プロ野球とオフ会と私

2019パリーグ打点王候補を予想!歴代最多は誰?濃厚は山川・柳田・デスパイネあたりか?

 
ranking
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちはー!野球中心にブログを書いている”ひらっち”と申します!オープン戦もはじまり各球団イキのいい新人から、新外国人まで去年までとは違った野球が楽しめそうでワクワクしています。

この時期だからこそできるタイトル予想を考えるのが好きなので、まだ結果が出てない時期にこそ予想をしてみたいと思います。去年の打点王は西武の3番打者だった浅村栄斗(現楽天)選手が受賞しましたが、2019年は誰がこの打点王をというタイトルを獲得するのか筆者の独断と偏見もありつつ(笑)

各球団から候補者を考えてみたいと思います。

パ・リーグの2010年代の歴代受賞者はこちら!

では早速2010年代の過去の打点王受賞者を見てみましょう!!

2010年 小谷野栄一 (日本ハム) 109打点

2011年 中村剛也 (西武) 116打点

2012年 李大浩 (オリックス) 91打点

2013年 浅村栄斗 (西武) 110打点

2014年 中田翔 (日本ハム) 100打点

2015年 中村剛也 (西武) 124打点

2016年 中田翔 (日本ハム) 110打点

2017年 A.デスパイネ (ソフトバンク) 103打点

2018年 浅村栄斗 (西武) 127打点

浅村、中田、中村選手が2度の打点王を獲得するなどチームの3.4番打者が打点を獲る傾向が顕著なようです。

では各チームの3.4番打者を見てみましょう。

西武は秋山・森の3番が濃厚!山川は不動の4番打者

西武と言えばFAで抜けた浅村選手の穴を誰で埋めるかで打点数が決まってくる気がしています。

まず秋山選手ですが過去3年間の打点数、得点圏打率などを見てみましょう。

2016年 62打点 (.295)

2017年 89打点   (.318)

2018年 82打点   (.320)

と1番打者として高い数字をここ2年は残しています。3番打者になればさらに打点を稼ぐ機会に恵まれ自身初の100打点をマークする事も夢では無さそうです。その場合1.2番は源田、外崎になるのでしょうか?1.2番の出塁率によってもまた変わってきそうです。

そして強打の捕手として成長している選手ですが、スイング的にはもっと打ちそうなポテンシャルは持っています。過去3年間の打点と得点圏打率の数字を見てみましょう。

2016年 46打点 (.274)

2017年 18打点   (.353)

2018年 80打点   (.341)

2017年は怪我で離脱したものの2018年は年間通して活躍し得点圏打率.341と80打点をマーク!

これは3番打者としての適性は高そうです。走力も盗塁7個を記録している通り、見た目の印象とは違って速いので

今年の数字は期待してもいいでしょう。

そして去年MVPの山川選手ですが

2016年 24打点 (.216)

2017年 46打点 (.353)

2018年 124打点 (.310)

と年々上昇、得点圏打率も悪くない事から1.2.3番がしっかり出塁すれば今年も100-130打点近くマークでき打点王候補最有力者として名乗りをあげそうです。

ソフトバンクは柳田、デスパイネが候補?1.2番の出塁率がカギ?

やはりソフトバンクといえば候補は柳田でしょう。去年は初の100打点以上をマークし、今年もキャリアハイが期待されているシーズンだと思いますが…過去3年間はどうだったのでしょうか?

2016年 73打点 (.314)

2017年 99打点   (.379)

2018年 102打点  (.389)

得点圏打率、打点数とも年々上昇傾向にあるようです。

ただソフトバンクは1.2番が若干弱い傾向があるので1.2番の出塁率アップに期待したい所です。

上林、今宮、牧原、中村晃あたりが打つと予想されますが、彼らの出塁率、走力によっても柳田の打点数に変化が見られそうです。

そして4番打者のデスパイネ選手もタイトル獲得者なので候補の1人でしょう。

2016年 92打点 (.320)

2017年 103打点 (.326)

2018年 74打点 (.260)

去年は怪我などで不振だったので、本来の調子を取り戻せばまた100打点も全然可能でしょう。

日本ハムは中田翔が3度目を狙う?他に候補者はいる?

