プロ野球とオフ会と私

2018年日本シリーズの予想は?西武と広島が濃厚?結果はどうなる?

 
junni
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちはー!野球ブロガーのひらっちと申します。さて先日広島カープが史上初のV3を達成し、緒方監督も今年こそ日本一と張り切ってましたが、果たして今年2018年の日本シリーズは一体どうなるのか?

どこが進出するのか?どこが何勝何敗で日本一という栄冠を勝ち取るのか気になる方も多いのではないでしょうか?

2016年は大谷率いる日本ハムが日本一、2017年は圧倒的な強さを見せたソフトバンクでしたが、今年はパリーグも西武が優勝濃厚で、順当にいけば広島と西武が対決しそうですが、CSもありますし、何が起こるか分からないのが野球の醍醐味でしょう。

さて筆者ならどこが何勝何敗で勝つかを今の内に予想したいと思います。

広島VS西武なら大瀬良と菊池雄星の不出来が勝敗を左右する?

やはり広島は安定した成績を残した大瀬良が通常なら第1戦と第4戦に先発してくるでしょう。

今年は15勝をあげ自他共に認めるエースに成長したと思います。

それに続くのが10勝のジョンソン、8勝の九里、岡田、7勝の野村あたりでしょうか?

安定しているのは大瀬良とジョンソンだとは思いますが、九里、岡田、野村の中の一人でも短期決戦で調子が良ければ

広島に結構分があると見ています。中継ぎもアドゥワ、フランスア、ジャクソン、一岡と安定感がありますし

中崎もしっかりしています。

やはり西武と比較すると投手陣は広島の方がどのポジションも一枚上手ですね!

バッターに関してはどうでしょう?

今年は田中と菊池がペナントレースは調子が悪かったですが、とはいえ26盗塁の田中に足のスランプはないでしょうし

打率は悪くても、犠打や意外性のあるバッティングができる菊池。

そして圧倒的な出塁率の丸、鈴木誠也。下位打線もあなどれません。

チャンスに強い松山、長打力のあるバティスタ、打撃の良い捕手會澤、俊足巧打の野間、西川など切れ目のない打線で

DHのオーダーでも松山とバティスタを使えるなど、控えの層も充実してますし、代打にはムードメーカーの新井選手まで控えています。下水流やエルドレッドなどもここぞという時には勝負強さを発揮しますし。

投打のバランスでいけば広島が4勝2敗くらいで一気に勝利してしまうのではないでしょうか?

しかし西武もあなどれないです。広島に負けず劣らず、むしろ1.2番の秋山、源田コンビは広島の田中、菊池以上の打力、走力を兼ね備えていますし、浅村、山川の3.4番コンビも丸、鈴木に劣らずの破壊力。

そして下位打線には中村、森、外崎という長打あり、チャンスに強いバッターが控えています。

正直広島と西武というチームは似ているんですよね。足も使える、長打もある、チャンスに強いバッターも多い。

菊池、多和田、榎田の先発3本柱ですが、正直、広島と比べるとやや劣るかなという感じはします。

中継ぎも野田、平井、ヒースくらいしか安定感のある投手がいません。

ただ日本シリーズというのはシーズンはそれ程活躍しなかった選手が活躍したりとシリーズ男というのも出てきますし

辻監督という存在も不気味ですよね。選手時代は日本シリーズで何度も日本一に輝いていた時の象徴みたいな感じでしたからそれらの経験を元に今回も色々仕掛けてくるかもわかりません。

短期決戦に弱いと言われている緒方監督VS辻監督の采配というのも勝負のわかれどころになると思われます。

まとめ

とはいえ4勝2敗で広島にしたのは選手の層もありますが、3度目の正直でそろそろ緒方監督も学習してきているのではないかと分析しているんですよね。奇策というよりは王道な感じの采配になるとは思いますが、2度の失敗を経て培った悔しさを知恵に変えた広島カープの短期決戦には注目したいですよね!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2018 All Rights Reserved.