プロ野球とオフ会と私

巨人アダメスサムエルがアメダスと間違えられる?変化球は?今後するべきことは?

 
tokyodome
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちはー!野球ブロガーのひらっちです。一応巨人ファンなので巨人のマニアックな部分まで色々ブログでお伝えできたらと思います。

今回取り上げたいのはゲレーロがコンディション不良で二軍落ちしたため、一軍に上がってきたサムエル・アダメス投手(23)

についてお伝えしていきたいと思います。ドミニカ出身でカミネロに似たタイプなのかなーと第一印象見えたりしますが

陽気なカミネロに対して物静かで穏やかな性格のアダメスだそうです。

ではプロフィールからお伝えしていきます!

ゲレーロが当たってない?マギーはいらない?巨人打線低迷の理由を説く2018

ルーキーリーグから巨人へ?3年目の23歳の中継ぎタイプ投手

名前 サムエル・アダメス

出身 ドミニカ共和国

身長 193cm

体重 86kg

背番号 025→92

キャリア  コバデナ高校→ドミニカン・マイナーリーグ(2014-2015)→巨人

2016年この頃たくさんの外国人が解雇され、育成枠として入団、最初の背番号は025でした。

二軍での登板でも最初はコントロールが悪かったみたいですが徐々に改善。

遂に抑えのエースとして二軍では完全無双していたそうです。

今年の二軍成績は19試合1勝1敗 11S防御率2.18という好成績を上げていました。

初登板は力のあるストレートを披露!変化球の種類は?

そして6月24日スワローズ戦で初登板、筆者が見た印象ですがスリークオーター気味で

抜ける感じでシュート回転していくイメージでしょうか?右バッターは打ちづらそうな印象です。

球速はMAX157kmとのことですが、常時147-152kmあたりを計測!マシソン、カミネロ程の球速はないですが、球の力はありそうですね!

さて気になる変化球ですが、カーブ、チェンジアップに、日本に来てからフォークボールを覚えたそうです。

ただ速球or速球のようなシュートボールの割合がかなり多く、まだ変化球の割合は少ないみたいですね。

見た感じ低めに沈むようなシュートっぽい速球が武器ですかね。これなら内野ゴロを多くとれそうな右バッターにとっては嫌な投手になりそうです。

フィールディングも長身の割にはそつなくこなしていて動きも悪くない感じでした。

外国人投手でシュートピッチャーといえばその昔最多勝を獲得したガルべス投手という投手がいました。

ガルべスよりは背丈があるので角度がありますね。横の曲がりよりも沈みながらシュート回転していくので低めの球は角度もあって今後の武器となりそうなのです。あとは左バッターに対しての攻め方が課題になりそうな感じですかね。

スライダー系の球を使って横の揺さぶりをかけるか、遅いカーブを覚えて緩急を使ったピッチングを見せるかが鍵となりそうです。

広島戦でウグイス嬢からアメダスとコールされる笑、解説者も苦笑い

さて先日の広島戦ですがちょっとしたハプニングがありました。

大量点を取られ負けゲームだったということで敗戦処理でアダメスが登板だったのですが

ウグイス嬢がアメダスとコール、球場内からはざわめきと笑いが(笑)

解説者も間違えちゃダメですよと苦言を呈していました。

雨も降っていたので思わずごっちゃになってしまったのでしょうが、間違えちゃダメですよね?

まあyoutubeでネタにされてしまうくらいですから、この敗戦ムードの試合ではある意味話題提供になったのかもしれませんね。

まとめ

さてまだ若手投手の部類に入るアダメス投手ですが、個人的な印象だと全然今後期待していい投手でチャンスもあると思います。特にカミネロ投手が不安定なピッチングを見せているので安定感のあるピッチングを見せてくれれば中継ぎ投手、ひょっとしたら抑え投手として成功できる可能性を持ったピッチャーになり得る可能性も全然ありますね。

マシソン→カミネロの必勝リレーから マシソン→アダメスという必勝リレーに変わる日も近い将来あるかもしれません。

まずはコントロールの安定と決め球、緩急の習得が必須かなと見ています。10試合投げてみて防御率2点台で乗り切れば

カミネロから抑えの座を奪い取るくらいのチャンスが巡ってくるかもですね。期待しながら見たい投手です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2018 All Rights Reserved.