日本ハムと言えばやはり不動の4番中田翔でしょう。打率は高くないですが、勝負強さが光り4度の100打点、2度の打点王を獲得!過去三年間を見てみましょう。

2016年 110打点 (.264)

2017年 67打点     (.195)

2018年 106打点   (.300)

去年は106打点と好調でしたが通算得点圏打率はそんなに良くありません。

しかしスピードスター西川、強打の2番大田、天才ヒットメーカー近藤の3人が控えているのが中田にとっても幸運でしょう。今年も通常通りいけば100-110打点はマークしてくれそうです。

他に候補者はあまり見当たらないんですが、台湾から移籍してきた選手が5番を打つことになりそうなので

.320  25本 90打点くらいは調子が良ければマークするかもしれません。清宮は骨折で離脱確定なので今年の打点王は厳しいでしょう。

オリックスは吉田正尚に期待!さらなる飛躍があるか?

オリックスは今年はマレーロ、ロメロ、T-岡田、メネセス、頓宮とクリーンナップが揃いつつありますが

やはり不動の4番に成長した吉田正尚選手にさらなる飛躍に期待したい所です。

去年は86打点、得点圏打率は.287でした。1.2.3番がもっとしっかりすれば打点を稼げるチャンスも増えると思うので福田、小田、メネセスなど打力の高い打者を置く事が大事かもしれません。

ロッテは井上に期待!新外国人のバルガスはどう?

ロッテはやはり去年一気に覚醒したアジャこと井上選手にやはり打点王の期待は高まるでしょう。

去年は99打点 得点圏打率は.342と絶好調でした。今年は30本100打点を是非マークして打点王を狙って欲しいです。あと新外国人バルガス選手もセギノールの再来と呼ばれているくらい評判が良いので来日1年目から100打点をマークする可能性は十分あるといえるでしょう。

楽天は浅村の3度目の打点王、新外国人選手ブラッシュに期待!

楽天はやはり西武から移籍してきた浅村でしょう。既に2度の打点王をマークし、去年は西武新記録の127打点をマークしました。過去3年間を見てみても…

2016年 82打点 (.259)

2017年 99打点   (.293)

2018年 127打点 (.369)

と年々良くなっています。しかし楽天打線は西武打線に比べると弱いので1.2番がなかなか出塁せずに打順が回ってくるケースが増えそうで、去年程の打点数を稼ぐのは至難の技かもしれませんね。

あとは新外国人ブラッシュ選手、こちらも前評判はパワーは凄いとの評判で浅村選手が塁に出る機会が増えればブラッシュ選手の長打で一気に打点を稼ぐケースも出てきそうです。

まとめ

さて各チームの候補者をあげてみましたが

2019年はこのように予想しました

本命 中田、吉田正尚 山川、柳田

対抗 浅村、井上、森、デスパイネ

穴  バルガス、ブラッシュ、ウィーラー

大穴 T-岡田、ロメロ、メネセス

やはり中田翔、柳田、山川は本命から外せませんね。個人的には吉田正尚の初受賞に期待して本命に追加させて頂きました。新外国人はまだまだシーズンはじまってみないと分からない要素が強いので穴、大穴に入れさせて頂きました。T-岡田は毎年ムラがあるバッターなので調子が良ければ一気に打点王という可能性も無きにしも非ずですが、過去の打点王を見るとやはり3.4番を打つ打者が多いので

他のタイトルに比べて獲れる人が限られてるともいえるでしょう。

2019セリーグ打点王候補を予想!歴代最多は誰?岡本・筒香・バレンティンか?

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2019 All Rights Reserved.