断と偏見ではありますが(笑)新外国人選手の紹介成績を予想してみたいと思います。

広島カープは投手を2名獲得!投手主体のチーム構想か!?

広島カープは去年まで中継ぎで活躍していたジャクソン投手が自由契約。長年クリーンナップを打ってきたエルドレッド選手も自由契約となり、戦力ダウンがささやかれましたが、2019年に獲得した選手を紹介したいと思います。

ケーシーローレンス投手

年齢 31歳

身長 188cm 体重77kg

右投げ 右打ち

背番号 70

年俸 5900万

平均 147kmの速球ツーシーム、スライダー、チェンジアップ、カーブを投げる技巧派投手で

非常にコントロールの良い投手で1試合の与四球率1.63だそうで、大崩れしなそうな投手ですね。

割とサイド気味に投げるタイプで日本にはあまりいないタイプでしょうか?

去年もオリックスのアルバースが活躍したように、コントロールの良い投手が重宝されるようになってきています。

タイプ的には先発でしょうか?大瀬良、ジョンソン、野村、岡田の次の5番手として期待されているかもしれません。

カイル・レグナルド投手

年齢 30歳

身長 188cm

体重 103kg

左投げ左打ち

背番号 58

年俸 約4400万円

メジャー経験はないものの去年は48試合 4勝1敗3S防御率4.77の数字を残しています。

奪三振率が高く、ワンポイト、中継ぎタイプでしょうか?

140キロ後半のストレートにスライダー、チェンジアップとカーブを織り交ぜたスリークォータータイプの投手です。外国人にしては割とオーソドックスなタイプですかね。

去年活躍したフランスア投手の保険で獲得したのでしょうか?今年も投手に比重をかけてきそうなので

登板する機会は増えそうな予感です。

ちなみに1月現在野手の補強はされておらず現状、バティスタとメヒアで事足りるという計算でしょうか?

確かにバティスタは年間出たら30-40本打ちそうな長打力ですから投手比重となっているようです。

ヤクルトは投手を補強!スアレスはローテーション入り期待!?

去年2位に躍進したヤクルトですが、課題は明白で投手陣の強化にあります。

去年はブキャナンが二桁勝利で残留しましたが、2名の新外国人投手を獲得しました。

アルバート・スアレス投手

年齢 29歳

身長 188cm

体重 106kg

右投げ右打ち

背番号 70

年俸 約4950万円

先発タイプとして獲得!ちなみにソフトバンクのロベルト・スアレス選手の兄だそうで、

兄弟同士の対決というのも見れるかもしれませんね。

速球は150km前後で決め球はシンキングファーストボール(日本では高速シンカー)

スライダー、カーブ、チェンジアップ、カットボール球種は多彩で割かしコントロールの良いタイプ。

動く球で割かし内野ゴロで打ち取る技巧派といった所でしょうか?

去年は日ハムのマルティネスが動く球を操り二桁勝利を挙げているので

スアレスもこの多彩な変化球を活かして日本球界で活躍できるか注目ですね!!

ヤクルトの投手陣は選手層が薄いのでライアン小川、ブキャナンの次あたりに食い込めるかもしれませんね。

スコット・マクガフ投手

年齢 29歳

身長 180cm

体重 86kg

右投げ右打ち

背番号 37

年俸 約5500万円

主に秋吉がトレードで日ハムに移籍したため、中継ぎとして期待されているそうで

3Aでもほとんど中継ぎとして投げています。

持ち味はフォーシームとツーシーム(シュートボール)でしょうか。

変化球はスライダー、チェンジアップを投げるそうです。

右打者は内角にえぐるツーシームは打ちづらそうな雰囲気がします。

コントロールはどうでしょう?それ程良くない感じもしますが

去年は奪三振率はマイナーながら投球回を超えていますし、与四球もそれ程多くはありません。

マクガフが中継ぎとしてしっかり仕事をすれば、年齢層の高い投手陣も上手く運用できそうですね!

巨人は投手と野手をバランス良く補強!活躍なるか?

シーズンオフは丸選手を中心に大型補強をした巨人ですが、新外国人もしっかり獲得しているようなので見てみましょう。

ライアン・クック投手

年齢 31歳

身長 188cm

体重 97kg

右投げ右打ち

背番号 24

年俸 約1億4000万円

トミージョン手術を受けて病み上がりのシーズンだった2018年はマリナーズで19試合に登板して

投球回数より奪三振が上なようです。

全盛期は2012年-2013年で年間70試合以上で防御率2点台の成績を残しています。

フォーシーム、ツーシーム、スライダー、チェンジアップを投げるようです。

その時より球速は落ちてるとの事ですが、手術などの苦労を経て上手くモデルチェンジをして

円熟味のある投球を日本で見せる事ができるのでしょうか?抑えとしての起用を首脳陣は考えているようです。

クリスチャン・ビヤヌエバ 内野手

年齢 27歳

身長 180cm

体重 95kg

右投げ右打ち

背番号 33

年俸 約2億2500万円

去年はパドレスで20本塁打をマークするなど、長打力はあるので主砲として30本以上は期待されるでしょう。

原監督いわく守れる外国人というのがキーポイントだったようで、本職の三塁だけでなく一塁、二塁、遊撃とどこでも守れるユーティリティープレイヤーという部分も強みではないでしょうか?

去年40発で本塁打王に輝いたDeNAのソト選手のように、大爆発なるか?

動画で見る限りローボールヒッターのようなので変化球主体の傾向のあるセリーグの野球に合うのではと筆者は見ていますが果たして。。。

まとめ

2019年セリーグのAクラス3チームが1月時点で獲得した新外国人選手を挙げさせて貰いました。

さてこの中からチームの主力として活躍できるのは何人出てくるでしょうか。

近年は外国人投手の方が当たりが多い気がしているので、日本の野球を学ぼうという姿勢が大事ではないかなと見ています。前評判の良かった選手が故障や不振で成績を残せなかった選手を山ほど見てきているので

結構保険で獲った選手が活躍する場面も見られるかもわかりませんね!

プロ野球2019新外国人の評価は?外国人枠が気になる?セ・リーグ成績予想!DeNA・中日・阪神編

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2019 All Rights Reserved.