プロ野球とオフ会と私

アマダーはいらない?クビ?ドーピング陽性で解雇決定!抹消された理由は何?

 
weakness
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちはー12球団野球ブロガーのひらっちと申します。8月9日の昼間にプロ野球ファンに衝撃のニュース速報がやってきました。何と楽天3年目の135キロの巨漢のアマダ-選手がドーピング反応陽性で6ヶ月の出場停止処分を食らってしまったのです。この処分は日本球界としては約7年ぶり(7年前は井端選手)の出来事となってしまったのですが、

ドーピング反応の前に既に脇腹を痛めて登録抹消されていたアマダ-選手。

今年は既に20本塁打と好調を維持していてウイーラー、ペゲーロが不振の中良く頑張っているとのファンの声も大きかっただけにショックも大きかったのではないでしょうか?

よほどの優良外国人でもない限り解雇は妥当だと筆者は思ってしまうのですが楽天がどう判断するかですよね?

平石監督もこの件に関しては責任者として謝罪するしかない感じでした。本当にいい迷惑ですよね?

アマダ-自身はドーピング使用を否定しているみたいですが、どうなんでしょう?

今回のドーピング陽性反応ですが、一体どんな薬を使っていたのか野球機構のルール、規約や

それによってアマダ-選手の成績が良くなったのか?など色々語っていこうと思います。

楽天イーグルス低迷は貧打?投手崩壊?最下位の理由を探る2018

4.5月は大不振も6月から急激に打撃が向上!7月は10本塁打を放つ

今年の楽天が低迷した理由として3.4.5月の失速が挙げられますが、その原因を作っていた外国人としてアマダ-の不振が挙げられます。

4月.187 5月.176ととてもじゃないですけど、助っ人としての成績とは程遠い所にいました。

しかし6月に突如爆発し始めます。(笑) 6月は.364 4本 13打点

7月はなんと.304 11本17打点と夏男ぶりを発揮、今年のアマダーは30本塁打打つんじゃないかと思った楽天ファンも多かったと思いますが、まさかのドーピング陽性反応で終了してしまいました。

去年も23本塁打を放ちながら打率は.237とペゲーロとウィーラーに比べて成績は劣り第3の外国人という立ち位置だったアマダ-。

やはり焦りみたいのがあったのでしょうか?5月の時点でこの成績だと解雇されるという焦りから薬に手を出してしまった可能性が高そうですね。

そして今回のドーピングの種類ですがクロルタリドンフロセミドというものらしいです。

この薬は野球選手にとってどういう効果をもたらすのでしょうか!?

クロルタリドンフロセミドには筋肉増強の効果はないが、日本では販売禁止薬物!?

クロルタリドンフロセミドですが、この薬自体は利尿率を高める効果があるそうです。

アマダ-の巨漢からして高血圧だから飲んでいた可能性があるのは捨てきれませんが、日本では販売禁止なので一体どこから手に入れていたのかも気になる所ですよね?

大リーグだとマリナーズのロビンソン・カノ選手が使い80試合の出場停止処分を食らっています。

ドミニカの医師から処方されたと言っていますが、薬物に厳しい大リーグ。ドーピングに関する知識が不足していたってゆーのも言い訳になりませんよね?それが本当だったとしても。

実際運動能力向上薬の隠ぺいや急激な減量をする時に効果を発揮する薬の様で、アマダ-は今まで一度もドーピング剤を使った事がないと否定はしていますが、別の薬物を隠ぺいするために使ったと疑われるのは避けられませんよね?

筋肉量を残して体重を減らすことができるアマダ-にとっては魔法の薬だったのかもしれませんが、それが発覚してしまった以上はそれに値する代償を払うはめになりそうですね!

アマダ-は脇腹を痛めて既に登録抹消されていた!?ドーピング検査との関係性は?

アマダ-選手はドーピング反応の陽性が出る前の8月3日に登録抹消。

実は8月1日にドーピングの再分析、2日に違反の物質がやはり見つかり、それが理由で抹消なのかと思いましたが

既にアマダ-選手は脇腹を痛めていてそれで抹消されたのが本当の理由だそうです。

尿検査があったのは6月13日ですからまさにアマダ-選手が打撃好調だった時期と被りますよね?

他の薬を隠ぺいする為に使ったならば、隠ぺいされた薬は筋肉増強剤である可能性が考えられそうですよね?

まとめ

今回のアマダ-薬物事件は非常にファンにとって残念ですね。135キロの巨体を活かしてファンからも愛されていた選手ですからね。このまま退団になってしまうのは惜しいですが、お客さんが見ている以上はフェアな状態で

野球をやって欲しいと切実に願う今日この頃でした。。。

平石洋介監督代行は有能?結婚、嫁、子供はいる?性格、人柄は?野村克也氏との関係性は?

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2018 All Rights Reserved.